サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパー耐久第4戦オートポリス:視界不良で1時間中断したレースでマクラーレンが初優勝

ここから本文です
 スーパー耐久シリーズ第4戦は、7月31日~8月1日にオートポリスにおいて5時間レースとして開催。前夜からの雨が残る中スタートし、視界不良のために約1時間中断したが、再開後は天候も回復。ST-Xクラス(6台)は81号車DAISHIN GT3 GT-R(大八木信行/青木孝行/藤波清斗/大八木龍一郎)がトップチェッカーを受けたが、レース後の再車検でウェイトハンデ重量不足で失格。2位ゴールの290号車Floral UEMATSU FG 720S GT3(浜野彰彦/澤圭太/川端伸太朗/井出有治)が繰り上がり優勝となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン