現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 特定原付「ENNE T250 下取りキャンペーン」を4/15で終了

ここから本文です

特定原付「ENNE T250 下取りキャンペーン」を4/15で終了

掲載 2
特定原付「ENNE T250 下取りキャンペーン」を4/15で終了

株式会社ENNE は、特定原付 ENNE T350 Pro の先行販売に合わせ実施している「ENNE T250 下取りキャンペーン」を2024年4月15日(月)で終了する旨発表した。下取りを希望される方は早めに申し込もう。

大幅値引き中のENNE T350 Proの需要が多すぎるためT250下取りキャンペーンを4月15日で終了いたします。当社の推計では特定原付の市場はまだ年間で1万5千台程度(ENNE1万台 JEMPA加盟店合計3千台 その他2千台)であると推計しておりましたため下取りキャンペーンを行ってきました。現在市場規模はかなり拡大しているようで当社の予測をはるかに上回っております。当社は既にご注文いただいたお客様の納期を遵守するため下取りキャンペーンを今月15日でいったん終了いたします。下取りご希望のお客様は15日までにお申し込みください。

イベントレポートや人気モデルの足つきをチェック

2023年6月に販売を開始したENNE T250は特定原付で唯一のペダル付き車種として販売初日に1000台、累計で10000台を超える大ヒットとなりました。

ENNE T250は特定原付という性質上ペダルをタイヤに連結することができない構造の中でどのように航続距離を伸ばすかということをテーマに開発された機体です。この発電機構は特許も取得しており、発電能力については先代のT250でも賞賛の声を多くいただいておりますが、この度、発電量を8倍に向上させ、モーターも250Wから350WへパワーアップをさせたENNE T350 Proを発売いたします。

ENNE T350 Proはリアキャリアに本機専用のコンバーターキットを搭載することにより、50RPMから100RPMのケイデンスで発電機を回すことで、発電機はバッテリーと同程度の電圧を生成することが可能となりました。50RPMから100RPMのケイデンスはゆっくり自転車をこぐくらいのスピードです。ペダルの重さは必要な電力により変化しますが、ギアなしの自転車を平坦な場所で漕ぐくらいの負荷となります。

もちろん新設計のアクセルを回すだけで電動バイクのように乗ることも可能です。

ENNE T350 Pro先行販売価格発表から多くのお問い合わせをいただいているENNE T350 Proの先行販売価格が決定いたしました。

■台数無制限/35%オフ 18万2,000円 ポンタポイントでさらにここから大幅割引
ポンタポイントは下記から
・URL/https://www.ponta.jp/c/campaign/enne_2403/
前回のT250は販売開始10分程度で用意した500台が売り切れました。その時は急遽販売枠を拡大し対応いたしましたが、今回は500台で打ち止めとなりますのでご了承ください。また、今回も即日完売が予想されますのでご興味のある方は3月1日の発売直後を狙っていただきますようお願い申し上げます。

T350 ProとT250の発電量比較発電機能の使い方
普段はアクセルを使って電動バイクとして使用していただけます。毎日使うものですので時には充電を忘れた・充電する時間がない・思わぬ遠出をしてしまったということもあると思います。

キックボードタイプや他の自転車タイプの特定原付ではバッテリーを長持ちさせる機能がそもそもついていません。

特定原付のバッテリーが切れてしまえば、ただの重い荷物になってしまいます。そんな時、ENNE T350Proならペダルをこぐことにより残りのバッテリー消費を劇的に減らすことができますのでバッテリー切れという最悪の事態を回避することができます。

この発電機構は当社が特許を取得しております。(特許7387218)

また、特定原付に使用されるモーターでも回生ブレーキを搭載することは可能ですが通常は25km/h以上で走行していないとほとんど電力を発生しないばかりか、内部構造の複雑化により故障リスクが大きく跳ね上がります。ENNEは特定原付における航続距離向上に最も適した形は発電ユニットの搭載であるという結論にたどり着きました。

ENNE T350 Pro専用コンバーターユニット本コンバーターユニットはENNE専用に開発いたしました。ENNE T350Proはバイクのように走行することも可能ですが、ペダルをこぐことで発電を行い、バッテリー寿命を2倍に伸ばすことが可能な仕組みを持っています。

カラーバリエーションスペック・速度モード/6km/h,20km/h
・重量(KG)/18kg
・組み立て時サイズ(mm)/1360×570×1040
・折り畳み時サイズ(mm)/750×500×600
・タイヤサイズ(インチ)/14×1.95
・純電気航続距離(KM)/50-70
・最大航続距離(KM)/100-140
・車体最大荷重(KG)/150 kg
・適用身長(CM)/140 ~210 cm
・定格出力(W)/350W
・瞬間最大電力(W)/700W
・発電機定格出力(W)/350W
・対応地形/都市/山地
・バッテリー/Panasonic等 14Ah/10.4Ah
・フレーム素材/アルミニウム合金
・防水レベル/IP54
・製品保証/フレーム2年間 バッテリー・モーター1年
・車体色/ホワイト/ブラック/ベージュ/ブルー
・ブレーキタイプ/ディスクブレーキ
・灯火類/LED
※蓄電池に関しては基本はPanasonic製を使いますが、原料確保の都合で同等性能の他社製品(LG、SAMSUNG他)を使用する場合があります。
※航続距離は体重や道路状況等によるため保証するものではありません。
※スタンドはサイドスタンドとなることがあります。
※走行時は自賠責書類を携帯してください。
※ヘルメットは努力義務
※16歳以上の方のみ運転できます。免許は不要です。
※その他道路交通法に違反する何れの行為もしないようお願い申し上げます。

リリース株式会社ENNE(2024年4月8日発行)

関連タグ

こんな記事も読まれています

新東名の建設現場や東名の裏側も! 夏休みは小学生限定の「ハイウェイみて!みて!ツアーズ」で高速道路を楽しもう。
新東名の建設現場や東名の裏側も! 夏休みは小学生限定の「ハイウェイみて!みて!ツアーズ」で高速道路を楽しもう。
くるくら
フィアットが「グランデパンダ」を発表。1980年代の名車、初代パンダが少し大きくなって復活!?
フィアットが「グランデパンダ」を発表。1980年代の名車、初代パンダが少し大きくなって復活!?
Webモーターマガジン
フェンダーミラーの「激低パトカー」スゴすぎる存在感! 車歴30年でも「走行距離こんなもん?」なワケ
フェンダーミラーの「激低パトカー」スゴすぎる存在感! 車歴30年でも「走行距離こんなもん?」なワケ
乗りものニュース
トヨタ『クラウン・シグニア』…米版エステートは全車AWDや広大な荷室が特徴
トヨタ『クラウン・シグニア』…米版エステートは全車AWDや広大な荷室が特徴
レスポンス
新型MINI「エースマン」が日本上陸! EV専用のクロスオーバーモデルで価格は491万円から。
新型MINI「エースマン」が日本上陸! EV専用のクロスオーバーモデルで価格は491万円から。
くるくら
約2年ぶり復活! ホンダ新型「すごいSUV」実車公開! 24年夏発売のスタイリッシュマシン! ちょっとビッグな「CR-V」登場
約2年ぶり復活! ホンダ新型「すごいSUV」実車公開! 24年夏発売のスタイリッシュマシン! ちょっとビッグな「CR-V」登場
くるまのニュース
今年のスパは初の8時間耐久! EWC第2戦はガス欠でぶっつけ本番予選の大波乱!? レーシングライダー石塚健のレースレポート
今年のスパは初の8時間耐久! EWC第2戦はガス欠でぶっつけ本番予選の大波乱!? レーシングライダー石塚健のレースレポート
バイクのニュース
【トライアンフ】5/19開催のチャリティライドイベント「DGR」に世界105カ国11万3,000人のライダーが参加
【トライアンフ】5/19開催のチャリティライドイベント「DGR」に世界105カ国11万3,000人のライダーが参加
バイクブロス
3000万円てマジか…… と思ってたのは序の口だった!! 「最後の」中古NSXタイプRを追いかけた[復刻・2013年の話題]
3000万円てマジか…… と思ってたのは序の口だった!! 「最後の」中古NSXタイプRを追いかけた[復刻・2013年の話題]
ベストカーWeb
安全性に勝るものはなし! 法規は満たしているけど……デザイン優先の低すぎるリヤのウインカーはやめるべき!!
安全性に勝るものはなし! 法規は満たしているけど……デザイン優先の低すぎるリヤのウインカーはやめるべき!!
WEB CARTOP
2択アンケート「気筒数は多い方がいい? 少ない方がいい?」【クルマら部 車論調査】
2択アンケート「気筒数は多い方がいい? 少ない方がいい?」【クルマら部 車論調査】
レスポンス
キャデラック2号車、ル・マン一時トップも7位フィニッシュ。アレックス・パロウ「ミックスコンディションで苦しんだ」
キャデラック2号車、ル・マン一時トップも7位フィニッシュ。アレックス・パロウ「ミックスコンディションで苦しんだ」
motorsport.com 日本版
アイコンたちが再会へ。ポルシェ ヘリテージ&ミュージアムが「ソリチュード・リバイバル」に登場
アイコンたちが再会へ。ポルシェ ヘリテージ&ミュージアムが「ソリチュード・リバイバル」に登場
LE VOLANT CARSMEET WEB
新規F1参戦アウディ、肝いりプロジェクトの命運を分けるのはサインツJr.の選択? 絶対に負けられない戦いがここにもある
新規F1参戦アウディ、肝いりプロジェクトの命運を分けるのはサインツJr.の選択? 絶対に負けられない戦いがここにもある
motorsport.com 日本版
“東北のトヨタ村”の願い「国道4号の4車線化」にメド 「冬がヤバイ」深刻ボトルネック解消なるか
“東北のトヨタ村”の願い「国道4号の4車線化」にメド 「冬がヤバイ」深刻ボトルネック解消なるか
乗りものニュース
松重豊さんと石橋貴明さんが語り尽くす! NISSAN ARIYA presents THE BATTERY をPodcastで
松重豊さんと石橋貴明さんが語り尽くす! NISSAN ARIYA presents THE BATTERY をPodcastで
月刊自家用車WEB
トンネルの「非常口」どこに繋がっているの? そもそもドアの開け方は? 通常は入れない「謎の施設」の内部とは
トンネルの「非常口」どこに繋がっているの? そもそもドアの開け方は? 通常は入れない「謎の施設」の内部とは
くるまのニュース
ホンダ新型「ヴェゼル」弟分の「WR-V」とは何が違う? 正常進化した“独自のハイブリッド”は静かで快適なのに走りが楽しい
ホンダ新型「ヴェゼル」弟分の「WR-V」とは何が違う? 正常進化した“独自のハイブリッド”は静かで快適なのに走りが楽しい
VAGUE

みんなのコメント

2件
  • can********
    サプライ関係を手動で対応しているのか、注文出しても返信も来ないのでイマイチ信用できない。ポイントつけますといっても使えそうな商品をアップしないうちに期限切れで使えなくするのもどうかと思う。
  • さくら
    金貰ってるからってこんな違法自転車として使われてる物の宣伝なんかすんなよ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村