現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 小は大を兼ねる!?  やっぱり日本人には「5ナンバー」が絶対いい! 

ここから本文です

小は大を兼ねる!?  やっぱり日本人には「5ナンバー」が絶対いい! 

掲載 49
小は大を兼ねる!?  やっぱり日本人には「5ナンバー」が絶対いい! 

 現在の一般車は3ナンバーが優勢にある。しかし、ちょっと小さい5ナンバー車にだってメリットはたくさんある! 今回は、5ナンバーと3ナンバーの違いや5ナンバー車のいいところを見ていこう!

文/長谷川 敦、写真/スズキ、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、写真AC

小は大を兼ねる!?  やっぱり日本人には「5ナンバー」が絶対いい! 

■5ナンバー車の定義とは?

クルマの使用の本拠(地名)の横にある3桁の数字が用途や種別を表す分類番号。この一番左の数字が5であれば、そのクルマは5ナンバー車ということになる

 公道を走る車両に装着が義務づけられているナンバープレート。その上段、登録場所を示す地名の右に3桁の数字が記されている。この数字は車両の種類(自家用か業務用、公務用など)を表しているのだが、いわゆる普通車には3桁数字の最初が5のものと3のものがある。

 これが車体の区分を意味していて、簡単にいえばナンバーの頭が5から始まるクルマは車体が小さく、3から始まるクルマは大きい。もちろん、車体サイズ以外にエンジンの大きさ(排気量)でもこの区分は適用される。

 ちなみに5ナンバー車の規定は以下のとおり。

・排気量:2000cc以下
・全長:4700mm以下
・全幅:1700mm以下
・全高:2000mm以下

 なお、たとえ車体サイズが5ナンバー規定以内であっても、エンジンが2000cc以上であればそのクルマ3ナンバー車になり、エンジンが小さくても車体サイズが規定より大きいとやはり3ナンバーになる。

[articlelink]

■3ナンバー車の増加はどうして起こった?

 かつて公道を走っていたクルマは5ナンバーが圧倒的に多く、3ナンバー車の数はそこまでではなかった。これは、大型の3ナンバー車は販売価格が5ナンバー車に比べて高額なこと、そして自動車税額が5ナンバー車よりずっと高かったことが要因だった。

 つまり、3ナンバー車を所有することは一種の富の象徴でもあり、憧れの的にもなっていた。

 だが、1989年に自動車税法が改正され、それまでは5ナンバー車の倍以上だった3ナンバー車の自動車税が大きく下がり、5ナンバー車との差額が少なくなった。

 これは税額の決定方法がボディサイズから排気量別に変更されたため。つまり、3ナンバーサイズのクルマであっても、エンジンが小さければ収める自動車税は少なくなる。税制の変更によって3ナンバー車購入に対する障壁は下がり、これが一気に3ナンバー車の台頭を進めることになった。

 エンジン、車体ともにサイズに余裕があって車種のバリエーションも豊富、大きさゆえに衝突安全性も確保しやすい3ナンバー車がより手軽に買えるとなれば、人気にならない理由はない。

 かくして現在では、5ナンバー車の象徴でもあったトヨタのカローラも3ナンバー化されるなど、3ナンバーが優位に立っている。

■それでも5ナンバーをおすすめする4つの理由

写真はトヨタシエンタの運転席から見た風景。5ナンバー車は車両感覚の把握が容易で、特に狭い道の多い市街地でその威力を存分に発揮してくれる

 3ナンバー車の攻勢によって肩身が狭くなりつつある5ナンバー車だが、それでもまだまだ優れた点が多いのも事実。ここからは5ナンバー車ならではの美点を見ていきたい。

■運転がラク

 狭い道の多い日本の市街地を走る場合、サイズの小さい5ナンバー車は車両感覚をつかみやすく、路地での運転がラクになる。

 もちろん、この点においてはよりサイズの小さい軽自動車のほうがさらに有利だが、5ナンバー車の室内は軽自動車よりも広くて安心感がある。

 つまり、3ナンバー車よりも運転しやすく、軽自動車よりも余裕がある5ナンバー車は“イイトコどり”ともいえる。

■車両本体価格が低い

 5ナンバー車の販売価格は総じて3ナンバー車よりも低い。エンジンと車体が小さいことから材料費も3ナンバーより低くなるのがその理由のひとつだが、話はそこまで単純ではない。

 5ナンバー車といえども安全基準を満たし、さらに現代の乗用車に求められるクォリティを保つにはそれなりにコストがかかるのも事実。

 そこをメーカーの企業努力で抑えて5ナンバー車の低価格を実現している。これはメーカーが5ナンバー車を大事に考えていることの証拠でもある。

■税金が安い

 現在の自動車税は車体サイズではなく、エンジンの排気量を基準に決められている。つまり、車体サイズが5ナンバー枠内であってもエンジンの大きいクルマの税額は高くなるのだが、その場合は3ナンバー車扱いになるので、やはり5ナンバー車の税金は安いといえる。

 現在の自動車税額はエンジン排気量1L以下から6L以上まで、2万5000~11万円の幅がある。

 ちなみにBEV(バッテリー電気自動車)は排気ガスを出さないため1L以下に分類される。

 そして忘れてはならないのが自動車重量税。こちらは車重によって税額が変化するが、多くの5ナンバー車は3ナンバー車より軽く、重量税も安くなる。

■燃費がいい

 これも例外はあるものの、エンジン排気量が小さく車体も軽めの5ナンバー車は燃費に優れていることが多い。

 近年ガソリンの価格は高騰気味で変動も大きいことが低燃費の5ナンバー車が持つ有利性を高めるはずだ。

■注目の現行5ナンバーモデル6選

 最後は現在でも普通に購入できる5ナンバー車をピックアップして紹介しよう。クルマの購入を考えている人にとって、ここで紹介する5ナンバー車は選択肢になるにふさわしい魅力がある。

■日産ノート

 ガソリンエンジンで発電して電動モーターで走行するe-POWERでも注目を集めた日産のノート。

 現行型は2020年登場の3代目で、2024年1月からマイナーチェンジモデルがリリースされた。

 5ナンバーながらゆとりのある室内と、e-POWERを筆頭にした動力系の良さが高く評価されている。

■トヨタアクア

 トヨタの誇るコンパクトHV(ハイブリッド)モデル。高い燃費性能と、日本の道路事情に適したサイズがウケて好調なセールスを続けている。

 バリエーションが豊富であり、走りに特化したGR(GAZOO Racing)Sportモデルもラインナップされている。

■トヨタシエンタ

 カテゴリーはミニバンに属するが、5ナンバー枠に収まるコンパクトなボディは使い勝手に優れていて運転もしやすい。

 多人数が乗車できる3列シートもファミリー層に好評だ。

■マツダMAZDA2

 かつてはデミオと呼ばれていたのがこのMAZDA2。2019年のモデルチェンジから海外向けと同じ名称のMAZDA2に統一された。

 デミオ時代からコンパクトカーとしての総合性能の高さは定評あるもので、それはMAZDA2になっても変わらない。

 通常のガソリンエンジンモデルに加えてディーゼルターボバージョンも販売されている。

■スズキジムニーシエラ

 軽SUVの代表格ともいうべきジムニーの普通車バージョンがシエラ。

 1.5L直4エンジンを搭載し、タフな足回りと4WDが悪路走行も難なくこなしてくれる。

 街乗り用でこのジムニーシエラを愛用しているユーザーも多い。

■ホンダフリード

 現在のホンダ製5ナンバー車はこのフリードとコンパクトカーのフィットのみ。

 フリードも前出のトヨタ シエンタ同様にミニバンに属するが、5ナンバー枠に収まっており、使い勝手はいい。

 現行型は2016年登場の2代目で、3列シートのフリードと2列シートのフリード+(プラス)が販売されている。

こんな記事も読まれています

50万以上安くなるってマジ!? [新型フリード]安く買うならテクニック必須!! ベースグレードだってオプションでなんとかなるのよ!!
50万以上安くなるってマジ!? [新型フリード]安く買うならテクニック必須!! ベースグレードだってオプションでなんとかなるのよ!!
ベストカーWeb
ハイエースタイプ最高クラスの広さが自慢! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
ハイエースタイプ最高クラスの広さが自慢! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
え、キャリイがジムニー並みのオフローダー!? フツーの人が軽トラを買うワケ
え、キャリイがジムニー並みのオフローダー!? フツーの人が軽トラを買うワケ
ベストカーWeb
MINI、日本初公開モデルをお披露目!東京・渋谷で試乗もできる体感イベント開催
MINI、日本初公開モデルをお披露目!東京・渋谷で試乗もできる体感イベント開催
グーネット
フィアット「500(チンクエチェント)/500C」国内販売終了。累計販売13万台の人気車
フィアット「500(チンクエチェント)/500C」国内販売終了。累計販売13万台の人気車
グーネット
いよいよガソリンはリッター200円に!? 補助金の終了が間近に迫ってきた!
いよいよガソリンはリッター200円に!? 補助金の終了が間近に迫ってきた!
ベストカーWeb
1900馬力のピニンファリーナ「バッティスタ」と10台限定の「B95」が日本上陸! イタリア大使館でお披露目された超弩級ハイパーカーとは
1900馬力のピニンファリーナ「バッティスタ」と10台限定の「B95」が日本上陸! イタリア大使館でお披露目された超弩級ハイパーカーとは
Auto Messe Web
日産エクストレイルがマイナーチェンジ。合わせて90周年記念車をリリース
日産エクストレイルがマイナーチェンジ。合わせて90周年記念車をリリース
カー・アンド・ドライバー
カマルザマン「ドライのマップに変えた」と雨の決勝でベテランの技。Team Frontierは8耐トライアウト首位通過
カマルザマン「ドライのマップに変えた」と雨の決勝でベテランの技。Team Frontierは8耐トライアウト首位通過
AUTOSPORT web
急きょ出場のデビュー戦でファステストラップの爪痕「シングルシーターでも速いことを示せた」バーニコート/SF第2戦
急きょ出場のデビュー戦でファステストラップの爪痕「シングルシーターでも速いことを示せた」バーニコート/SF第2戦
AUTOSPORT web
可能性は感じる ケド「宿題」も多い オモダ5 プロトタイプへ試乗 1.6Lターボの新型SUV
可能性は感じる ケド「宿題」も多い オモダ5 プロトタイプへ試乗 1.6Lターボの新型SUV
AUTOCAR JAPAN
過去最高! 2630台を3カ月で販売したランボルギーニが2024年も好調な業績を維持している理由とは
過去最高! 2630台を3カ月で販売したランボルギーニが2024年も好調な業績を維持している理由とは
Auto Messe Web
深夜バス相次ぎ廃止 一般系統も“整理”へ 京成バスダイヤ改正
深夜バス相次ぎ廃止 一般系統も“整理”へ 京成バスダイヤ改正
乗りものニュース
1200馬力超え“V12”搭載! 「クワッド“バイク”」世界初公開! バイクとクルマ混ぜちゃった! パワーウエイトレシオ1kg/hpの“絶叫マシン”「エングラー V12」英で発表
1200馬力超え“V12”搭載! 「クワッド“バイク”」世界初公開! バイクとクルマ混ぜちゃった! パワーウエイトレシオ1kg/hpの“絶叫マシン”「エングラー V12」英で発表
くるまのニュース
ストロール、優れたタイヤ管理と戦略で入賞「ニコや裕毅をパスできて楽しかった」アストンマーティン/F1第7戦
ストロール、優れたタイヤ管理と戦略で入賞「ニコや裕毅をパスできて楽しかった」アストンマーティン/F1第7戦
AUTOSPORT web
日本限定の『コンチネンタルGTアズール』がベントレー&マリナーから登場。世界10台のみ、4165万円
日本限定の『コンチネンタルGTアズール』がベントレー&マリナーから登場。世界10台のみ、4165万円
AUTOSPORT web
世界に1台 超高級車ブランド「オーダーメイド」に注力 ロールス・ロイス本社工場拡張へ
世界に1台 超高級車ブランド「オーダーメイド」に注力 ロールス・ロイス本社工場拡張へ
AUTOCAR JAPAN
なつかしの「Auto Roman」といえばアルピナ!「ウルフカウンタック」1号車を日本に持ち込んだ名ショップのいまを紹介
なつかしの「Auto Roman」といえばアルピナ!「ウルフカウンタック」1号車を日本に持ち込んだ名ショップのいまを紹介
Auto Messe Web

みんなのコメント

49件
  • ******
    やはり車幅2メートルのアルファードは邪魔
  • motorider
    昔、こんな標語がありました。狭い日本。そんな急いで何処に行く。クルマばかり大きくなっても道路の幅は変わりません。ドライバーの技術が向上しているならまだしも、左のミラーを使いこなせないドライバーが増えてすれ違うのも苦労する有り様。酷いドライバーは道路の真ん中を走ってくる。オイオイ何処の生まれだよ。車両感覚が無かったクルマなんて乗らず自転車乗ってろ!
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村