サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ローテーションもできるし同サイズのほうがラク! それでも前後で「異なるサイズ」のタイヤ装着車が存在するワケ

ここから本文です

 ハイパフォーマンスカーはリヤタイヤが大きいものが多い

 乗用車の場合、世のなかの大半のクルマは、前後同サイズのタイヤを装着している。だからこそ定期的にローテーションを行なうことで、タイヤを長持ちさせることもできるわけだが、一部のスポーツカーなどは、例外的に前後で異なるサイズのタイヤが選ばれている。

いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

 たとえばトヨタのGRスープラ(RZ)は、フロント255/3ZR19、リヤ275/35ZR19の組み合わせ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン