サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 地味だけど売れてる!! 自動車メディアが華々しく取り挙げないクルマ

ここから本文です

地味だけど売れてる!! 自動車メディアが華々しく取り挙げないクルマ

 売れているのにあまり目立たない地味なクルマってありますよね。こうしたクルマって、自動車メディアから見ると、地味すぎてなかなか取り挙げにくいんです(すみません!)

 とはいえ、ユーザーからは支持を受けているんだから、やはり取り挙げるべきではないか!

禁断の超ハイト軽を高速テスト!!! スペーシアvs.ソリオ 高速120km/hで走ると…どうなる??

 ということで今回、自動車メディアが華々しく取り挙げないクルマと題して、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説します。

文/渡辺陽一郎、写真/トヨタ ホンダ ダイハツ ベストカー編集部

【画像ギャラリー】メディアで見る機会が少ないクルマの画像はこちら!

■トヨタ ルーミー/売れてるヤリスに次ぐ影の人気車!

■トヨタ ルーミー:2021年1~2月の平均登録台数/1万1447台

マイナーチェンジ前は「タンク」として販売していたが、マイナーチェンジを受けてベーシックなグレードはこちらのフロントフェイスデザインとなった(写真はG、174万3500円)

2020年9月にマイナーチェンジした「ルーミー」(写真はカスタムG-T、204万6000円)。カスタムはこちらのフロントフェイスデザインとなる

 好調に売れ行きのいいクルマは、どれも優れた商品です。多くのユーザーに選ばれ、使われている実績があるためです。良いクルマであれば、自動車関連の媒体(ウェブサイトや雑誌)も積極的に取り上げると考えられますが、実際にはあまり掲載されない車種もあります。

 その理由は「自動車媒体を読んでくださるのは、クルマ好きのユーザーが多い」と考えられているからです。この考え方は間違っていないと思いますが、好調に販売されながら取り挙げない車種があるのも不自然です。そこで「自動車媒体が取り上げない人気車」を見ていきましょう。

 その筆頭はトヨタルーミーです。2021年1~2月の平均登録台数は1万1447台に達しました。日本自動車販売協会連合会のデータによると、ルーミーの売れ行きは小型/普通車ではヤリスに次ぐ2位ですが、実質的には1位です。

 前述のヤリスのデータは、ヤリス+GRヤリス+ヤリスクロスの合計で、個別に算出すると、2021年の1か月平均はヤリスが9065台、SUVのヤリスクロスは9420台になるためです。いずれも1万台には達しません。

 ちなみに自動車媒体が頻繁に取り挙げるメルセデス・ベンツ Cクラスの登録台数は、2020年の1か月平均が557台でした。ルーミーはその20倍売れているので、「もう少し取り挙げてよ、ファミリーカーとして人気なんだから」というルーミーの声が聞こえてきそうです。

 以前はルーミーの姉妹車として、トヨタ タンクもありました。それが2020年5月からはトヨタの全店が全車を扱う販売体制に変わり、姉妹車も不要になって、タンクは2020年9月のマイナーチェンジで廃止されました。その結果、ルーミーに需要が集中して、登録台数が伸びた経緯もあります。

ルーミーのリアフォルム。全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロールなどを搭載した予防安全機能の「スマートアシスト」を全車に標準装備している

 このような事情があるとはいえ、2021年1~2月の月販平均が1万台を超えたのは大したものです。ルーミーが好調に売れる商品力の秘訣を考えてみましょう。

 ルーミーのボディサイズ(標準グレード)は、全長が3700mm、全幅は1670mmとコンパクトです。最小回転半径も軽自動車と同等の4.6mに収まり、混雑した街中や狭い裏道でも運転しやすいです。

 その一方で全高は1735mmと高く、車内は広いです。前後席ともに頭上と足元の空間に余裕があり、後席側のドアはスライド式なので乗降性も優れています。

 後席を畳むと広い荷室になって自転車も積めます。路面から荷室床面までの高さは527mmと低く、自転車を積む時も、前輪を大きく持ち上げる必要はありません。荷室の床を反転させると、汚れを落としやすい素材が貼られ、自転車を運んだ後の手入れも簡単です。

 収納設備も豊富で、インパネに装着されたカップホルダーには、500mlの紙パックも収まります。このようにルーミーは実用性が優れ、価格は中級に位置する標準グレードのGが174万3500円です。広い車内や多彩なシートアレンジを採用しながら、価格はヤリスGと同等なので、高い人気を得ました。

 同様に背が高い軽自動車のN-BOXやタントも好調に売れているので、今のクルマのトレンドが良く分かります。自動車媒体が取り上げる価値の高い商品でもあるでしょう。

■スズキ ソリオ/フルHVは廃止したが相変わらずの人気ぶり

■スズキソリオ:2021年1~2月の平均登録台数:5264台

コンパクトなサイズで取り回しに優れるボディと広い室内空間を両立。後席両側スライドドアの採用で乗降性も良好だ

 スズキ ソリオは、ルーミーの先輩に相当するコンパクトカーです。初代モデルは軽自動車のワゴンRを拡幅した小型車でしたが、2010年に登場した2代目は、別の設計になりました。

 小さなボディながらも背は高く、後席側のドアはスライド式です。2015年には3代目になり、先に述べたトヨタ ルーミーは、この翌年に発売されました。

 現行ソリオは4代目で、2020年の末に登場しています。2021年1~2月の平均登録台数は5264台なので、ルーミーの半数以下ですが、スズキは軽自動車が中心のメーカーです。ソリオはスズキの小型車としては、好調な売れ行きです。

 ソリオの特徴は、全長が3790mmと短く、全幅も1645mmに抑えたことです。最小回転半径も4.8mなので、狭い裏道や駐車場でも運転しやすいです。

 ソリオの走行安定性、乗り心地、内装の質、後席の座り心地は、ルーミーよりも優れています。ソリオでは売れ筋グレードにマイルドハイブリッドが搭載され、WLTCモード燃費は19.6km/Lなので、ルーミーの18.4km/Lを上まわります。

 このようにソリオは、空間効率の優れた実用的で上質なコンパクトカーですが、クルマ好きの間では話題になりにくいです。そのために自動車媒体にはあまり掲載されませんが、ファミリーカーとしての商品力は高いです。

■ホンダ シャトル/5ナンバーサイズで実用性が高い地味ワゴン

■ホンダシャトル/2021年1~2月の平均登録台数:1231台

1.5Lのガソリンエンジンと1.5Lエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドを設定する

 シャトルは5ナンバーサイズに収まる唯一のワゴンです。全長は4440mmと短いですが、荷室は広いです。プラットフォームなどの基本部分は先代フィットと共通化しながら、荷室長は約300mm伸ばされました。

 燃料タンクを前席の下に搭載するので、荷室の床は低く、後席を畳むとさらに大容量の空間に変更できます。シャトルの車内はコンパクトワゴンとしては広いですが、全高も1545mmと高く、外観はズングリとした印象です。ワゴンらしい外観の伸びやかさは乏しいです。

 またホンダには、コンパクトミニバンのフリードや2列シートのフリードプラスがあります。シャトルは発売から6年近くを経過したこともあり、2021年の1か月平均登録台数は、1231台に留まりました。

 そのために地味な存在で自動車媒体にもあまり取り挙げられていませんが、運転のしやすさまで含めたワゴンの実用性は、今でもNO.1です。

■トヨタ パッソ/軽より安い!? コンパクトカーのなかでは買い得さが目立つ

■トヨタ パッソ:2021年1~2月の平均登録台数:2736台

先ごろ(2021年4月1日)一部改良を行って、Xグレードに予防安全機能の「スマートアシストIII」が設定され、全車で標準装備となった

 コンパクトカーは人気のカテゴリーで、新車として売られる小型/普通乗用車の約40%を占めます。そのために自動車媒体も積極的に扱いますが、中心車種はヤリス/ノート/フィットです。パッソはほとんど取り上げられません。

 パッソの標準グレードのボディサイズは、全長が3650mm、全幅も1665mmと小さいです。最小回転半径は4.6mなので、小回り性能は軽自動車並みに優れています。前後左右ともに視界も良く、縦列駐車や車庫入れを安心して簡単に行えます。

 また全高を立体駐車場が使いやすい1550mm以下に抑えながら、後席は意外に快適です。頭上と足元に相応の余裕があり、大人4名で乗車しても窮屈ではありません。

 価格も割安で、Xは126万5000円です。軽自動車のタントXが149万500円なので、パッソはコンパクトカーの中でも特に安いです。しかし、走行性能、乗り心地、質感に不満が伴うこともあり、自動車媒体にはなかなか掲載してもらえませんが、日常的な買い物などには使いやすいです。

■ダイハツ ミライース/低燃費で低価格な軽自動車の本質

■ダイハツ ミライース:2021年1~2月の平均登録台数:5012台

ボディが軽量で低燃費と軽快な走りを両立したミライース

 今は軽自動車の人気が高く、2020年に国内で新車として売られたクルマの37%を占めました。自動車媒体も軽自動車を積極的に扱いますが、そのカテゴリーは、N-BOXやタントのような好調に売れるスーパーハイトワゴン、ジムニーやタフトなどのSUV、S660やアルトワークスといったスポーティな車種が中心です。

 そこで目を向けたいのがミライースです。「低燃費で低価格」という軽自動車の本質を追求して開発され、2WDのWLTCモード燃費は25km/Lです。車両重量は実用装備を充実させたX・SAIIIでも670kgと軽く、運転感覚も軽快です。

 さらに全高を立体駐車場が使いやすい高さに抑えながら、後席の頭上と足元にも相応の余裕を持たせました。価格はX・SAIIIが110万2200円と安いので、街中を中心に使うユーザーには、経済的で推奨度も高いです。

■生産終了した地味なモデル

■プレミオ&アリオン/地味セダンの代表格

2021年3月末で生産終了したプレミオ。2001年にコロナプレミオのあとを受け、初代プレミオが誕生。現行型は2007年に登場した2代目モデルとなる。2016年のマイナーチェンジでエクステリアの重厚感が増した

プレミオとともに2021年3月末で生産終了となったアリオン。全長4590×全幅1695×全高1475mmと5ナンバーサイズを守る。発売から9年目となる2016年のマイナーチェンジで、より高級感のあるデザインに変更された

 最近、生産終了したモデルのなかにもあまり自動車メディアが取り挙げなかった地味なモデルがあった。

 まずはプレミオ&アリオン。2007年に発売されたセダンで、両車とも基本部分を共通化した姉妹車です。プレミオ&アリオンで最も注目されたのは、ホイールベースを2700mmと長く確保しながら、ボディを5ナンバーサイズに収めたことです。

 運転しやすく、なおかつ広い室内を備えていました。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は、握りコブシ2つ半に達します。Lサイズセダン並みで、ゆったりと快適に移動できました。

 今は5ナンバーサイズのセダンが激減して、継続生産型のカローラアクシオのみになっています。自動車媒体が取り上げることも、ほとんどありませんが、プレミオ&アリオンは国内市場に欠かせない実用セダンでした。

■プリウスα/7人乗りもあった密かな人気車

2021年3月をもって生産終了となったプリウスα。先代プリウスをベースとした使い勝手に優れるモデルとして人気を博したが、近年は販売が減少していた

 先代プリウスをベースに開発されたワゴンで、ホイールベースが長く、広い後席と荷室を備えていました。4名乗車が快適で、荷室に小さな3列目シートを装着した7人乗りもありました。

 発売されたのは2011年で、2012年には、プリウスαのみで1か月平均の登録台数が1万台を超えました。プリウス全体の約40%をαが占めていたのです。

 しかしこの後、ヴォクシー&ノア、シエンタ、カローラフィールダーなど、空間効率の優れたさまざまなトヨタ車にハイブリッドが用意されました。それに従ってプリウスαの売れ行きも下がり、自動車媒体の掲載も減りました。

 つまりプリウスαは、ハイブリッドのメリットを多くのユーザーに伝えて、搭載車種が増えるきっかけも作り、役目を終えたといえるでしょう。

プリウスα 7人乗り仕様の室内。3列目を取り払った5人乗り仕様もラインナップし、居住性の面ではプリウスシリーズ随一だった

【画像ギャラリー】メディアで見る機会が少ないクルマの画像はこちら!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します