サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型タントは7月登場。運転席の超ロングスライドでファミリーカーの動線は新しくなる

ここから本文です
ダイハツ工業が、クルマの基礎となる新しいアーキテクチャ「DNGA」を発表。その第一弾モデルとしてタントをフルモデルチェンジすることも明らかとしています。タントといえば、スーパーハイト軽自動車というジャンルを確立させたモデルであり、累計販売200万台を超える実績を持つクルマです。助手席側からピラーをなくしたことで助手席のヒンジドアと後席のスライドドアを同時にあければ大開口が生まれる「ミラクルオープンドア」がチャームポイントのひとつ。その使い勝手の良さから、支持を集めています。

おすすめのニュース

サイトトップへ