サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「日産キックスと同クラス車を比べてみよう」4輪駆動力制御搭載。三菱エクリプスクロスのソリッドな走り、そのこだわり

ここから本文です

「日産キックスと同クラス車を比べてみよう」4輪駆動力制御搭載。三菱エクリプスクロスのソリッドな走り、そのこだわり

エクリプスクロスはSUVらしい力強さが魅力。クーペフォルムながら実用性ハイレベル

 キャラクター的にはキックスのライバルはRVR。ただし現行RVRのデビューは2010年。基本設計が古い。今回はワンクラス上だが、エクリプスクロスをセレクトした。

軽ハイトワゴン『eKクロス』『eKワゴン』が令和元年度自動車アセスメント(JNCAP)において最高ランクとなる評価を獲得

 エクリプスクロスの造形は、三菱オフロードDNAとクーペスタイルをバランスよく融合。インテリアはよくいえば機能的、悪くいえば面白みがない。だが、パッケージングは優秀。クーペフォルムながら後席も荷室も広い。SUVらしい力強さはエクリプスクロスの魅力。とはいえアーバン感覚では、キックスのほうが上だろう。

 パワートレーンはガソリンが1.5リッターターボ+CVT、ディーゼルが2.2リッター+8ATの組み合わせ。ガソリンも悪くないが、エクリプスクロスのキャラクターを考えるとお勧めはディーゼルだろうか。

1.5リッターターボは軽やか。4WDは意のままの走りを実現

 エクリプスクロスのディーゼルは、ある意味で古典的なフィーリング。トルクフルだが、回転レスポンスはマイルド指向。軽快感やスムーズさはいまひとつ。軽やかな走りを重視するなら1.5リッターターボがいい。一方、電動パワートレーンのキックスは、新しさという点で優位に立つ。

 エクリプスのフットワークは、アウトランダー用をベースに最適化。FFも設定されるが、4WDをぜひとも選びたい。三菱お得意の4輪駆動力制御S-AWCは、オン/オフを問わず意のままの走りを披露する。本格派も納得する骨太な走りは、FFのキックスでは敵わない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します