現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 6速MTもあるゾ!! 新型スイフトスポーツは1.4Lターボでハイブリッド!? 240万円~!?!?今度も3ナンバーで超絶ワイド感マシマシに

ここから本文です

6速MTもあるゾ!! 新型スイフトスポーツは1.4Lターボでハイブリッド!? 240万円~!?!?今度も3ナンバーで超絶ワイド感マシマシに

掲載 70
6速MTもあるゾ!! 新型スイフトスポーツは1.4Lターボでハイブリッド!? 240万円~!?!?今度も3ナンバーで超絶ワイド感マシマシに

 2023年のスイフト販売台数のうち半数を占めるほど人気のスイフトスポーツ。ベースモデルがフルモデルチェンジされたとならば、そろそろ? と期待している人も少なくないハズ。東京オートサロンでも「おお!!」となるモデルもあったが、一体どうなる!?!?

文:渡辺陽一郎/写真:ベストカーWeb編集部

6速MTもあるゾ!! 新型スイフトスポーツは1.4Lターボでハイブリッド!? 240万円~!?!?今度も3ナンバーで超絶ワイド感マシマシに

■200万チョイでこの内容は……コスパ最強すぎよ

新型スイフトスポーツは引き続き3ナンバーサイズとなる見込み

 運転感覚の楽しい手頃なクルマが欲しいユーザーにとって、スズキスイフトスポーツは気になる存在だと思う。

 現行モデルは全長が3890mm、全幅が1735mmのコンパクトなボディに、直列4気筒1.4Lターボエンジンを搭載する。

 足まわりにモンローブランドのパーツを使うなど、走りが軽快で安定性も優れ、峠道ではパワーを出し切ることの可能な上質なスポーティカーだ。

 しかも従来型の価格は6速MTが216万4800円と求めやすい。そのために2023年に国内で販売されたスイフトの内、約50%をスイフトスポーツが占めた。根強い人気に支えられている。

 ただしベース車のスイフトは、2023年12月にフルモデルチェンジを受けたのに、スイフトスポーツは従来型を今でも継続生産中。

 ベース車のスイフトが新型になった以上、スイフトスポーツのフルモデルチェンジも遠くない将来に行われるに違いない。

 そこを販売店に尋ねると「新型スイフトスポーツに関する情報は、メーカーから聞いていない。現時点(2024年1月中旬時点)でスイフトスポーツは受注を行っており、終了する話も入っていない」という。

■新型スイスポワイド感マシマシか!? ヒントはオートサロンにアリ

 その一方で、2024年1月に開催された東京オートサロン2024には「スイフト・クールイエローレヴ」が参考出品された。

 これは直列3気筒1.2Lエンジンを搭載する5ナンバーサイズのスイフトをベースに開発されたスポーティなコンセプトモデルで、新型スイフトスポーツのプロトタイプではないが、新型スイフトスポーツの雰囲気は想像できる。

 スイフト・クールイエローレヴは、最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)を30mm下げて、外観のスポーティ感覚やワイド感を強調しているからだ。

 正確にいえば、スイフトとスイフトスポーツの最低地上高は、2WDであれば両タイプとも120mmで共通だ。

 新型のスイフトスポーツも車高の引き下げはないと思われるが、スイフト・クールイエローレヴはタイヤサイズを205/50R16に拡大してオフセット値も変更され、スイフトスポーツ風にも見受けられる。

 ちなみに現行スイフトのボディスタイルは、5ナンバーサイズながらもフェンダー付近に絶妙なボリューム感を持たせ、全幅が1700mmを超える3ナンバー車のように見える。

 新型スイフトスポーツでは、この傾向がさらに強まるだろう。

 全幅は従来型と同じ1735mm前後になるが、視覚的には1760mmくらいに見えるハズだ。

 エアロパーツも装着され、タイヤサイズはバランスの良い17インチを踏襲する。

 全長はベース車に比べると若干拡大されて3910mm、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2450mmだから先代型と等しい。ボディは新型もコンパクトで、後部には2本のエキゾーストパイプが備わる。

■いよいよハイブリッド化!! だけどMTもしっかりあるゾ

リアもノーマル比でワイド化されるゾ!!

 パワーユニットは、現行スイフトは新開発された直列3気筒1.2Lを搭載するが、スイフトスポーツは従来型と同じ直列4気筒1.4Lターボになるだろう。

 その代わり、現時点で欧州仕様のスイフトスポーツに搭載されるマイルドハイブリッドを組み合わせる可能性が高い。6速MTは健在だ。

 エンジン性能は現行型を踏襲する。最高出力は140馬力(5500回転)、最大トルクは23.4kg-m(2500~3500回転)だから、自然吸気のガソリンエンジンに当てはめると2.3L前後の排気量に相当する。

 このエンジンにマイルドハイブリッドを組み合わせることで、エンジン回転数が2000回転以下まで下がった状態でアクセルペダルを軽く踏み増した時など、モーターの駆動力によって従来型よりも滑らかに速度を高める。

 高回転域まで回した時は、マイルドハイブリッドの効果をあまり感じないが、低回転域では違いを体感できると思う。

■20万アップの240万円スタートか!?!?

 このほか現行スイフトと同様、ボディには高張力鋼板の使用箇所を拡大して、構造用接着剤も使用する。そのためにボディ剛性を効果的に向上させる。

 足まわりにはモンローのパーツも継続採用され、走行安定性と乗り心地のバランスも従来以上に熟成される。

 ステアリング操作に対する車両の動きは、従来型も正確だったが、新型はステアリングの支持事を高めたことで一層緻密になる。

 ステアリングホイールを回し始めた時から、車両の進行方向が正確に変わる。これらの変更は乗り心地にも良い影響を与えて、適度な引き締まり感も生み出すだろう。

 価格は6速MTが240万円、6速ATは248万円といった設定になると思う。1.2Lエンジンを搭載するスイフトの価格を新旧モデルで比べると、安全装備の充実や原材料費の高騰などにより、20万円ほど値上げされた。

 新型スイフトスポーツではマイルドハイブリッドも加わるから、240万円に達すると思われる。

 それでも上質な運転感覚を考えれば買い得で、従来型と同様、新型スイフトスポーツも好調な売れ行きを保つだろう。

[amazonjs asin="4065349648" locale="JP" tmpl="Small" title="カスタムカースペシャル2024 (別冊ベストカー)"]

こんな記事も読まれています

「車中泊」トラブルの背景に「大きな誤解」!? マナー違反の原因は「勘違い」から? 活用したい「車中泊専用」パークとは
「車中泊」トラブルの背景に「大きな誤解」!? マナー違反の原因は「勘違い」から? 活用したい「車中泊専用」パークとは
くるまのニュース
最新リセール・プライスランキング カワサキ「エリミネーター」が初の首位に
最新リセール・プライスランキング カワサキ「エリミネーター」が初の首位に
バイクのニュース
GW渋滞、東名高速のピークはいつ・どこで発生? 最大45kmの大渋滞を見込む【ゴールデンウィーク渋滞予測2024】
GW渋滞、東名高速のピークはいつ・どこで発生? 最大45kmの大渋滞を見込む【ゴールデンウィーク渋滞予測2024】
くるくら
メルセデス・ベンツ Eクラス オールテレイン【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
メルセデス・ベンツ Eクラス オールテレイン【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
空冷単気筒エンジンが気持ちいい! ロイヤルエンフィールド「ブリット350」試乗インプレ
空冷単気筒エンジンが気持ちいい! ロイヤルエンフィールド「ブリット350」試乗インプレ
WEBヤングマシン
【竹岡圭 K&コンパクトカー【ヒットの真相】スズキ・スペーシア「安全機能充実、燃費良好、使いやすい」(2024年5月号掲載)
【竹岡圭 K&コンパクトカー【ヒットの真相】スズキ・スペーシア「安全機能充実、燃費良好、使いやすい」(2024年5月号掲載)
カー・アンド・ドライバー
アウディが航続距離619kmを実現した「Q8 Sportback e-tron quattro」のレンジプラスパッケージを発売
アウディが航続距離619kmを実現した「Q8 Sportback e-tron quattro」のレンジプラスパッケージを発売
@DIME
日産「2ドア ハコスカGT-R」実車展示! いま「いくら」で買える? オリジナル状態保つ「極上個体」とは
日産「2ドア ハコスカGT-R」実車展示! いま「いくら」で買える? オリジナル状態保つ「極上個体」とは
くるまのニュース
火花散るトップ争い。ヌービルがギヤアップで首位先行、僅差でトヨタが2-3/WRCクロアチア
火花散るトップ争い。ヌービルがギヤアップで首位先行、僅差でトヨタが2-3/WRCクロアチア
AUTOSPORT web
物流危機の本質! トラックドライバー自体は増えているのに、人手不足がさらに“深刻化”するワケ なぜ相反するのか?
物流危機の本質! トラックドライバー自体は増えているのに、人手不足がさらに“深刻化”するワケ なぜ相反するのか?
Merkmal
スズキ「ジクサー250」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「ジクサー250」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
【速報】なんとモリゾウさんがスーパー耐久”理事長”に 「ニッポンの耐久」は世界に進出で大幅進化を遂げる
【速報】なんとモリゾウさんがスーパー耐久”理事長”に 「ニッポンの耐久」は世界に進出で大幅進化を遂げる
ベストカーWeb
エルグランドの先祖ラルゴにウミボウズ!? どれも絶妙なカワイさがよかったのよ!! 割とよく見かけたセレナキタキツネなんで消えた!?
エルグランドの先祖ラルゴにウミボウズ!? どれも絶妙なカワイさがよかったのよ!! 割とよく見かけたセレナキタキツネなんで消えた!?
ベストカーWeb
アウトドアの相棒はシンプル重視という人にオススメな一台! スズキ エブリイがベースの軽キャンパー
アウトドアの相棒はシンプル重視という人にオススメな一台! スズキ エブリイがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
サインツの予選走行に対するアストンマーティンの抗議をスチュワードが却下。過去の慣例が根拠/F1中国GP
サインツの予選走行に対するアストンマーティンの抗議をスチュワードが却下。過去の慣例が根拠/F1中国GP
AUTOSPORT web
ミライースターボ市販化情報掴んだ!! 5速MTで200万円目指すってマジか!? しかもブレーキ6ポッドよ!!!
ミライースターボ市販化情報掴んだ!! 5速MTで200万円目指すってマジか!? しかもブレーキ6ポッドよ!!!
ベストカーWeb
フェラーリ499Pが地元でトップ3独占! トヨタ2台はスピン・コースアウトも、6&8番手【WECイモラ予選】
フェラーリ499Pが地元でトップ3独占! トヨタ2台はスピン・コースアウトも、6&8番手【WECイモラ予選】
AUTOSPORT web
1時間でTSRホンダが2回の転倒、YARTヤマハとヨシムラSERTが引っ張る展開に/2024EWC第1戦ル・マン24時間
1時間でTSRホンダが2回の転倒、YARTヤマハとヨシムラSERTが引っ張る展開に/2024EWC第1戦ル・マン24時間
AUTOSPORT web

みんなのコメント

70件
  • kuz********
    250万円クラスになるとコスパ最高!とはちょっと言い辛くなるな
    現行を狙うのが良いかもしれない
  • sho********
    なんだか次期型スイスポを実際に見て乗ってきたかのような書きっぷりですね。
    本当にそうなの?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

216.5223.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.8380.8万円

中古車を検索
スイフトスポーツの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

216.5223.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.8380.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村