サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ「デイズ」を捨てた? 絶好調「日産ルークス」が名前を変えた「紳士的」な理由

ここから本文です

 デイズの名が付くためルークスの販売台数も合算していた

 2020年2月に日産デイズルークスがフルモデルチェンジを行い、車名をルークスに変更した。この背景には複数の理由がある。

200万円台も増えてきた高額軽自動車がなぜ好調に売れるのか

 まず「ルークス」の車名が市場に浸透して、認知度も高まったことだ。過去を振り返ると、日産は三菱と合弁会社のNMKVを立ち上げて、新しい軽自動車の開発に乗り出した。その結果、2013年6月にデイズ、続けて2014年2月にデイズルークスを発売している。それまでの日産は、スズキ・パレットのOEM車をルークスの名称で売っていたが、2014年に発売したモデルはデイズと同じNMKVの共同開発車だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン