現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 果たして「ソニーホンダ」の今後はどうなるのか? 米アップル「自動運転」EVビジネスから撤退は大英断となる!?

ここから本文です
果たして「ソニーホンダ」の今後はどうなるのか? 米アップル「自動運転」EVビジネスから撤退は大英断となる!?
写真を全て見る(5枚)

 突如として米国アップル社が10年以上取り組んできたEV開発から撤退すると大々的に報じられた。今後、アップルは生成AIに開発資源を転換すると報じたが、そうなると気になるのがソニーホンダの動向だ。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

アップルがEV事業から撤退!! トヨタやホンダと協業の可能性も……国産メーカーが一蹴した驚きの戦略とは?
アップルがEV事業から撤退!! トヨタやホンダと協業の可能性も……国産メーカーが一蹴した驚きの戦略とは?
ベストカーWeb
中古BEV相場は急落する? 必要なのは「長く安心して使える制度」と「ブロックチェーン」
中古BEV相場は急落する? 必要なのは「長く安心して使える制度」と「ブロックチェーン」
ベストカーWeb
日本車第三勢力、マツダとスバルの「生きる道」…とは?【短期集中連載:第六回 クルマ界はどこへ向かうのか】
日本車第三勢力、マツダとスバルの「生きる道」…とは?【短期集中連載:第六回 クルマ界はどこへ向かうのか】
ベストカーWeb
アップルがEV事業からの撤退を決断! EVの時代はこれからなのに10年も進めてきたプロジェクトをいまやめる理由
アップルがEV事業からの撤退を決断! EVの時代はこれからなのに10年も進めてきたプロジェクトをいまやめる理由
WEB CARTOP
日産とホンダが歴史的な提携に向けた話し合いを開始!! 組み合わさると強い分野と超絶合わないところ
日産とホンダが歴史的な提携に向けた話し合いを開始!! 組み合わさると強い分野と超絶合わないところ
ベストカーWeb
ランドクルーザー250を本気で買いに行ってきた! すでに[完売] これから[抽選販売] [まだ買える] 販売店によって違いすぎる売り方に驚愕!
ランドクルーザー250を本気で買いに行ってきた! すでに[完売] これから[抽選販売] [まだ買える] 販売店によって違いすぎる売り方に驚愕!
ベストカーWeb
EVの下取り価格が激減するって…マジ?? それとも大丈夫??
EVの下取り価格が激減するって…マジ?? それとも大丈夫??
ベストカーWeb
イケイケだったテスラに何があった? イーロンマスクが1.5万人規模のリストラを発表!
イケイケだったテスラに何があった? イーロンマスクが1.5万人規模のリストラを発表!
THE EV TIMES
今度のCEV補助金は日本メーカーが圧倒的に有利! 純エンジン車もHEVもいいけどいまこそBEVの車種拡充も頼む!!
今度のCEV補助金は日本メーカーが圧倒的に有利! 純エンジン車もHEVもいいけどいまこそBEVの車種拡充も頼む!!
WEB CARTOP
[新型フリード]に対する元ホンダ社員のギモン……ホンダ独自の[センタータンクレイアウト]は新型フリードで採用されるのか?
[新型フリード]に対する元ホンダ社員のギモン……ホンダ独自の[センタータンクレイアウト]は新型フリードで採用されるのか?
ベストカーWeb
テスラ、EV販売低下で人員削減へ 約1万4000人に影響か マスクCEO「コスト削減と生産性向上のため」
テスラ、EV販売低下で人員削減へ 約1万4000人に影響か マスクCEO「コスト削減と生産性向上のため」
AUTOCAR JAPAN
新事実[ロードスターは世界一] ナンバーワンのスポーツカーである8つの理由
新事実[ロードスターは世界一] ナンバーワンのスポーツカーである8つの理由
ベストカーWeb
おいおいこれじゃプラモデルだよ! 日産の次世代のクルマの組み立て方がバグってないか
おいおいこれじゃプラモデルだよ! 日産の次世代のクルマの組み立て方がバグってないか
ベストカーWeb
中国製BEVの進出にEUが排除ともとれる動き! 日本メーカーの静観は賢い選択
中国製BEVの進出にEUが排除ともとれる動き! 日本メーカーの静観は賢い選択
WEB CARTOP
ワーゲンバス復活キター! しかもBEVで来るとかマジかよ VWから発表された新型BEV2種がええなぁー
ワーゲンバス復活キター! しかもBEVで来るとかマジかよ VWから発表された新型BEV2種がええなぁー
ベストカーWeb
14代目クラウンはベンツ BMWを蹴散らしたのか? 走りの進化は歴代最高! 注目のハイブリッド試乗プレイバック
14代目クラウンはベンツ BMWを蹴散らしたのか? 走りの進化は歴代最高! 注目のハイブリッド試乗プレイバック
ベストカーWeb
見えた!! 新型マツダ6セダン? 北京モーターショーでの公開前にマツダez6テストカーをスクープ!!! 謎の新型SUVの姿も……!
見えた!! 新型マツダ6セダン? 北京モーターショーでの公開前にマツダez6テストカーをスクープ!!! 謎の新型SUVの姿も……!
ベストカーWeb
クルマの雑学面白すぎ 意外な意味が潜む自動車メーカー[ロゴ]の由来とは
クルマの雑学面白すぎ 意外な意味が潜む自動車メーカー[ロゴ]の由来とは
ベストカーWeb

みんなのコメント

34件
  • sak********

    アップルがBEVの開発を中止した 。
    アップルもようやく気付いたようだね。…(笑)
    自分の売っているスマホやノート・パソコンの電池でさえ、うまく行かないのにどうして「自動車ならうまく行くかも?」なぞと思ったのだろうか?

    過去に何度も書いているのだが、BEVがこの世に出たのはエンジン車よりも6年も早い130年前の事だ。
    だがBEVの宿痾ともいえる「7つの不都合な真実」により、6年後に世に出たエンジン車にあっという間に駆逐されてしまい、現在に至っている。
    その7つとは…
    ※ 130年前のBEVの7つの不都合な真実…
    ① 重たすぎる
    ② 高価すぎる
    ③ 走行距離が短かすぎる(長くすれば電池重量が過大→① へ戻る)
    ④ 充電時間が長すぎる(急速充電は電池寿命を短縮)
    ⑤ 電池寿命が短かすぎる
    ⑥ 寒冷に弱すぎる
    ⑦ 産廃処理が困難すぎる
    つまり、130年後の今も同じだ。…(笑)

  • dor********
    世界を席巻したEVブームはモビリティーとしての形状やメーカーの個性云々の前に百数十年前に発明された「電池」としての性能が殆ど進化しておらずここ数年で飛躍的な進化が望めない現実を世間が知ってしまった出来事で収縮してしまいましたとさ、それに自動運転は機械に運転任せられるほどテクノロジーが進化しておらず下手な事は言わなから運転手にお願いしとけな状態
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村