サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型「ゴルフ8」は いつ日本上陸? 2020年後半にやってくるVW車を予想してみた

ここから本文です

新型「ゴルフ8」は いつ日本上陸? 2020年後半にやってくるVW車を予想してみた

■注目の新型ゴルフ8の日本上陸は2021年になりそうだ

 2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、国産車・輸入車ともに登録台数は前年にくらべて少なくなっている。

【画像】待ち遠しい! もうすぐ日本登場のVWモデルを画像で見る(30枚)

 緊急事態宣言が全国的に解除されたこともあり、6月に入ってからの輸入車新規登録台数は4月、5月にくらべると若干良い数字にはなってきたものの、それでも前年同月比67.7%(外国メーカー車の乗用車)の2万1075台と厳しい状況には変わらない。

 ドイツをはじめとしたヨーロッパ諸国でも、ロックダウンがおこなわれた影響で経済的にも大きなダメージを受けたが、6月に入ってからは各メーカーからニューモデルが発表されるなど、徐々にではあるが日常に戻りつつある現状だ。

 2020年後半に日本に入ってくる予定の外国メーカーのニューモデルを予想していこう。今回はフォルクスワーゲンだ。

※ ※ ※

●「新型ゴルフ」の日本上陸は2020年には間に合わない?
 
 フォルクスワーゲンを代表するCセグメントハッチバックが「ゴルフ」だ。

 初代ゴルフは1974年に登場。横置きエンジンの前輪駆動(FF)小型車というジャンルを築いたメガヒットモデルで、登場以来46年にわたり、Cセグメントのベンチマークとなっている。

 そんなゴルフは、2019年10月にドイツ本国で8代目にフルモデルチェンジ、ゴルフVIII(8)として登場している。

 全長4284mm×全幅1789mm×全高1456mm、ホイールベース2635mmというボディサイズは、従来型ゴルフVII(7)と比較して26mm長く、全高が36mm低くなっている。

 2020年2月には、新型ゴルフ8をベースにしたスポーツモデル、ゴルフGTI/ゴルフGTD/ゴルフGTEも欧州で発表されている。

 そんな新型ゴルフ8の日本上陸は、当初は2020年秋を予定していたようだが、どうやら雲行きが怪しくなってきている。

 その理由は、やはり新型コロナウイルス感染拡大によるものという。世界各地にフォルクスワーゲンブランドの工場は16工場あるが、ドイツとヨーロッパでは約6週間、南米でも約10週間生産が停止された。現在ではすべて元に戻っているとのことだが、このことにより、日本への導入計画の見直しが余儀なくされたようだ。

 ただし現行型のゴルフ7はいまもなお、日本において人気だ。日本自動車輸入組合の統計によると、2020年上半期(1月から6月)の外国メーカー車モデル別新車登録台数順位では、ゴルフは2位の5792台となっている。

 これは、2019年8月に導入されたディーゼルモデル「ゴルフTDI」の人気が大きい。フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)としては、現行ゴルフがモデル末期においても人気を維持しているため、新型ゴルフ8の導入をそれほど急ぐ必要がないのかもしれない。

 横浜や世田谷などで、頻繁に左ハンドル仕様の新型ゴルフ8のテストカーが走っているという目撃情報が寄せられている。2020年内の日本導入は難しくなっているようだが、それでも2021年の早い時期には必ず上陸するだろう。

■もうまもなくコンパクトSUV「Tロック」が上陸予定

●コンパクト・クーペSUV「Tロック」は7月中に上陸する

 2020年の日本におけるフォルクスワーゲンは、「SUV推し」になりそうだ。2020年1月に発売されたコンパクトSUV「T-Cross(Tクロス)」は、「T(てぃー)さいSUV」というキャッチコピーで日本でもヒット、2020年上半期の外国メーカー車モデル別新車登録台数順位でも4位の4865台という数字を残している。

 そのTクロスの兄貴分となるコンパクトSUVが「T-Roc(Tロック)」だ。

 Tロックは全長4240mm×全幅1825mm×全高1590mm、ホイールベース2590mmというボディサイズ。VWのSUVラインナップでは、Tクロスとティグアンの中間という位置づけになる。ちなみにTクロスの全長は4115mm、ティグアンの全長は4500mmだ。

 アウディ「Q2」のようになだらかなルーフラインを持つ、いま世界的にも人気があるクーペSUVのようなデザインが特徴だ。ただしデザインだけではなく、VWモデルらしく実用性も兼ね備えるクロスオーバーモデルで、全長4.2mというサイズ感は日本の道にも合うため、人気が出そうだ。

 当初は2リッター直列4気筒ディーゼルターボ「TDI」モデルのみが導入される予定で、駆動方式は前輪駆動(FF)のみとなりそうだ。

 日本ではもうまもなく発表される予定で、ベースグレードの車両価格は、およそ380万円あたりからになると予想する。

●フルEV「ID.3」の日本上陸は2022年あたりになりそうだ

 2019年9月に開催されたフランクフルトモーターショー(IAA)で世界初公開され、2020年6月から納車がはじまったVWのフルEV「ID.3」。

 まず最初に納車されるのは特別限定モデル「ID.3 1st」。このモデルは58kWhのバッテリー容量を持ち、WLTPモードで約420kmの航続距離となる。電気モーターは最高出力150kW(約204ps)、最大トルク310Nmを発生、0-60km/h加速は3.4秒、最高速度は180km/h(リミッター)というパフォーマンスを誇る。

 このID.3 1stの現地価格は4万ユーロ(約485万円)からとなっている。

 全長4261mm×全幅1809mm×全高1552mm、ホイールベースは2765mmという、現行ゴルフと同じようなボディサイズのモデルとなるが、このモデルの日本導入はまだ進んでおらず、導入されるとしても再来年の2022年になりそうだ。

 2020年末に北米や中国、欧州で製造・販売される予定のSUVタイプのフルEV「ID.4」についても、日本導入は時期を含め未定(VGJ広報部)とのこと。いずれにせよ、フルEV「ID.」の日本導入はまだ決まっていないという。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します