現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新車同然のマクラーレンがバーゲンプライス!? 「650Sスパイダー」は1900万円!

ここから本文です

新車同然のマクラーレンがバーゲンプライス!? 「650Sスパイダー」は1900万円!

掲載 更新 1
新車同然のマクラーレンがバーゲンプライス!? 「650Sスパイダー」は1900万円!

■新車同然の「720S」は、落札価格もほぼ新車と変わらず

 2017年ジュネーブ・ショー。さまざまなスーパースポーツがワールドプレミアの舞台として選ぶことで知られるこのショーは、2017年も例外なく大きな盛り上がりを見せていた。

桁が違う… 5007馬力の12000ccエンジン搭載 ドバイ製スーパーカー登場

 マクラーレンにとって初のフルモデルチェンジとなる新型スーパーシリーズが姿を現したのもこのジュネーブ・ショーで、それは間違いなくショーの華のひとつとなっていたことは記憶に新しい。

●2018 マクラーレン「720S」

 スーパースポーツとしては、やや派手さに欠けた先代のスーパーシリーズ「650S」と比較して、「720S」は独特なヘッドライト形状(エアインテークの機能も兼ねる)や、ダブルスキンと呼ばれるディヘドラルドアに装備されたエアロダイナミクス・デバイスなどで、よりスーパースポーツらしい造形を作り出していた。

 もちろんそれは視覚的な効果のみならず、ダブルスキンでは冷却効果を前作のエアインテークからさらに15%も向上させるなど、確実な機能を与えたものだった。

 720Sはマクラーレンの流儀に従って、基本構造体にCFRP製のモノコックを使用する。F1GPの世界でもっとも早くカーボンモノコックを導入したマクラーレンならではだ。

 先代のスーパーシリーズもそれに変わりはなかったが、720Sでは設計を一新し、ネーミングもモノケージIIへと変更されている。参考までにその重量は18kgも軽量化され、乗降性を考慮してサイドシルを低く設計するなど、前作での経験がモノケージIIには多く生かされている。

 リアミッドに搭載されるエンジンは、ストロークをわずかに延長することで3994ccの排気量を得たV型8気筒ツインターボである。低慣性のチタンアルミニウム合金タービンを備えた、新しいツインスクロール型ターボチャージャーを組み合わせ、最高出力720ps、最大トルク600Nmを得ることに成功。組み合わせられるトランスミッションは7速DCT。駆動輪はもちろん後輪だ。

 マクラーレンのスーパーシリーズが、そのシャシで大きな特徴としていたアクティブサスペンションも、プロアクティブ・シャシー・コントロールIIへと進化した。基本的な機能に変化はないが、ドライブモードは「コンフォート」、「スポーツ」、「トラック」へと変わり、それを変更するためのスイッチなど、コックピットの操作性が大いに高まっているのも見逃せないところだ。

 RMサザビーズのエルクハート・オークションに出品された720Sは、新車当時1万1430ドル(邦貨換算約118万円)相当のパフォーマンス・パッケージをオプション装着した2018年モデルで、ほかにもファースト・オーナーの好みでサロスブルーのエリートペイント仕上げなどが選択されている。

 そして驚くべきはその走行距離。新車時からわずかに138マイル(220km)しか走行していない、まさにミント・コンディションの1台なのだ。

 注目の落札価格は30万7500ドル(邦貨換算約3198万円)。新車当時の車両価格が3500万円ほどだったことを考慮すると、オプションが多数揃った新車同然の720Sがすぐに手に入るのならば、この価格は熱狂的なファンにはお買い得と感じられるだろう。

■「650S」なら新車同然でもお買い得!

 エルクハート・コレクションには、さらにスーパーシリーズの「650Sスパイダー」も姿を現している。

 このモデルは、「MP4-12C」の実質的な後継車に相当するもので、リアミッドに搭載する3799ccV型8気筒ツインターボエンジンの最高出力を一気に50ps引き上げ、車名のとおり650psとするなど(最大トルクは678Nm)、徹底的な改良を施して誕生したモデルだった。新開発されたパーツは、実に全体の25%に及ぶと当時発表されていた。

●2016 マクラーレン「650Sスパイダー」

 デビュー時にもっとも大きな話題となったのは、上級シリーズ、すなわちアルティメット・シリーズの「P1」から受け継がれたフロントマスクに象徴されるエクステリアデザインだった。

 MP4-12Cがどちらかといえば控えめなデザインと評されたのに対して、この650Sは大胆なフロントセクションを始め、いかにもマクラーレンのファミリーであることを物語る個性を持ち合わせていた。

 さらにそのデザインのすべてには確たる機能が備えられており、それを可能なかぎり小さなパッケージにまとめるコンセプトを称して、当時マクラーレンはシュリンク・ラップという表現を用いていた。

 オークションに出品された650Sは、ヴォルケーノ・レッド(火山の赤)と呼ばれる、独特な深みと輝きを持つボディカラーで彩られたものであった。内装はブラックで統一され、そのコンビネーションもまた魅力的だ。

 走行距離は2016年モデルにもかかわらず、わずかに1103マイル(1765km)。初代スーパーシリーズの、ひとつの究極形をドライブしたいと願うカスタマーには、このコンディションは見逃せないところだ。

 落札価格は18万4800ドル(邦貨換算約1922万円)。新車当時の車両価格がおよそ3400万円オーバーだったことを考慮すると、2000kmにも満たない走行距離を鑑みてバーゲンプライスといえるだろう。

こんな記事も読まれています

「主人公」のような高揚感 フォード・マスタング 289  中毒性あるV8の加速! 誕生60年をルート66で祝福(1)
「主人公」のような高揚感 フォード・マスタング 289  中毒性あるV8の加速! 誕生60年をルート66で祝福(1)
AUTOCAR JAPAN
「ポニーカー」では表現不足 フォード・マスタング 289  誕生60年をルート66で祝福(2) 夢のロードトリップ
「ポニーカー」では表現不足 フォード・マスタング 289  誕生60年をルート66で祝福(2) 夢のロードトリップ
AUTOCAR JAPAN
涙があふれ続けた……牧野任祐、SF初優勝でチェッカー直後から半周ずっと大号泣「多分、俺意外と泣くタイプの人間です(笑)」
涙があふれ続けた……牧野任祐、SF初優勝でチェッカー直後から半周ずっと大号泣「多分、俺意外と泣くタイプの人間です(笑)」
motorsport.com 日本版
それは超小型“軽トラ”? スズキの「新モビリティ」はめっちゃ仕事向け! トラックショーでアピール
それは超小型“軽トラ”? スズキの「新モビリティ」はめっちゃ仕事向け! トラックショーでアピール
乗りものニュース
日産が低CO2アルミニウム製部品の採用を開始! 2030年までにすべてを置き換え!? CO2排出量の大幅削減を目指す
日産が低CO2アルミニウム製部品の採用を開始! 2030年までにすべてを置き換え!? CO2排出量の大幅削減を目指す
くるまのニュース
岩佐歩夢「鈴鹿と違って朝からいい感触」。牧野と山本は「徐々に調子を上げられた」【SF第2戦予選会見】
岩佐歩夢「鈴鹿と違って朝からいい感触」。牧野と山本は「徐々に調子を上げられた」【SF第2戦予選会見】
AUTOSPORT web
角田「タイムを出すときはほぼ全コーナーでいい動きだった」マシンには一貫性があり、コースとの相性も問題なし/F1第7戦
角田「タイムを出すときはほぼ全コーナーでいい動きだった」マシンには一貫性があり、コースとの相性も問題なし/F1第7戦
AUTOSPORT web
アストンマーティン、F1エミリア・ロマーニャGPで大型アップデート投入もライバル追従には「不十分」とストロール語る
アストンマーティン、F1エミリア・ロマーニャGPで大型アップデート投入もライバル追従には「不十分」とストロール語る
motorsport.com 日本版
ディーゼルってどんなエンジン? 使われる軽油ってどんな燃料? 知ってるようで知らないガソリンエンジンとの違いとは
ディーゼルってどんなエンジン? 使われる軽油ってどんな燃料? 知ってるようで知らないガソリンエンジンとの違いとは
WEB CARTOP
本当に悔しい……2位に終わり奥歯を噛む岩佐歩夢。PPスタートでのポジションダウンも響く「データをしっかりと見直さないと」|スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス
本当に悔しい……2位に終わり奥歯を噛む岩佐歩夢。PPスタートでのポジションダウンも響く「データをしっかりと見直さないと」|スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス
motorsport.com 日本版
シボレーの新型電動SUV、航続513km…『エクイノックスEV』の米国受注開始
シボレーの新型電動SUV、航続513km…『エクイノックスEV』の米国受注開始
レスポンス
ワークスマシンに近い走りを楽しめるTOM’S「GRヤリス TSS340」の魅力
ワークスマシンに近い走りを楽しめるTOM’S「GRヤリス TSS340」の魅力
@DIME
予選大失敗のアロンソ、エミリア・ロマーニャGP決勝に向けセットアップ変更。ピットレーンスタートを選択「その方が、いくつかメリットがある」
予選大失敗のアロンソ、エミリア・ロマーニャGP決勝に向けセットアップ変更。ピットレーンスタートを選択「その方が、いくつかメリットがある」
motorsport.com 日本版
レッドブル&HRC密着:RB20に5つのアップデートを実施。初日は「期待ほどパフォーマンスはよくなかった」と不安が残る
レッドブル&HRC密着:RB20に5つのアップデートを実施。初日は「期待ほどパフォーマンスはよくなかった」と不安が残る
AUTOSPORT web
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの魅力
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの魅力
@DIME
マクラーレン、打倒フェルスタッペン狙いの”ギャンブル”はしない!「手は尽くすが、サイコロは振らない」
マクラーレン、打倒フェルスタッペン狙いの”ギャンブル”はしない!「手は尽くすが、サイコロは振らない」
motorsport.com 日本版
東京多摩を貫く「幻の街道」とは? 青梅街道から“分岐するはず”の大幹線 影も形も…ちょっとある!
東京多摩を貫く「幻の街道」とは? 青梅街道から“分岐するはず”の大幹線 影も形も…ちょっとある!
乗りものニュース
日産「新型ミニバン」初公開! ちょっとビッグな「エヴァリア」! 3列7人乗りの「欧州のオシャレミニバン」は日本でもアリか
日産「新型ミニバン」初公開! ちょっとビッグな「エヴァリア」! 3列7人乗りの「欧州のオシャレミニバン」は日本でもアリか
くるまのニュース

みんなのコメント

1件
  • 安さでマクラーレンを買おうとするならやめたほうがいいですよ。 値崩れも早いし何より故障がフェラーリランボの比じゃないので金も時間も結局沢山かかります。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3400.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1468.81950.0万円

中古車を検索
650S スパイダーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3400.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1468.81950.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村