サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【日本車ばかりなぜCVT?】ATとCVTの長所と短所最新版 結局どっちがいい?

ここから本文です
 トランスミッションは日々進化を続けている。ATはメルセデスベンツとFCAが9速ATをリリース、トヨタとアイシンAWがレクサスLC、LSに10速ATを採用し、GMとフォードも手を組んで縦置き用10速ATを開発、ホンダも横置き用10速ATを登場させている。

 いっぽう、CVTも日産とジヤトコが共同開発した副変速付きCVTは、数値が大きいほど性能がいいとされるレシオカバレッジの数値が8.7に広がり、レクサスUXのダイレクトシフトCVTも7.56と8速ATに迫るなど確実に進化を続けている。

おすすめのニュース

サイトトップへ