現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2022年度国内販売電動車販売台数No.1の人気車! 日産「ノート」がマイナーチェンジ。フロントデザインを一新、機能と使い勝手を向上

ここから本文です
2022年度国内販売電動車販売台数No.1の人気車! 日産「ノート」がマイナーチェンジ。フロントデザインを一新、機能と使い勝手を向上
写真を全て見る(6枚)

なめらかで力強い加速と快適な乗り心地、優れた静粛性が人気の日産「ノート」、立体感と和モダンを演出して仕上がりに

日産自動車は2023年12月11日(月)、先進コンパクトカー「ノート」をマイナーチェンジし、2024年1月下旬より発売すると発表した。「ノート」は、第2世代「e-POWER」によるなめらかで力強い加速と快適な乗り心地、優れた静粛性など、その魅力を高く評価された結果、2022年度の国内販売で電動車販売台数No.1を達成した一台だ。今回のマイナーチェンジでは、フロントデザインを一新するとともに、機能や使い勝手の向上を図ったという。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

スズキ新型「軽バン・ワゴン」発表! めちゃ“精悍顔”に顔面改良!? オシャブルー&ターボ設定追加の「エブリイシリーズ」発売
スズキ新型「軽バン・ワゴン」発表! めちゃ“精悍顔”に顔面改良!? オシャブルー&ターボ設定追加の「エブリイシリーズ」発売
くるまのニュース
機能性抜群!ゴールドウインのグローブ『GORE-TEX CE Control Gloves』をご紹介するよ~高梨はづきのきおくきろく。~
機能性抜群!ゴールドウインのグローブ『GORE-TEX CE Control Gloves』をご紹介するよ~高梨はづきのきおくきろく。~
バイクのニュース
大迫力! F1のチャンピオンマシン「RB19」を至近距離で…東京オートサロン2024
大迫力! F1のチャンピオンマシン「RB19」を至近距離で…東京オートサロン2024
レスポンス
メルセデス新車W15はバウンド再発、ダウンフォース不足。それでも「以前よりも良いプラットフォームを手にした」
メルセデス新車W15はバウンド再発、ダウンフォース不足。それでも「以前よりも良いプラットフォームを手にした」
motorsport.com 日本版
過激なデザインのレッドブルRB20。カウル下のレイアウトにも込められた”革新”のための努力
過激なデザインのレッドブルRB20。カウル下のレイアウトにも込められた”革新”のための努力
motorsport.com 日本版
緊急追加企画決定! 「ENEOS新車のサブスク」新規成約キャンペーンを開催
緊急追加企画決定! 「ENEOS新車のサブスク」新規成約キャンペーンを開催
LE VOLANT CARSMEET WEB
トヨタが「セリカ」を実車展示! オジサン世代がマジ歓喜!? “スキー映画仕様”現る! まさかの復活!? すごいGRヤリスにも感動
トヨタが「セリカ」を実車展示! オジサン世代がマジ歓喜!? “スキー映画仕様”現る! まさかの復活!? すごいGRヤリスにも感動
くるまのニュース
交通取締の飛び道具付き「レガシィ」パトカー山梨県警から引退へ いまや希少な“ボクサー6”
交通取締の飛び道具付き「レガシィ」パトカー山梨県警から引退へ いまや希少な“ボクサー6”
乗りものニュース
一強状態のアルファード&ヴェルファイアキラーとなるか? BYDの超高級ミニバン「DENZA D9」をアルヴェルと比べてみた
一強状態のアルファード&ヴェルファイアキラーとなるか? BYDの超高級ミニバン「DENZA D9」をアルヴェルと比べてみた
WEB CARTOP
新しいプジョーのフラッグシップ、508が日本上陸!──GQ新着カー
新しいプジョーのフラッグシップ、508が日本上陸!──GQ新着カー
GQ JAPAN
F1バーレーンテストで外れた排水溝カバー、開幕戦に向けコンクリートで埋めて対応。幸いにも雨予報はなし
F1バーレーンテストで外れた排水溝カバー、開幕戦に向けコンクリートで埋めて対応。幸いにも雨予報はなし
motorsport.com 日本版
燃料電池車にも「かっこいい」を、生まれ変わったホンダ『CR-V e:FCEV』デザインのねらいとは
燃料電池車にも「かっこいい」を、生まれ変わったホンダ『CR-V e:FCEV』デザインのねらいとは
レスポンス
まさかの「“軽”和製スーパーカー」初公開!? 「ホンダの軽」ベースのド迫力「ミッドシップ!?」再現モデル! ちょっと小さい「HORD PP40」がマジでスゴイ
まさかの「“軽”和製スーパーカー」初公開!? 「ホンダの軽」ベースのド迫力「ミッドシップ!?」再現モデル! ちょっと小さい「HORD PP40」がマジでスゴイ
くるまのニュース
ハミルトンの後任シート争奪戦がすでにスタート「僕にまで連絡が殺到」とメルセデスF1のラッセル
ハミルトンの後任シート争奪戦がすでにスタート「僕にまで連絡が殺到」とメルセデスF1のラッセル
AUTOSPORT web
“今回こそ”は逃す訳にはいかない……! メルセデス、ハミルトンとの長期契約避けた背景に神童アントネッリの存在があったと明かす
“今回こそ”は逃す訳にはいかない……! メルセデス、ハミルトンとの長期契約避けた背景に神童アントネッリの存在があったと明かす
motorsport.com 日本版
国内初の“2Lエンジン”搭載! マツダ新型「スポーツカー」公開に期待高まる声も! 爆速&豪華仕様の「ロードスター RS C」実車展示
国内初の“2Lエンジン”搭載! マツダ新型「スポーツカー」公開に期待高まる声も! 爆速&豪華仕様の「ロードスター RS C」実車展示
くるまのニュース
大排気量Vツイン搭載のスゴイやつ KTM新型「1390 SUPER DUKE R EVO」の走りは?
大排気量Vツイン搭載のスゴイやつ KTM新型「1390 SUPER DUKE R EVO」の走りは?
バイクのニュース
日本にない…トヨタ『ヤリス』改良新型に「GR SPORT」を欧州で設定
日本にない…トヨタ『ヤリス』改良新型に「GR SPORT」を欧州で設定
レスポンス

みんなのコメント

14件
  • umi********
    ガラッと雰囲気を変えるビックマイチェンを各社があまりしなくなった昨今
    珍しいぐらいイメージ変えたね、ただし前期の方が普通に格好いいと思う・・・
    日産はこの意匠に絶対の自信を持ってるようだけど、なんか微妙

  • atu********
    このマイナーチェンジは失敗では?
    マイナー前のデザインの方が未来感があって良い気がする。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

144.8268.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.8999.0万円

中古車を検索
ノートの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

144.8268.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

4.8999.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村