現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【Aクラスより小回りが効く】メルセデス・ベンツSクラス・プロトタイプへ試乗

ここから本文です
【Aクラスより小回りが効く】メルセデス・ベンツSクラス・プロトタイプへ試乗
写真を全て見る(4枚)

標準のSクラスとして初の四輪操舵

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)

【画像】Sクラス マイバッハ 競合モデル 全101枚

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)


メルセデス・ベンツは、7代目のSクラスでラグジュアリー・サルーンの動的性能へ革命を起こす、と表明している。過去のSクラスで、最もドライバーに焦点が向けられたモデルになるようだ。発表は2020年の9月、英国での発売は2021年初めとなる。

7代目では、AMG仕様を除くSクラスとして初めて四輪操舵システムを搭載。機敏なシャシー・セッテイングが与えられる。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

スイフトが売れに売れるインド市場! スズキがインドで最強を誇るワケ
スイフトが売れに売れるインド市場! スズキがインドで最強を誇るワケ
WEB CARTOP
トヨタが新型「3列“クラウン”SUV」発表! 豪華内装&オシャブルー新採用の高級仕様!? 機能面強化し中国で発売
トヨタが新型「3列“クラウン”SUV」発表! 豪華内装&オシャブルー新採用の高級仕様!? 機能面強化し中国で発売
くるまのニュース
唯一無二の個性派グラフィック! SHOEIが「Z-8」に新たなグラフィックモデル「BEAUT」を追加
唯一無二の個性派グラフィック! SHOEIが「Z-8」に新たなグラフィックモデル「BEAUT」を追加
バイクのニュース
<新連載>[サウンドシステム設計論]「パッシブ」と「アクティブ」、それぞれの利点と不利点とは?
<新連載>[サウンドシステム設計論]「パッシブ」と「アクティブ」、それぞれの利点と不利点とは?
レスポンス
アストンマーティンF1”後退説”にチーム代表反論「準備は順調。ホンダもやってくるし、アラムコもいる……魅力的な立場なはずだ」
アストンマーティンF1”後退説”にチーム代表反論「準備は順調。ホンダもやってくるし、アラムコもいる……魅力的な立場なはずだ」
motorsport.com 日本版
カワサキ「KLX300/SM」2025年モデル登場! パワフルな水冷292cc単気筒の“闘う4スト”に新色【北米】
カワサキ「KLX300/SM」2025年モデル登場! パワフルな水冷292cc単気筒の“闘う4スト”に新色【北米】
WEBヤングマシン
【買っておきたい21世紀名車】引き締まった体躯のドライバーズV8、メルセデス・ベンツC63AMG(W204)の肖像
【買っておきたい21世紀名車】引き締まった体躯のドライバーズV8、メルセデス・ベンツC63AMG(W204)の肖像
カー・アンド・ドライバー
マツダ新型「ロードスター”最強形態”」実車公開! 驚きの「2.0リッターエンジン」搭載車! 爆速仕様&技術結集の「スピリットRS」が展示中
マツダ新型「ロードスター”最強形態”」実車公開! 驚きの「2.0リッターエンジン」搭載車! 爆速仕様&技術結集の「スピリットRS」が展示中
くるまのニュース
トヨタ新型「クラウンシグニア」米国で登場 日本でもまもなく登場予定の新型「クラウンエステート」の気になる価格とは
トヨタ新型「クラウンシグニア」米国で登場 日本でもまもなく登場予定の新型「クラウンエステート」の気になる価格とは
VAGUE
“ジープ顔”の「ジムニー」実車公開! バックパックも装備で“めちゃ便利”! まるで“アメ車”な“スズキ車”登場
“ジープ顔”の「ジムニー」実車公開! バックパックも装備で“めちゃ便利”! まるで“アメ車”な“スズキ車”登場
くるまのニュース
トヨタ「GR86」スバル「BRZ」の排気量を2.5リッター化し耐久性も強化! HKSからショートブロック発売!
トヨタ「GR86」スバル「BRZ」の排気量を2.5リッター化し耐久性も強化! HKSからショートブロック発売!
くるまのニュース
ヤマハ「アクシスZ」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ヤマハ「アクシスZ」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
見た目はワイルド! 車内は快適! 三菱 デリカD:5がベースのキャンパー
見た目はワイルド! 車内は快適! 三菱 デリカD:5がベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
「クルマは一流、運転マナーは三流」 そんな日本にとって、生活道路“時速上限30km”は福音となるのか?
「クルマは一流、運転マナーは三流」 そんな日本にとって、生活道路“時速上限30km”は福音となるのか?
Merkmal
[新型カムリ]は優しい顔で復活!? 3代目は最も高級路線な1台だった!! カムリで見る日本の変化
[新型カムリ]は優しい顔で復活!? 3代目は最も高級路線な1台だった!! カムリで見る日本の変化
ベストカーWeb
結局車載ナビとスマホナビってどっちがいいん!? いまんとこグーグルマップ内蔵がベストなワケ
結局車載ナビとスマホナビってどっちがいいん!? いまんとこグーグルマップ内蔵がベストなワケ
ベストカーWeb
ますます精悍に! よりカッコよく!! 内装やホイールを新設定した[BMW3シリーズ]と[ツーリング]が欧州で一部改良!!
ますます精悍に! よりカッコよく!! 内装やホイールを新設定した[BMW3シリーズ]と[ツーリング]が欧州で一部改良!!
ベストカーWeb
3代目マツダCX-5は独自のハイブリッド搭載で2026年デビュー!
3代目マツダCX-5は独自のハイブリッド搭載で2026年デビュー!
グーネット

みんなのコメント

5件
  • 現行Sクラスの最小回転直径が10.2Mだから、新型Sクラスは、10.2m-2m=8.2m
    見慣れている、最小回転半径で表すと、4.1mになる。 本当か?
  • 低速時は逆位相の車はこれまでもあったけど、壁とか路肩に寄せたらハンドル切って出られなくなったりしないのかな?
    その時はオフにできたりと、ぬかりないのかな?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1518.02233.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.81930.0万円

中古車を検索
Sクラスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1518.02233.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.81930.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村