サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーフォーミュラでの苦戦とレッドブル育成離脱……ティクトゥム、2019年は「今も納得できていない」

ここから本文です

 ダニエル・ティクトゥムは、スーパーフォーミュラに参戦するもシーズン途中でレッドブル育成から外された2019年を振り返り、今も不満が残っていると話した。

 レッドブル育成ドライバーだったティクトゥムは、2018年のヨーロッパF3でランキング2位を獲得。同年のF3マカオGPではマカオ2勝目を挙げた。F1昇格に向けた最後のステップとして、2019年はレッドブルの支援の下、TEAM MUGENからスーパーフォーミュラに参戦した。

■JRP、12月開催も視野にスーパーフォーミュラのカレンダー調整中「7戦はしっかり完結させたい」

 しかし、ティクトゥムは結果を残すことができず、3レースで1ポイントしか獲得できなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ