現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型ノア/ヴォクシー完全ファイル【1】コンセプト&プロフィール

ここから本文です

新型ノア/ヴォクシー完全ファイル【1】コンセプト&プロフィール

掲載 更新 10
新型ノア/ヴォクシー完全ファイル【1】コンセプト&プロフィール

車種別・最新情報 [2022.02.01 UP]


新型ノア/ヴォクシー完全ファイル【1】コンセプト&プロフィール
ミドルミニバンの代表モデルとして君臨してきたノア&ヴォクシーが、7年ぶりにフルモデルチェンジを実施。
従来型も相当出来の良いミニバンだったが、新型はいま判明している部分に絞っても、相当凄いモデルに仕上がっている。
多くのユーザーから熱い視線を集める、最新ミニバンの実力をチェックしてみたい。

新型ノア/ヴォクシー&新型ステップワゴン&セレナ徹底比較

●文:川島 茂夫 ●写真:澤田 和久


人気ミニバン、待望の“最先端モデル”にフルモデルチェンジ!
価格優先のモデルにあらず
新型は性能でも真っ向勝負

 一昔前のファミリーカーと言えば1.5ℓクラスのセダンを示していたが、現代はミニバン、中でも手頃なサイズのミドルミニバンを挙げるユーザーが大半だろう。このカテゴリーを力強く牽引し続けているのがノア&ヴォクシーだ。

 扱いやすい適度なボディサイズに、経済性と実用性能を兼ね揃えたパワートレーン、サードシートまで不便なく過ごせる居住性を備えたキャビン空間など、リアルワールドで便利さを実感できるウェルバランスが特徴であり、歴代のノア&ヴォクシーはこの魅力を引き継いできた。

 ただ、4代目となる新型を目の当たりにした印象は、これまでとは少し違う印象を受ける。ウェルバランスに富んだ実用ミニバンという点は変わっていないのだが、車格やコスパの制約が緩くなったというか、実用面を重視していた雰囲気が明らかに弱まっている。

 そう感じる理由はいろいろ挙げられるが、そのひとつはトヨタセーフティセンスを核とした安全運転支援機能の拡充。上級モデルも顔負けの最新機能は、従来型との違いを分かりやすく感じさせてくれる。

 もうひとつは、日常やレジャーでの使い勝手を向上させてくれる工夫。普段使いで便利さを実感できる装備機能は、使い込んでいけばいくほどありがたさを実感できるはずだ。

 ファミリー向けのミニバンであるがゆえに、機能や装備は充実させてもコストアップはできるだけ抑える。この大原則は踏襲しつつも「ふつう」の水準を巧みにランクアップさせている。

 従来型にあった豪華なキャラクターを武器にしていたエスクァイアが整理されたのも、数多くの確かで使える機能や装備を用意でき、その結果、実質的な車格を1ランクアップできたことが、理由なのではないかと思う。

 ミドルミニバンはメーカーにとって負けることが許されない最重要カテゴリー。それだけに各社が自慢のモデルを投入しているが、新型ノア&ヴォクシーは、その中でも飛び抜けた存在になりそうでならない。


ノア Z

ノア ハイブリッドS-Z

ヴォクシー ハイブリッドS-Z

グレードバリエーション&価格一覧
関連記事を見る

新型ノア/ヴォクシー完全ファイル【2】エクステリア<グレード別解説>

新型ノア/ヴォクシー完全ファイル【3】インテリア<グレード別解説>

新型ノア/ヴォクシー完全ファイル【4】メカニズム

こんな記事も読まれています

ランボルギーニ『ウルス』最強、800馬力のPHEV「SE」を発表
ランボルギーニ『ウルス』最強、800馬力のPHEV「SE」を発表
レスポンス
ドゥカティ、没後30年を迎えたアイルトン・セナの特別モデル『モンスター・セナ』を発表。限定341台で発売予定
ドゥカティ、没後30年を迎えたアイルトン・セナの特別モデル『モンスター・セナ』を発表。限定341台で発売予定
AUTOSPORT web
苦戦するペレス、イモラ8位は残留への契約交渉に影響ない? ホーナー代表は擁護
苦戦するペレス、イモラ8位は残留への契約交渉に影響ない? ホーナー代表は擁護
motorsport.com 日本版
ハイブリッドモデルに進化した新型ベントレー・コンチネンタルGTが本年6月にワールドプレミア
ハイブリッドモデルに進化した新型ベントレー・コンチネンタルGTが本年6月にワールドプレミア
カー・アンド・ドライバー
【人とくるまのテクノロジー展2024】NTN 世界最高水準の高効率・低振動を実現したドライブシャフトを開発
【人とくるまのテクノロジー展2024】NTN 世界最高水準の高効率・低振動を実現したドライブシャフトを開発
Auto Prove
アウトドア好き必見! マムートコラボ「ジムニー」現る! さらにロッド付き「RAV4」も同時披露!? トーヨーの注目展示とは
アウトドア好き必見! マムートコラボ「ジムニー」現る! さらにロッド付き「RAV4」も同時披露!? トーヨーの注目展示とは
くるまのニュース
【セミナー見逃し配信】※プレミアム会員限定「池田直渡の着眼大局セミナー 第3回 川崎重工の水素サプライチェーン構築とCO?分離回収技術」
【セミナー見逃し配信】※プレミアム会員限定「池田直渡の着眼大局セミナー 第3回 川崎重工の水素サプライチェーン構築とCO?分離回収技術」
レスポンス
ホンダに「小さな高級車」あった! 豪華内装の“ラグジュアリー感”スゴい! 「上質すぎインテリア」採用の「最上級フィット」どんなもの?
ホンダに「小さな高級車」あった! 豪華内装の“ラグジュアリー感”スゴい! 「上質すぎインテリア」採用の「最上級フィット」どんなもの?
くるまのニュース
5月25日26日はアズテックミュージアムに集合! 東北最大級のバイクイベント「World Bike Festa」開催決定
5月25日26日はアズテックミュージアムに集合! 東北最大級のバイクイベント「World Bike Festa」開催決定
バイクのニュース
EVジェネシス、曲がる太陽電池を搭載した3輪車の実証実験開始
EVジェネシス、曲がる太陽電池を搭載した3輪車の実証実験開始
レスポンス
ホンダはこの先どうなる? HONDA 0(ゼロ)から占う未来戦略
ホンダはこの先どうなる? HONDA 0(ゼロ)から占う未来戦略
グーネット
「人とくるまのテクノロジー展2024横浜」パシフィコ横浜で開幕 過去最高の590社が出展
「人とくるまのテクノロジー展2024横浜」パシフィコ横浜で開幕 過去最高の590社が出展
日刊自動車新聞
TDKが人とくるまのテクノロジー展 2024に出展へ…モビリティのEXとDX
TDKが人とくるまのテクノロジー展 2024に出展へ…モビリティのEXとDX
レスポンス
ホットハッチの王者は健在!「ホンダ シビック Type R」日本の誇るカルトモデルの実力とは?
ホットハッチの王者は健在!「ホンダ シビック Type R」日本の誇るカルトモデルの実力とは?
AutoBild Japan
今のF1はタイヤが肝! ハミルトンも四苦八苦「僕のキャリアの中で、こんなに厄介だったことはない」
今のF1はタイヤが肝! ハミルトンも四苦八苦「僕のキャリアの中で、こんなに厄介だったことはない」
motorsport.com 日本版
広島中心部に念願の「無料の高架バイパス」誕生へ!? 「西広島バイパス」延伸で都心貫通 工事いよいよ再開で国道2号「完全信号ゼロ」へ加速
広島中心部に念願の「無料の高架バイパス」誕生へ!? 「西広島バイパス」延伸で都心貫通 工事いよいよ再開で国道2号「完全信号ゼロ」へ加速
くるまのニュース
電動ミニバンとSUVを投入、EVシャオペンが香港市場に参入
電動ミニバンとSUVを投入、EVシャオペンが香港市場に参入
レスポンス
いまタクシードライバーが稼げる職業……は幻想! 稼ぐためにはアプリ時代に適応する必要アリ!!
いまタクシードライバーが稼げる職業……は幻想! 稼ぐためにはアプリ時代に適応する必要アリ!!
WEB CARTOP

みんなのコメント

10件
  • 何だこの記事? 内容ゼロ。
  • 内容ゼロというコメがあったのでw読んでみたら、これから何かちゃんとしたことが書いてあるかと思ったところで終わりましたw カービューに掲載されている記事の中でも一番の内容ゼロの記事でしたw
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

266.4326.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

77.8398.0万円

中古車を検索
エスクァイアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

266.4326.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

77.8398.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村