現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボルボ電動化の今 XC90/XC60/XC40 長距離試乗で探る

ここから本文です

ボルボ電動化の今 XC90/XC60/XC40 長距離試乗で探る

掲載 1
ボルボ電動化の今 XC90/XC60/XC40 長距離試乗で探る

数字で見るボルボの電動化

2020年末までに、日本で販売される全てのモデルの電動化を完了させたボルボ。その後も「リチャージ」と括られるPHEVの性能強化やBEVの販売拡大など、ゼロエミッションに向けてのたゆまぬ進化を続けている。

すべての画像をみる 全71枚

その甲斐もあってのことだろう、昨22年、SUVのXC60シリーズとXC90シリーズは共に導入以来最高の販売台数をマークしたという。

特にフラッグシップでもあるXC90は導入から7年になろうとするところでの記録更新だ。聞けばその全数のうち32%、ほぼ3台に1台がPHEVだという。

そして昨年4000台以上を販売したXC60も全数の20%がPHEVと、その割合は同級のライバルに比べると明確に高い。

今回はXC60のT6 AWDとXC90のT8 AWDという2台のPHEVを中心にXC40のMHEVとBEVを織り交ぜつつ、長時間/長距離を共にしながら、パワートレインが更新されたボルボのSUVの魅力を改めて探ってみた。

まずはボルボXC60に試乗

まず乗ったのはXC60だ。T6 AWDは登場当初、2l4気筒直噴ユニットにターボとスーパーチャージャーと過給器を2丁掛けにして320ps/400Nmのアウトプットを達成、それを旧ハルデックスカップリングを介した4WDで駆動するというオーソドックスな構成だった。

現在のT6 AWDは253ps/350Nmをマークする2L 4気筒直噴ターボに加えて、前側に52kW/165Nm、後ろ側に107kW/309Nmの電動モーターを配し、ドライブシャフトを持たない電動4WDを実現している。

駆動用のリチウムイオンバッテリーは直近のマイナーチェンジで18.8kWhに強化され、満充電からのBEV走行はWLTCモードで81kmと従来から2倍以上延伸された。

これだけの距離を刻むことができれば、平日の日常的用途をモーターのみでカバーすることはたやすいだろう。

XC60とXC90は同じスケーラブルアーキテクチャーを用いているが、走りのキャラクターは意外なほど異なっていて、ひと回り車格の小さいXC60の側は想像通り機敏さや快活さを押し出している。

が、今回試乗したXC60のグレードは最もスポーティなRデザインの後継的な位置づけも担うアルティメイトで、装着タイヤも大径の21インチを履くも、その乗り心地の洗練ぶりに感心させられた。

特にバネ下の大きさを持て余さない中高速域でのしなやかで高精度なフットワークは、プレミアムDセグメントのライバルの水準に照らしても、ほぼ見劣りがない。

快活という点においては後輪側モーターの駆動力が高まり、加速やハンドリングもその蹴り出しによって新たなキャラクターを得ている点が興味深い。旋回時のアンダーステアはほぼ感じられず、ゆっくりとアクセルを踏み増していくとじんわりとイン側に引き寄せられるような挙動が現れる辺りは、内燃機とモーターの共生による楽しさの可能性を感じさせてくれる。ちょっと雪道に誘われそうなドライバビリティだ。

XC90 変化を決めた旗印

対すればXC90の挙動は重さや大きさを感じさせるもので、その車格による据わりの良さにAWDらしいスタビリティも加わり、高速道路を淡々と走り続けるような使い方でその真価を発揮するのは従来どおりだ。

パワートレインはモーター及びバッテリーの構成がXC60 T6 AWDと一緒だが、2L 4気筒直噴ターボユニットの側が317psまでパワーが高められており、低中回転域を中心としたモーターの力強いアシストと相まって2.3tを超えるボディをストレスなく加速させる。満充電からのBEV走行はWLTCモードで78kmと、XC60 T6 AWDと大差はない。

どちらにしても、家や通勤先などの定置場所に普通充電器があれば、ガソリンを使わずとも日常生活をカバーする能力を有している。

XC90の美点はきちんと使える3列シートを有する真面目なパッケージングにも現れている。内装の仕立てや質感はさすがに目慣れた感があるが、目的なき変化は良しとしないところもまたボルボの良心でもある。

ポールスターのようにスピンアウトしたブランドに革新を託すなら、ボルボの軸足はオーセンティックの側にあるということなのだろう。

先に発表されたBEVのEX90にもそんな意向は感じられる。一方で、変わると決めた時には徹底的にやるのもボルボの凄さで、その旗印となってきたのが現世代のXC90でもあるわけだ。

キャラクター強調 XC40

XC40は現在のボルボのSUVラインナップでは最も若く、最もアグレッシブに変節を遂げてきたモデルでもある。現在のラインナップは48V MHEVがシングルモーターのB3とツインモーターAWDのB4。そしてBEVがシングルモーターFFとツインモーターAWDが用意されているが、BEVは24年型からリア置きシングルモーターの後輪駆動となるため、現在のラインナップは在庫販売のみとなるようだ。

今回はMHEVもBEVも共にツインモーターの側を試乗したが、150kW(204ps)/330Nmのアウトプットを持つモーターを前後に2丁掛けするBEVの動力性能はさすがに強烈で、0-100km/h加速5秒切りという発表値以上の猛進ぶりを思わせる。ちょっとエクストリーム的な速さだ。

他社に先駆けてBEVへの置き換えを宣言しているボルボとしては、やれることをみせておきたいという可能性を強調するようなキャラクターに躾けたのだろう。

この速さを破綻なく躾けてある辺りは見識を感じるが、恐らく24年型からのシングルモーターでもまったく不足なく日常をカバーしてくれるはずだ。

3車に共通して感心したこと

今回、ボルボのSUVで長い時間を過ごして、共通して感心したことが2つある。1つはインフォテインメントのベースに採用されたアンドロイドOSだ。

いわずもがな、グーグルのプラットフォームを担うそれは、「OKグーグル」のボイスコマンドと共に音楽の再生やナビの目的地設定など、主要なコマンドがかなりの確度で反映される。

メルセデスやBMW、レクサスなど対話型AIをベースにしたシステムを独自構築するブランドもあるが、やはり分母に乗じたグーグルのそれは洗練度が一枚上手だ。

もう1つはシートの掛け心地の良さだ。最上級のXC90は言うに及ばずだが、それに準ずるホールド感や体圧分布などの勘どころをXC40でもきちんと反映できているところが立派だ。

2日間、朝から夕方までほぼ運転し通しの頭や体がピンシャンしていたのは、振り返るとこのデジタルとアナログの2点によるストレスフリー環境が大きかったように思う。

関連タグ

こんな記事も読まれています

420馬力に対応! HKSのLA クラッチにトヨタ「GR86」スバル「BRZ」用が登場!
420馬力に対応! HKSのLA クラッチにトヨタ「GR86」スバル「BRZ」用が登場!
くるまのニュース
米マツダ最高値、『CX-70』は4万0445ドルから…CX-90を上回る
米マツダ最高値、『CX-70』は4万0445ドルから…CX-90を上回る
レスポンス
WEC公式テスト、海上輸送の遅れを考慮し26~27日に延期。開幕戦は29日に走行スタート変わらず
WEC公式テスト、海上輸送の遅れを考慮し26~27日に延期。開幕戦は29日に走行スタート変わらず
motorsport.com 日本版
「すべてが正しい方向に進んでいる」初日2番手のマクラーレン。ノリス&ピアストリは走りに満足/F1テスト1日目
「すべてが正しい方向に進んでいる」初日2番手のマクラーレン。ノリス&ピアストリは走りに満足/F1テスト1日目
AUTOSPORT web
F1テストに混乱を引き起こした排水溝、開幕戦でのトラブル防止のためコンクリート埋めに
F1テストに混乱を引き起こした排水溝、開幕戦でのトラブル防止のためコンクリート埋めに
motorsport.com 日本版
「最も多い」&「最も反則金が高い」交通違反って何? “速度違反”超える違反に衝撃! 一方 「取り締まり件数が“少ない”違反」とは
「最も多い」&「最も反則金が高い」交通違反って何? “速度違反”超える違反に衝撃! 一方 「取り締まり件数が“少ない”違反」とは
くるまのニュース
ダイハツは何故必要か?【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
ダイハツは何故必要か?【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
グーネット
<新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
<新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
レスポンス
【MotoGP】マリーニ、復活に向け努力中のホンダへ「まだトップは遠いけど、今は忍耐強く行こう」
【MotoGP】マリーニ、復活に向け努力中のホンダへ「まだトップは遠いけど、今は忍耐強く行こう」
motorsport.com 日本版
新発想の日産「キューブ」発売! 実車公開もされた“超オシャ” コンパクトカー「CUBE Retro Renovation」とは
新発想の日産「キューブ」発売! 実車公開もされた“超オシャ” コンパクトカー「CUBE Retro Renovation」とは
くるまのニュース
「私はどこを走るの?」電動まわりの車両参入で道路がややこしい件について
「私はどこを走るの?」電動まわりの車両参入で道路がややこしい件について
バイクのニュース
20年ぶり! 想い出のクラウンに再会…ノスタルジック2デイズ 2024
20年ぶり! 想い出のクラウンに再会…ノスタルジック2デイズ 2024
レスポンス
レカロが「SR-S/SR-C」にモデルチェンジ! 旧来の「SR−7/SR-7F」は在庫限りなのでお早めに。「トライアル」でオススメのシートを紹介します
レカロが「SR-S/SR-C」にモデルチェンジ! 旧来の「SR−7/SR-7F」は在庫限りなのでお早めに。「トライアル」でオススメのシートを紹介します
Auto Messe Web
ラングラーにジープダックをあしらったテールゲートとフロアマットを装備した特別仕様車を設定
ラングラーにジープダックをあしらったテールゲートとフロアマットを装備した特別仕様車を設定
Webモーターマガジン
メルセデスW15の”トリッキー”フロントウイング、合法性は問題なしか。でもレギュレーションの精神には従わず?
メルセデスW15の”トリッキー”フロントウイング、合法性は問題なしか。でもレギュレーションの精神には従わず?
motorsport.com 日本版
ど派手なギラギラ系だけが「デコトラ」じゃない! 3つに大別されるイマドキのデコトラ事情
ど派手なギラギラ系だけが「デコトラ」じゃない! 3つに大別されるイマドキのデコトラ事情
WEB CARTOP
時速100kmまで「2秒を切る」のにEVじゃない! 前後に2人乗りで最高時速は400kmオーバーの規格外ハイパーカー「C21」が爆誕
時速100kmまで「2秒を切る」のにEVじゃない! 前後に2人乗りで最高時速は400kmオーバーの規格外ハイパーカー「C21」が爆誕
WEB CARTOP
ホンダ新型「プレリュード」本当に発売される?「スペシャルティカー」復活に期待高まる! どんなモデルで登場?
ホンダ新型「プレリュード」本当に発売される?「スペシャルティカー」復活に期待高まる! どんなモデルで登場?
くるまのニュース

みんなのコメント

1件
  • 単位統一しろよ
    出力がpsとKWあってよくわからん
    ISOではエンジン出力表記の標準はKWだろ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

924.01039.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.01028.0万円

中古車を検索
XC90の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

924.01039.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.01028.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村