サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】三菱トッポには「元祖トールボーイ」として譲れないポイントがあった【10年ひと昔の新車】

ここから本文です

【試乗】三菱トッポには「元祖トールボーイ」として譲れないポイントがあった【10年ひと昔の新車】

2008年、広い室内空間を特徴とする元祖トールボーイ軽自動車が「三菱トッポ」として復活した。スズキ ワゴンR、ダイハツ ムーヴ、タントが人気を集める中、新生トッポはどんな個性、魅力を持っていたのか。ここでは発表後すぐに行われた国内試乗会の模様を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2008年12月号より)

実は「ハイトワゴンの軽自動車」は三菱自動車が開拓したカテゴリー
1位ワゴンRに2位ムーヴ、そして3位タント。2008年4~9月の軽四輪新車販売速報ランキングを見るまでもなく、軽自動車の人気は全高1600mmを超えるトールボーイタイプやハイトワゴン系に集中している。ご存じの通り、この流れは最近に始まった話ではなく、すでに15年以上続く軽市場の流行だ。その始まりは1993年、初代ワゴンR登場がきっかけだったと思い込んでいた。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

9月17日に発表/発売された三菱トッポのプレスリリース。「このトールボーイ タイプは三菱自動車が開拓したカテゴリーといっても過言ではありません」との記載。そう、考えてみればワゴンRの登場よりも3年も前、1990年には「ミニカトッポ」を、1998年には後継モデルの「トッポBJ」を発売していたのだ。その後の例の危機の際、販売力をeKワゴンに集中させるために2003年に販売を中止していたが、今なお続く背高軽自動車人気の後押しで、このたび新たな名前で「復活」したというわけ。

現行eKワゴンのプラットフォームをベースに、Aピラーより前のヘッドライトやボンネットなどのパーツをeKワゴン(ローデストはeKスポーツ)、それよりも後ろのボディシェルやガラスなどはトッポBJのものを流用したという新型トッポ。跳ね上げ式ではなく右開きとなるリアゲートの採用も、そうした出自を物語っている。

ただし、そんな生い立ちを感じさせないほどエクステリアのデザインはまとまっている。新型モデルが発するオーラには乏しいものの、落ち着いたたたずまいを見せる。

運転席に座り室内を見回しても、どこか既視感がある。ガラスエリアが広いために印象は多少異なるが、丸いフードを持つアナログのセンターメーターやインパネシフトなど、eKワゴンと同じインパネとなっている。

それにしても、頭上空間は恐ろしく広い。全高は1680mmと、このカテゴリーの軽として際だって背が高いわけではないのだが、フロア高を低く設計しているため、室内高は軽乗用車としては最大の1430mmを誇る。これは小学校高学年の子どもが車内で立ち上がっても頭が天井につかないレベル。着座位置も低く、前席でも後席でも頭まわりの開放感はタントやパレットよりも強い。

三菱 トッポはオフクロの味?
搭載されるエンジンは直3 SOHCのNAとターボの2種類。これに4速ATが組み合わされる(ベースグレードのSは3速AT)。NA/ターボモデルともに、14インチホイールなどを装着したローデストも展開される。

まずターボエンジン+エアロ仕様のローデストTに乗る。それほど特徴のあるエンジンフィールではないが、加速に不足はない。

感心したのはコーナリング時のロール感の少なさ。ハイト系の軽は重心が高めなため、コーナーにちょっとした速度で進入するとどうしてもグラッとしがちだが、トッポは低重心化が功を奏し、その走りに定評があるeKワゴンと遜色ない自然な感覚を手に入れている。トッポ専用となるフロントシートも、見た目以上にホールド感がありコーナリング中に身体が滑っていくこともない。

路面に規則正しい凹凸が刻まれている場所では、フロアからバタバタとした異音が入ってくるシーンは見受けられたものの、全体的には好印象。その後乗り換えたNAエンジン搭載のGも、この印象に変わりはなかった。

走り味もかなり真面目に仕上げられ、パッケージなどの出来栄えもライバルに引けを取らないトッポ。ただし、同じ三菱のi(アイ)などと比較すると、「誕生に至るまでの開発の志ってどうなのよ!?」 などと思ってしまいがちになる。「じつはそれ、社内でもいろいろと言われるところなんです」とは開発チームの世古さん。「でも開発投資が少なくて済んだということは、お客様により手頃な値段で提供できると言い換えることもできると思うんです」。

実際、コストパフォーマンスを含めての商品力は高いトッポ。新たな食材を買ってこなくても、今ある材料で美味しい夕食を作ってくれる、まさにオフクロの味の印象だ。

近未来的なデザインのi(アイ)、全高1550mmと立体駐車場にも入るeKワゴンシリーズ。これに今回、トールボーイという人気ジャンルのトッポが加わったことで、三菱の軽ラインナップがより強力になった意味は大きい。月販目標は2000台という。(文:Motor Magazine編集部 /写真:藤田知久)

三菱 トッポ G 主要諸元
●全長×全幅×全高:3395×1475×1680mm
●ホイールベース:2340mm
●車両重量:850kg
●エンジン:直3 SOHC
●排気量:657cc
●最高出力:37kW(50ps)/6500rpm
●最大トルク:62Nm/4000rpm
●トランスミッション:4速AT
●駆動方式:FF
●車両価格(税込):119万7000円(2008年当時)

[ アルバム : 三菱トッポ はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します