現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【Road Test】マセラティ MC20 チェロがオープンスタイルで実現した理想「稀有なしなやかさと開放感の共存」

ここから本文です

【Road Test】マセラティ MC20 チェロがオープンスタイルで実現した理想「稀有なしなやかさと開放感の共存」

掲載 1
【Road Test】マセラティ MC20 チェロがオープンスタイルで実現した理想「稀有なしなやかさと開放感の共存」

マセラティの新時代を象徴するスーパースポーツモデル、それがMC20である。ミッドシップレイアウトを採用し、自社開発の高性能3L V6ツインターボエンジンを搭載。クーペに続いて登場した、開放感溢れるコンバーチブルモデルのチェロに試乗した。(Motor Magazine 2023年1月号より)

クーペからの「派生」を感じさせない手の込んだ造り込み
ミッドシップスーパースポーツモデルをクーペからコンバーチブルにコンバートするだけならば、ボディから切り離したルーフに電動もしくは油圧式の開閉機構を装着して完成! というケースだって、なきにしもあらずだろう。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

だが、マセラティMC20のコンバーチブル版モデル「チェロ」にはそれとは別次元の、相当に手が込んだモディファイが施された。

そもそもMC20のカーボンモノコックは、一般的なモールド製法ではなくプリプレグ式。しかもクーペ版ではルーフ部分も応力を負担している。その不足分を補うためにチェロでは、カーボンファイバーを積層する向きなどを工夫して、コンバーチブルだからといって妥協のない高剛性を実現した。

エクステリアデザインそのものも、微妙に異なっている。クーペではほぼ直立していたCピラーをチェロで前傾気味に改めたのは、ルーフを開けた状態でも、AピラーからCピラーまでが流れる曲線でつながっているように見せるのが目的だ。

このアレンジを無理なく実現するため、前側のルーフを切り取るポイントにこだわった。フロントウインドウで立ち上がった曲線が、水平近くまで折れ曲がっていく部分が選ばれたという。

さらに、リアフェンダーの肩にあたる部分はクーペより3~4cmほど高くされたが、これはヘッドレストから後方に伸びるフェアリング部分とのつながりをよくするためだ。加えて、フェアリン
グ部分に見える3つの窪みは、通常ならフロントフェンダーに設けられるエアアウトレットを移設し
たもので、MC20チェロがミッドシップであることを示している。

荒れた路面でも乗り心地良し。深い安心感で満たしてくれる
MC20チェロの国際試乗会は、イタリアのシシリー島で開催された。かつてこの島で行われていた「タルガフローリオ」というレースで、マセラティは1937年から40年まで歴史的な4連覇を成し遂げている。

また、美しいワインディングロードからひどく舗装が荒れた路面まで、さまざまな環境でMC20チェロを堪能して欲しいとの思いから、開催地に選ばれたそうだ。こうした彼らの狙いは、見事に達成されたといっていい。

何よりも驚かされたのは、荒れた路面でも乗り心地が良好なことであり、そしてボディが底付きしにくいことだった。MC20チェロのサスペンションストロークは、スーパースポーツカーとしては異例に長く、これが極めて快適な乗り心地をもたらしていることは承知していたが、シシリー島の悪路では、その実力を改めて思い知らされた。

とにかく、深めのヘコみを車輪が通過したり大きな段差を乗り越えたりしても、直接的なショックを感じることは皆無で、滑らかな乗り心地に終始した。また、ときにはフロントの車高を上げるリフトアップも使用したが、大抵の場合は、これを使わなくてもアゴを摺ることはなかった。その意味でも、実用性は極めて高いといえる。

快適なグランドツアラーから、快速ワインディングダンサーに変身
そうした、しなやかな足まわりはワインディングロードでも良好なロードホールディング性を生み出し、安心感の強いハンドリングをもたらす。だが一方で、コーナリングを積極的に楽しもうとすると、反応がワンテンポ遅れる傾向が出てくる。

そんな時はドライビングモードをGTからスポルトに切り替えるとレスポンスが俊敏になり、次から次へと迫るコーナーをリズミカルにクリアできる。しかも、そういった状況でもスタビリティは一切失われず、ドライバーを深い安心感で満たしてくれる点がMC20チェロのもうひとつの魅力だ。

インテリアではドライビングモード切り替えが中央に液晶パネルを備えたものに変更されたが、同じダイヤルは2023年モデル以降のクーペにも採用予定だ。

オープンにすれば限りない開放感が味わえるMC20チェロは、マセラティらしいグランツーリスモとしての持ち味とスーパースポーツカーのパフォーマンスを併せ持つ、世界的にも極めて珍しいコンバーチブルモデルだといえる。(文:大谷達也/写真:マセラティ ジャパン)

マセラティMC20チェロ主要諸元
●全長×全幅×全高:4669×1965×1218mm
●ホイールベース:2700mm
●車両重量:1540kg
●エンジン:V6DOHCツインターボ
●総排気量:3000cc
●最高出力:470kW(630ps)/7500rpm
●最大トルク:730Nm/3000-5500rpm
●トランスミッション:8速DCT
●駆動方式:MR
●燃料・タンク容量:プレミアム ・60L
●タイヤサイズ:前245/35R20、後305/30R20

[ アルバム : マセラティMC20チェロ はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

大雨に注意!? セダンは「冠水路」に弱い!? 逆に「SUV」は強いの? 本当に沈めて分かった「実車テスト」の結果とは!
大雨に注意!? セダンは「冠水路」に弱い!? 逆に「SUV」は強いの? 本当に沈めて分かった「実車テスト」の結果とは!
くるまのニュース
現在もバイク、クルマを製造するメーカー! どっちを先に作り始めたのか?
現在もバイク、クルマを製造するメーカー! どっちを先に作り始めたのか?
バイクのニュース
さすがトヨタだ!! MR2に[スターレット]が2026年に復活か!? 3気筒ターボ[300馬力超え]で世界に飛び立つ
さすがトヨタだ!! MR2に[スターレット]が2026年に復活か!? 3気筒ターボ[300馬力超え]で世界に飛び立つ
ベストカーWeb
マツダ3&ロードスターによる過酷な挑戦! MAZDA SPIRIT RACINGの富士24時間レース【動画】
マツダ3&ロードスターによる過酷な挑戦! MAZDA SPIRIT RACINGの富士24時間レース【動画】
WEB CARTOP
今のF1は“天国から地獄”。フェラーリ代表が語る新常識「週末ごとにグリッドは変わる」前戦カナダでチームは突如失速
今のF1は“天国から地獄”。フェラーリ代表が語る新常識「週末ごとにグリッドは変わる」前戦カナダでチームは突如失速
motorsport.com 日本版
NEXCO中日本が新東名で自動運転専用レーン実験施設を初公開! 自動運転の路車間通信でも画期的な試みを開始
NEXCO中日本が新東名で自動運転専用レーン実験施設を初公開! 自動運転の路車間通信でも画期的な試みを開始
LE VOLANT CARSMEET WEB
人気がスゴい!? 200万円台からもあるデザイン色々なミドルミニバン3選
人気がスゴい!? 200万円台からもあるデザイン色々なミドルミニバン3選
くるまのニュース
レッドブル、FP2での失速はセットアップ変更が原因? フェルスタッペン「期待通りの普通の1日だった」
レッドブル、FP2での失速はセットアップ変更が原因? フェルスタッペン「期待通りの普通の1日だった」
motorsport.com 日本版
ボンネットをずっと閉めてたのに開けたらうわっ……密閉されているようにみえるエンジンルームがもの凄く汚れるワケ
ボンネットをずっと閉めてたのに開けたらうわっ……密閉されているようにみえるエンジンルームがもの凄く汚れるワケ
WEB CARTOP
7/23申込締切【内燃機関の可能性】欧州議会選挙の影響とポストCN時代の自動車の新しい競争軸
7/23申込締切【内燃機関の可能性】欧州議会選挙の影響とポストCN時代の自動車の新しい競争軸
レスポンス
300馬力のトヨタ「和製スーパーカー」が凄い! 「ミッドシップ×オープンカー」の山盛り仕様! ハイブリッドも搭載した「斬新スポーツモデル」に期待大!
300馬力のトヨタ「和製スーパーカー」が凄い! 「ミッドシップ×オープンカー」の山盛り仕様! ハイブリッドも搭載した「斬新スポーツモデル」に期待大!
くるまのニュース
[15秒でわかる]トヨタ『カローラ・ハッチバック』米国2025年型…引き締まった外観で登場
[15秒でわかる]トヨタ『カローラ・ハッチバック』米国2025年型…引き締まった外観で登場
レスポンス
マグヌッセン、F1シート喪失の可能性を認めるも「そういうことは脇に置いて、マシンに乗ってベストを尽くせる」
マグヌッセン、F1シート喪失の可能性を認めるも「そういうことは脇に置いて、マシンに乗ってベストを尽くせる」
AUTOSPORT web
約900万円の「2人乗り軽オープン」発売! スズキ製ターボエンジン搭載×アルミボディ採用!? レトロな「スーパーセブン600CE」登場
約900万円の「2人乗り軽オープン」発売! スズキ製ターボエンジン搭載×アルミボディ採用!? レトロな「スーパーセブン600CE」登場
くるまのニュース
日本の新規チーム「チーム エトワール」のヨーロッパ拠点ってどんな場所? レーシングライダー大久保光が徹底レポート
日本の新規チーム「チーム エトワール」のヨーロッパ拠点ってどんな場所? レーシングライダー大久保光が徹底レポート
バイクのニュース
三菱自動車、『デリカミニ』と『eKスペース』の改良新型を発表…サイバー攻撃のリスク増加に対応
三菱自動車、『デリカミニ』と『eKスペース』の改良新型を発表…サイバー攻撃のリスク増加に対応
レスポンス
「モンベル撥水コース」を選べるコインランドリーが都内に2店目をオープン!梅雨対策に撥水性能の回復は必須!  
「モンベル撥水コース」を選べるコインランドリーが都内に2店目をオープン!梅雨対策に撥水性能の回復は必須!  
モーサイ
「みなかみ町公式LINE開設記念フォトコンテスト」が実施中!お気に入りの「みなかみ町」を撮るのだ!  
「みなかみ町公式LINE開設記念フォトコンテスト」が実施中!お気に入りの「みなかみ町」を撮るのだ!  
モーサイ

みんなのコメント

1件
  • 車もROLEXも
    新車より中古車のほうが遥かに高額になる事態はなんとかならんのか
    アホらしくなる
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2995.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2280.03950.0万円

中古車を検索
MC20の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2995.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2280.03950.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村