サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ、米国にリチウムイオン電池の新工場建設 単独で電池生産 今後10年で3800億円投資 2025年からHV用を生産開始

ここから本文です
トヨタ自動車は10月18日、車載用電池生産のため今後10年間で約3800億円を米国に投資すると発表した。リチウムイオン電池の新工場を建設し、2025年から稼働させる。同社は電池の開発や生産に向こう10年間で約1兆5000億円(用地・建物の費用をのぞく)をグローバルで投資する方針を表明済み。今回の米国投資はこの一環となる。

トヨタの北米事業体であるトヨタ・モーター・ノースアメリカ(TMNA)が90%、豊田通商が10%を出資して新会社を米国で設立し、工場を25年から稼働させる。資本金や工場の立地、事業構造や生産能力などは改めて公表する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン