サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 多彩な日本車文化の象徴 王者になれなかった個性派ミニバンたち 4選

ここから本文です

 現在日本車のミニバンは、ラージサイズのアルファード&ヴェルファイア、ミドルサイズはヴォクシー三兄弟、セレナ、ステップワゴン、コンパクトサイズはシエンタとフリードが中心になっており、かなり淘汰が進んでいる。

 しかし、しばらく前までは個性的なモデルも少なくなく、ユーザーの選択肢も多かった。当記事ではそんな、主流になれなかったミニバンたちの個性と魅力を振り返ってみた。

日本ミニバン界の始祖 初代エスティマが起こした革命

 いつかまた再び、ミニバンのジャンルも(現在のSUVのように)多くのバリエーションが復活することはあるのだろうか。なかなか難しいとは思いつつ、しばし「逝きし日の面影」を振り返ってみたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ