サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【安いだけじゃダメだった】アメリカ車が送った日本への刺客の悲しい結末

ここから本文です

 団塊の世代の方々が若者だった1960年代までは、ボディの大きさも含めた流麗なスタイルや大排気量エンジンによるパワフルな走り、エアコン、パワーウィンドウ、パワステ、ATといった快適装備を備えたアメ車は憧れの存在だった。

 しかし1970年代に入ると燃費のよさやクオリティや信頼性の高さを理由とした日本車の台頭もあり、日本では潜在的な憧れはあるにせよ、アメ車はここ30年以上日本では販売不振が続いている。

目新しさがない?? 3.5Lよりも2.5Lがいい?? 現役開発者が新3シリーズとクラウンを斬る

 しかしアメリカビッグ3も1990年代に日本市場開拓のため、打倒日本車を掲げて安い価格で勝負に出た時期もあった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン