サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 意外と敷居が低かった? まるで映画のような「クラシック・キャンピングトレーラー」が今人気を集める理由とは

ここから本文です

キャンピングカーの老舗「ハイマー」社の名作「エリバ」が人気

 1台ですべてをこなせる「キャンピングカー」もいいけれど、普段の愛車に「ヒッチメンバー」だけ取り付けておけば、キャンプのときだけ牽引して快適スペースを手に入れられる「キャンピングトレーラー」も魅力的な選択肢のひとつだろう。

気がつけばとんでもない請求額に! 購入したら意外と使わなかった「キャンピングカーの装備」10選

 日本ではトレーラー重量が750kg以下なら牽引免許は不要で、普通免許と保管場所があればOK。自動車税もこのサイズなら毎年1万円程度で、2年に1度の車検に必要な法定費用も2万円程度と、維持費用もお手ごろな範囲内といえる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン