サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産キックス試乗 大幅進化したe-POWERの魅力を堪能!!

ここから本文です

日産キックス試乗 大幅進化したe-POWERの魅力を堪能!!

 軽自動車のデイズ、ルークスは登場させたものの、登録車では日産にとって久々のニューカーとなったのがコンパクトSUVのキックスだ。何しろ最後に登場した新型車がリーフで、デビューしたのが2017年10月だから、実に2年8カ月ぶりとなる。

 キックスは個性派コンパクトSUVのジュークの後継モデルという位置づけとなるため、その登場を待ち望んでいたファンも多いはず。

ジューク&マイクラも国内に来ず…日産はなぜ欧州向けモデルを日本で売らないのか

 発表から1カ月の2020年7月末の時点で1万台を超える受注を抱える注目車のキックスに松田秀士氏が試乗。さてどんなSUVに仕上がっているのか?

文:松田秀士/写真:平野学、NISSAN

【画像ギャラリー】日産期待のコンパクトSUVのキックスの魅力に迫る。いろいろな角度からキックスを研究!!

待望の日産コンパクトSUV

日本ではすでに生産中止となっているジュークの後継モデルながら、ジュークのようなアクの強さはなくオーソドックスで万人受けする安定感がある

 コンパクトSUVのマーケットは急速に拡大していてSUV市場の40%以上を占めるほどに成長してきている。ロッキー/ライズの爆発的ヒットは記憶に新しいところ。

 ジュークなきあと、日産がコンパクトSUV市場に投入するモデルが新型キックスだ。

 その新型キックスのサイズは全長4290×全幅1760×全高1610mm、ホイールベース2620mm。ちょうどホンダヴェゼル、トヨタCH-Rと同じような大きさ。

 キックスはすでに海外で発売されており、ブラジル(2016年)→中国(2017年)→北米(2018年)、そして2020年に日本での発売となった。

このアングルからだとルーフラインがクーペ的にフロントからリアにかけてなだらかな稜線を描いているのがよくわかる

 グローバル販売ではコンパクトSUVクラスでほとんどのエリアでトップを記録するヒットモデルだ。

 その中で日本仕様だけがe-POWERのみの販売となる。逆に海外モデルにe-POWERはなく、今後タイを皮切りに販売してゆく予定とのこと。

 つまり、海外仕様にはガソリンモデルも存在するのだが日本国内には導入予定はない。また現在のところ4WDの設定はなくFFモデルのみだ。

 このあたりはノートe-POWERに4WD仕様がラインナップされているだけに、今後の展開に期待したい。

インテリアも奇をてらわないオーソドックスなデザイン。シフトレバー、スイッチ類などは使いやすさを優先に設計されている

ツートーンインテリアエディションの内装。オレンジとブラックのコントラストが鮮烈。標準のXに対して11万円高となる

パワーユニットはノートe-POWERから大きく進化

 さて海外にもない日本オリジナルの新型キックスe-POWER。まずはそのドライブトレーンから説明しよう。

 e-POWERのシステムは基本ノートe-POWERと同じ発電用の1.2L、直列3気筒エンジンを搭載し、その電力で駆動用のモーターを回して走る。

 ただノートe-POWERよりエンジン5%アップ、バッテリー出力15%アップ、モーターパワー19%アップの95kWの出力を発生する。

 ちなみにノートe-POWERの出力は80kW。最大トルクも254Nm→260Nmへと力強くなっている。

ノートのe-POWERは爽快感はあるが、エンジンがかかった時の音など気になるところがあったが、キックスでは熟成されている

 実は搭載されるモーターはリーフと同じもので、リーフの場合160kWを発生する。つまりモーターそのものの出力には2倍近いマージンがあるのだが、この出力となるのはインバーターの容量差によるもの。

 リーフの場合バッテリーから直接電気を取るのでインバーターは大容量のものひとつでいいが、e-POWERはエンジン発電用にも必要なので2個のインバーターが必要になるのだ。

 つまり搭載スペースの問題でe-POWERモデルではインバーター容量に制約が発生する。例えばセレナe-POWERでは同じモーターでも100kWの最高出力を発生しているのだが、これは車高の高いセレナゆえに大型のインバーターが搭載できるから。

 キックスのインバーターはノートと同じものが採用されている。それでもノートe-POWERよりも大きな出力を得られるようになっているのは電力の出入力のマネージメントを引き上げたからだ。

 引き上げても十分に余裕があるという。これもリーフで得た知見の積み重ね。この分野における日産の技術力を証明している。

ノートから始まったe-POWERはセレナに搭載され、今回キックスでファーストステージの集大成を迎えた。ノートと同じユニットながら質感は別物

気持ちのいい加速感

 走り始めよう。

 ドラポジはSUVらしさを感じさせず、かといって乗用車ほど低くなく、ちょうど中間の自然なポジションで馴染みやすい。

 大型のタッチ式センターディスプレーにルームミラーは多人数乗車で後方視界が悪いときに後方カメラ映像に切り替えられるディスプレー式。

インテリジェントルームミラーはインテリジェントアラウンドビューモニターとセットでオプション。価格は6万9300円

 シートは電動ではなく手動式。座面のフィット感がしっかりしていてホールド性もいい。

 アクセルを踏み込むと出だしから力強くスルスルと加速した。カメラマンと編集者そして筆者の3人乗車。筆者の体重は60kg弱。他2名はそれ以上(失礼)。合計200kg以上は確実にあるはずだが、まったく問題なく加速する。

 高速に入ってからの60km/h以上での加速感も伸びがある。と同時にエンジンが静かになっている。

街中では発進から中間加速に至るまでスムーズな加速を見せる。ノートに比べると車重があるが、その加速感はまったく不満がない

静粛性の高さと自然なドライブフィール

 45km/h以下ではこれまでエンジンを2400rpm回して発電していたものを2000rpmに下げているのだ。30km/hまでではエンジン出力を70%に抑えて静けさを出しているという。

 バッテリーはノートe-POWER同じ1.5kWhの容量だが電気の出し入れの効率化などにより、エンジン回転を下げ発電量が下がっても十分にフォローできるのだ。

キックスはエンジンを極力かけないように緻密に制御しているので、ノートに比べて走りの質感はケタ違いに上がっている

 これまで30km/hで走り続けた場合、バッテリー充電によってエンジンが止まるまでに2400rpmだと5分だったものを2000rpmに下げ6分かかるようにした。1分長くなるが感じるエンジンノイズが小さくなるぶん快適に感じるようになる。

 特にスタートなどでノートe-POWERはいきなりエンジン回転が上がる傾向にあったのだが、そこを抑え、また速度が乗り加速が衰えてもエンジン回転だけが高どまりする傾向があったものを自然になるようにマネージメントを変えている。

 そこに車体の遮音も追加しているのだという。そのため低速から高速走行まで室内の静粛性は高い。

メーターパネル内にはさまざまな情報が表示される。Dの下にあるSがドライブモードで、ノーマル、エコと合わせて3種類ある

 ドライブモードはSとノーマルとエコの3種類で、e-POWER売りのeペダルはSとエコでアクセルOFFの時0.15Gの回生ブレーキで減速する。この減速マネージメントもとても自然に感じる。

 ノーマルモードでは回生ブレーキはなく、逆に加速感はSに近く、エコではかなりゆったりとした加速だ。

欧州系のスッキリ馴染みやすいハンドリング

 続いてはハンドリング。

 キックスのプラットフォームは欧州仕様のマイクラのものを採用している。いわゆるアウトバーンなどの高速向けに設計されたモノ。

 Bピラーには高張力鋼板が採用され側突を考慮。e-POWERはリチウムイオンバッテリーを床下に搭載するためその保護も含めてフロア周りにも高張力鋼板が採用されている。

高速域でのハンドリングのしっかり感はドライバーに安心感を与えてくれる。高張力鋼板を使うことでボディ剛性もしっかり確保しているからスタビリティも高い

 これらにより剛性感が高い。キャスター角を10°増やし直進性をしっかりさせ、同時に転舵時のキャンバ変化によりタイヤの接地性を上げている。

 またバンプラバーにウレタン材を採用し、0.1Gという早い時点からラバーを当て大径のダンパーとともに初期ロールは素直に、横Gが増えるとしっかりと減衰を上げしかも過剰なロールを抑えている。欧州系の非常にスッキリとした馴染みやすいハンドリングだ。

SUVとしての実用性の高さも魅力

リアの居住スペースも不満なし。シートもしっかりしたものが与えれているが、荒れた路面、大きなギャップなどではシートバックからの打感がある

 後席試乗では背もたれの内部材が若干薄く感じたため凸凹通過時に打感が強めだったが、座面に採用される高圧材がしっかり吸収するので嫌味というほどではなかった。

 また後席天井までのスペースも十分にあり、大柄な人にも窮屈感はないだろう。リアラゲッジスペースも開口部含めて大きく、実用性も高い。

 価格的にはライバルハイブリッド仕様(編集部註:C-HR、ヴェゼル、ライズ&ロッキー)と比較してそれほど差はなく、e-POWERの走りの気持ちよさを含めてキックスの魅力度は高い。

ラゲッジは後席を使用した状態でも充分な容量を確保。後席は6対4の分割可倒式なので、荷室のアレンジの自由度は高い

【キックス価格】
■X:275万9900円
■X:ツートーンインテリアエディション:286万9900円

【画像ギャラリー】日産期待のコンパクトSUVのキックスの魅力に迫る。いろいろな角度からキックスを研究!!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します