現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新車の「納車式」恥ずかしいけどやっぱりうれしい!? やったことある? 納車時セレモニーの実態とは?

ここから本文です

新車の「納車式」恥ずかしいけどやっぱりうれしい!? やったことある? 納車時セレモニーの実態とは?

掲載 45
新車の「納車式」恥ずかしいけどやっぱりうれしい!? やったことある? 納車時セレモニーの実態とは?

■「納車式」やったことある?

 新車を購入した時、新たな車両が手元に届く「納車」はうれしいものです。とくに最近は半導体不足などの影響で新車の納車が遅れており、長期間待って手に入れたクルマとの初対面を心待ちにしている人も多いのではないでしょうか。
 
 そんな納車時に、ディーラーによっては「納車式」なるセレモニーを行ってくれることもあるようです。

【画像】「えっ…!」これがトヨタ「クラウン」の納車式の様子です(20枚)

「恥ずかしい」という理由で敬遠する人もいる納車式ですが、経験した人からさまざまな反響が寄せられています。最近の納車式ではどのようなことがおこなわれているのでしょうか。

 納車式のセレモニーとして多いのは、「写真を撮る」ことのようです。

「担当の営業さんがクルマと共に写真を撮り、その場でプリントしてフォトスタンドにセットして頂きました」「軽自動車ですが、写真を撮るかどうか聞かれて、一応記念だから撮ることにしました」「当時は言われるがままに撮影され恥ずかしかった写真ですが、今では大切な思い出としてリビングに鎮座しています」など、クルマとの記念写真を撮影してプレゼントしてくれるディーラーも存在。

 その時は恥ずかしいと思っていても、あとから見ると良い思い出になるといいます。

 同じ写真を撮るといっても、「大きなキーの模型をかかえて記念撮影をし、その写真をもらってSNSに載せたりまでしました」「軽自動車ですがしっかり納車式があり、でっかい金色のキーを持って写真撮影しました」「新車の軽トラを買った時に家族3人で私が金色のでかいキーを持って写真を撮ってもらいました」と、大きなカギを持って写真撮影するのも定番の行事であることがわかります。

 さらに、「花束をいただく程度にしていますが、買い替えの回数が増していくと大きな花束や高い花に変わっていってる気がします」「納車のときはまずは使い方の説明や撮影をしてもらい、トランクを開けたら素敵な花束が入っていました」など、記念の花束をもらったという人もいました。

 また、「レッドカーペットの上にクルマが置いてあり、記念品や花束贈呈後に店舗の従業員の方全員に拍手で見送られながら店を出るというものでした。久しぶりのマニュアル車だったのでエンストしないように気をつけすぎて、空吹かしした恥ずかしい思い出があります」「納車式は遠慮しましたが、最後にセールス・メンテナンススタッフ総出でお見送りされました。ただ交通量の多い道路に面しているのでなかなか出られず申し訳ないやら、歩行者にジロジロ見られて恥ずかしいやらでした」といった、恥ずかしさと気まずさが入り混じった納車式を経験した人も。

「レクサスに勤めている友人は、クルマ選びやオプション選びのこと、お客さんと雑談したことなどを含めて手紙にしたためて納車式で読むそうです」「納車式はありませんでしたが、神社での安全祈願に店長が『同行致します!』と言うので祈祷に立ち会ってもらいました」といった一風変わったものもあったといいます。

 ほかにも、「昔、ホンダ『インテグラ』を新車購入した時、ディーラーからのプレゼントだと言って出たばかりの『NSX』の試乗させてくれた。高速で少しスピードも出させてくれて興奮し、いざ自分のインテグラに乗って帰宅した時、あまりの落差に落ち込んだのを思い出した」といったちょっと残念なエピソードも寄せられました。

※ ※ ※

 納車式では、新車との記念写真や花束・記念品の贈呈をするのが一般的でしょう。

 もちろん、納車式は不要と考える人や、そもそも購入したディーラーで納車式を実施していないということもありますが、納車式を経験した人は「良い思い出になった」と好意的に捉えている人も多く、機会があったらやってもらうのも良いかもしれません。

こんな記事も読まれています

“シンデレラボーイ”三宅淳詞は「ミスなく着実に」上位を目指す【2024全チームプレビュー/ThreeBond Racing】
“シンデレラボーイ”三宅淳詞は「ミスなく着実に」上位を目指す【2024全チームプレビュー/ThreeBond Racing】
AUTOSPORT web
フランスから届いたのは、車内に高貴な香りを漂わせる「エトネ・オートパフューム」自動車用ディフューザーでした
フランスから届いたのは、車内に高貴な香りを漂わせる「エトネ・オートパフューム」自動車用ディフューザーでした
Auto Messe Web
車・ドライブ系動画でみんなが見ているジャンルとは?2位「事故・危険運転」、気になる1位は…
車・ドライブ系動画でみんなが見ているジャンルとは?2位「事故・危険運転」、気になる1位は…
グーネット
VANTELIN TEAM TOM’Sが2024年スーパーフォーミュラ参戦体制とマシンカラーを発表
VANTELIN TEAM TOM’Sが2024年スーパーフォーミュラ参戦体制とマシンカラーを発表
AUTOSPORT web
本番前からペナルティ多数/ミディアムは超トリッキー/フェラーリ499Pのリザーブ2名etc.【テスト2日目Topics】
本番前からペナルティ多数/ミディアムは超トリッキー/フェラーリ499Pのリザーブ2名etc.【テスト2日目Topics】
AUTOSPORT web
トラック運転手不足→「速度を上げよう」意味不明? 最高速度引上げナゼ実施? 意図が分からないとの声も
トラック運転手不足→「速度を上げよう」意味不明? 最高速度引上げナゼ実施? 意図が分からないとの声も
乗りものニュース
もしも『カムリワゴン』が復活したら…? ワゴン不足の日本に朗報、となるか
もしも『カムリワゴン』が復活したら…? ワゴン不足の日本に朗報、となるか
レスポンス
ホンダの新型SUV「WR-V」と「ヴェゼル」の違いを徹底検証
ホンダの新型SUV「WR-V」と「ヴェゼル」の違いを徹底検証
@DIME
全方位真っ白…突然の「ホワイトアウト」に遭遇!? “ドライバー”はどうしたらいいのか
全方位真っ白…突然の「ホワイトアウト」に遭遇!? “ドライバー”はどうしたらいいのか
くるまのニュース
WEC開幕を前にかつてない苦戦を強いられるトヨタ。性能調整で重いマシンがタイヤのグレイニングを誘発か……小林可夢偉代表「マネジメントできない」
WEC開幕を前にかつてない苦戦を強いられるトヨタ。性能調整で重いマシンがタイヤのグレイニングを誘発か……小林可夢偉代表「マネジメントできない」
motorsport.com 日本版
サージェントに大きな成長を期待するウイリアムズ。「サプライズを起こす存在になってほしい」とボウルズ代表
サージェントに大きな成長を期待するウイリアムズ。「サプライズを起こす存在になってほしい」とボウルズ代表
AUTOSPORT web
ルクレール、テストでは”真の姿”を隠したレッドブルへの警戒緩めず「彼らはまともにレースシミュレーションもしていない」
ルクレール、テストでは”真の姿”を隠したレッドブルへの警戒緩めず「彼らはまともにレースシミュレーションもしていない」
motorsport.com 日本版
HDMI入力にも対応!スイッチパネルにピッタリ設置できるカーチャージャー マックスウィン
HDMI入力にも対応!スイッチパネルにピッタリ設置できるカーチャージャー マックスウィン
グーネット
インフィニティ 新型「QX80」3月に世界初披露 イメージムービー先行公開【動画あり】
インフィニティ 新型「QX80」3月に世界初披露 イメージムービー先行公開【動画あり】
グーネット
約90万円から! トヨタの斬新「低価格コンパクトカー」実車公開! 無駄を省いた「軽量ボディ」に注目! 低燃費も実現した「アイゴ」登場に反響あり
約90万円から! トヨタの斬新「低価格コンパクトカー」実車公開! 無駄を省いた「軽量ボディ」に注目! 低燃費も実現した「アイゴ」登場に反響あり
くるまのニュース
BMW X2 新型の最強「M」、317馬力ターボ搭載…新写真を公開
BMW X2 新型の最強「M」、317馬力ターボ搭載…新写真を公開
レスポンス
【宮田莉朋F2密着】大きな課題は「速く走るための感覚の違い」。日本の経験はリセット、チームは順応性を高く評価
【宮田莉朋F2密着】大きな課題は「速く走るための感覚の違い」。日本の経験はリセット、チームは順応性を高く評価
AUTOSPORT web
中須賀、強豪ライバル多数に「トップカテゴリーらしいメンバーが揃った。ライバルがいるから燃える」/全日本ロード 鈴鹿2&4 事前テスト
中須賀、強豪ライバル多数に「トップカテゴリーらしいメンバーが揃った。ライバルがいるから燃える」/全日本ロード 鈴鹿2&4 事前テスト
AUTOSPORT web

みんなのコメント

45件
  • 車代に入ってます
    自分でお金払ってることをお忘れなく
  • ヤリスクロスを買った時に納車式あるのですか?と聞いたら、そんなものありません、納車式ではなく納車ですと。

    車もピットの端に置いてありました。
    ヤリスクロス程度ではこんなもんです
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

199.5273.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

38.5289.0万円

中古車を検索
インテグラの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

199.5273.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

38.5289.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村