現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「5880億円、返して…」 自賠責保険の「積立金問題」どうなった? 財務省はなぜ国交省に借金したのか

ここから本文です

「5880億円、返して…」 自賠責保険の「積立金問題」どうなった? 財務省はなぜ国交省に借金したのか

掲載 34
「5880億円、返して…」 自賠責保険の「積立金問題」どうなった? 財務省はなぜ国交省に借金したのか

■なぜ財務省はなぜ国交省に借金したのか

 自賠責保険料を原資とした運用益は積立金として国土交通省が所管し、事故の被害者支援や事故防止対策事業に充てられています。
 
 しかし過去に財務省が積立金1兆1200億円あまりを国の一般会計に繰り入れて財源とし、現在も約6000億円が返済されていない状態です。
 
 では、この返済問題はどうなっているのでしょうか。

噂は本当? パトカーは「任意保険に入ってない」 事故したらどうなる?

 クルマやバイクを運転するすべてのユーザーには自賠責保険(共済)の加入が義務付けられています。

 自賠責保険は交通事故による被害者を救済するため、加害者が負うべき経済的な負担を補てんし、基本的な対人賠償を確保するための制度です。

 具体的には死亡やケガ・後遺障害のある被害者への保険金の支払いのほか、保険料に含まれる「賦課金」によって、ひき逃げ、無保険車との事故などによる被害者の救済をおこないます。

 また自賠責保険料を元手に運用して出た利益は、「積立金」として被害者の療養施設の運営や介護料支給といった支援のほか、事故防止対策に使われています。

 交通事故は年々減少傾向にあり、被害者への保険金の支払いも減る見込みとなったため、2023年4月から自賠責保険料が10%以上引き下げられ、自家用乗用車では保険料が年間1200円減額されました。

 その一方で、事故の被害者支援・事故防止対策に充てられる新たな「賦課金」制度が導入され、自家用乗用車を持つユーザーでは年間125円の負担となります。

 この新たな賦課金制度に対しては、一部国会議員から「自動車ユーザーに新しい負担を課すよりも、財務省が過去に自賠責保険の積立金から国の一般会計に繰り入れたお金を返済するのが先ではないか」との指摘も上がっています。

 実は1994年度と1995年度、財務省は日本のバブル崩壊による財政難を理由に、国土交通省が所管する自賠責保険の積立金から1兆1200億円を国の一般会計に繰り入れ、財源としていました。いわば、国が自賠責保険から借金をした形です。

 翌1996年度から2003年度までは一般会計から繰り戻し(返済)がおこなわれたものの、一般会計の財政状況が厳しくなり、それ以降は繰り戻しがストップしてしまいました。

 そして麻生太郎氏が財務大臣に就任していた2018年、15年ぶりに一般会計から自動車安全特別会計への繰り戻しがおこなわれました。

 それ以降毎年の返済は続いているものの、いまだ約6000億円が返済されていません。

 しかし国の一般会計からの繰り戻しは年間40~50億程度であり、このままのペースで返済を続けても120年近くかかってしまう計算です。

 さらに、事故による重度の後遺障害者や介護料受給資格者など支援を必要とする人の数が減っていないこともあり、新しい賦課金制度が導入されるまでは積立金が10年ほどで枯渇する可能性もありました。

■一刻も早く「約6000億円」を返済して…! それが出来ない理由とは

 そのため、一刻も早く約6000億円を返済するよう求める声があがっているのです。

 この問題に対し、現財務大臣である鈴木俊一氏は「(約6000億円の)一括返済を求める声があることも承知しているが、今の国の厳しい財政の中では無理な状況である」としたうえで、今後も継続的に返済していく方針を示しています。

 また国土交通省のホームページでは、被害者支援や事故防止対策の財源について次のように説明しています。

「平成13年(2001年)の時点では、積立金0.9兆円を年利2%で運用し、その年間の運用益180億円弱で被害者支援や事故防止対策をおこなう想定だった」

「しかし近年の金利の大幅な低下により、積立金の運用益のみではまかなえないことが判明」

「仮に一般会計に繰り入れた残高(5939億円)が返済されたとしても、現在の金利で生じる運用益は3400万円程度で、事業費はまかなえない」

 つまり財務省が約6000億円を返済できたとしても、運用益で被害者支援の事業はおこなえず、新たな賦課金制度の導入はやむを得なかったとしています。

※ ※ ※

 財務省が返済すべきお金は、2023年度末で5880億円の残高となる見込みです。

 一般会計から自動車安全特別会計への繰り戻しの継続はもちろんですが、今後は交通事故の被害者が確実な支援を受けられることを第一に考えた、適切な制度づくりが求められます。

関連タグ

こんな記事も読まれています

ボルボ車がサーキットを埋め尽くす!国内最大級のファンミーティングが8月開催 千葉・袖ケ浦
ボルボ車がサーキットを埋め尽くす!国内最大級のファンミーティングが8月開催 千葉・袖ケ浦
グーネット
ホンダ 次世代EV「イエ」シリーズ世界初公開 2027年までに中国で6機種を投入へ
ホンダ 次世代EV「イエ」シリーズ世界初公開 2027年までに中国で6機種を投入へ
グーネット
上級車種の装備を積極的に採用!! それで154万円~ってマツダ2のコスパ最強すぎ! コツコツ改良で熟成が進む
上級車種の装備を積極的に採用!! それで154万円~ってマツダ2のコスパ最強すぎ! コツコツ改良で熟成が進む
ベストカーWeb
日本人WRCドライバー勝田貴元がフランク・ミュラーのアンバサダーに就任。若手育成への思いに共感
日本人WRCドライバー勝田貴元がフランク・ミュラーのアンバサダーに就任。若手育成への思いに共感
AUTOSPORT web
新型CX-80めっちゃ長いやん絶対!! CX-60そっくり顔で違いは長さだけか!? 今度は大丈夫か!?!?
新型CX-80めっちゃ長いやん絶対!! CX-60そっくり顔で違いは長さだけか!? 今度は大丈夫か!?!?
ベストカーWeb
トヨタ プリウス 13万台超をリコール 後席ドアハンドルに不具合
トヨタ プリウス 13万台超をリコール 後席ドアハンドルに不具合
グーネット
マツダ最多の販売はCX-5!! エンジン性能やボディ剛性の向上も300万円切りで安すぎなのよ! 地道な改良で進化を続ける
マツダ最多の販売はCX-5!! エンジン性能やボディ剛性の向上も300万円切りで安すぎなのよ! 地道な改良で進化を続ける
ベストカーWeb
「ドイツ2000kmラリー」に1937年式オペル「オリンピア」で参加! 旧東ドイツでは有名人になった気分を体験しました【クルマ昔噺】
「ドイツ2000kmラリー」に1937年式オペル「オリンピア」で参加! 旧東ドイツでは有名人になった気分を体験しました【クルマ昔噺】
Auto Messe Web
【24’ 4/15最新】レギュラーガソリン 5週ぶりの値下がり 平均価格は174.9円
【24’ 4/15最新】レギュラーガソリン 5週ぶりの値下がり 平均価格は174.9円
グーネット
トヨタGR、平川亮が“直近ウイナー”の初開催地イモラへ。トラフィック処理は「大きな挑戦」とブエミ
トヨタGR、平川亮が“直近ウイナー”の初開催地イモラへ。トラフィック処理は「大きな挑戦」とブエミ
AUTOSPORT web
快適な長距離クルーザー:ジープ・アベンジャー 成長過程の特有な個性:BYDドルフィン 魅力的な特徴は多いケド:ボルボEX30 お手頃EV 12台比較(2)
快適な長距離クルーザー:ジープ・アベンジャー 成長過程の特有な個性:BYDドルフィン 魅力的な特徴は多いケド:ボルボEX30 お手頃EV 12台比較(2)
AUTOCAR JAPAN
初のニュル挑戦に「あえてコースを覚えることはしなかった」小林可夢偉。トヨタのドライバーは都度変更へ
初のニュル挑戦に「あえてコースを覚えることはしなかった」小林可夢偉。トヨタのドライバーは都度変更へ
AUTOSPORT web
リカルドの状況は「大きく改善している」とRB代表。ローソンの存在がプレッシャーを与えることはないと主張
リカルドの状況は「大きく改善している」とRB代表。ローソンの存在がプレッシャーを与えることはないと主張
AUTOSPORT web
リバティのMotoGP買収により、F1とのコラボレーションに関する噂が広まる。2輪ファンのハミルトンは歓迎
リバティのMotoGP買収により、F1とのコラボレーションに関する噂が広まる。2輪ファンのハミルトンは歓迎
AUTOSPORT web
今年のスバルはひと味違う? モータースポーツでBEVを鍛える!? 「次世代スバルの走り」を探求って? 何が起きるのか
今年のスバルはひと味違う? モータースポーツでBEVを鍛える!? 「次世代スバルの走り」を探求って? 何が起きるのか
くるまのニュース
テスラ、EV販売低下で人員削減へ 約1万4000人に影響か マスクCEO「コスト削減と生産性向上のため」
テスラ、EV販売低下で人員削減へ 約1万4000人に影響か マスクCEO「コスト削減と生産性向上のため」
AUTOCAR JAPAN
フェラーリが欧州最古のボローニャ大学と共同研究! 電気化学研究センター「E-Cells Lab」設立の狙いとは?
フェラーリが欧州最古のボローニャ大学と共同研究! 電気化学研究センター「E-Cells Lab」設立の狙いとは?
Auto Messe Web
アウディ、最高出力333PSに強化された新型『S3』を本国発表。最高峰“RS”譲りの新機構も導入
アウディ、最高出力333PSに強化された新型『S3』を本国発表。最高峰“RS”譲りの新機構も導入
AUTOSPORT web

みんなのコメント

34件
  • cre********
    >鈴木俊一氏は「(約6000億円の)一括返済を求める声があることも承知しているが、今の国の厳しい財政の中では無理な状況である
    では、一般国民が家計が厳しいので納税するのは無理な状況と言ったら国は待つのか?
    闇金以上の強制取り立てと金を何処かから都合してでも払えと言う徴収職員。
    払えなければ資産の差し押さえ。
    これが標準パターンでしょう。
    同じ事を国交省が財務省に対してやれば良いだけであり何故やらないのか?
    考え方、やり方が甘すぎる。
  • fre********
    オリンピックとか万博やらなければ、あの無駄金を返済に充てるだけでとっくに全額即返せてたよな…
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村