現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ新型「上級セダン」24年春発売! 斬新グリルが凄い…新型「アコード」の反響いかに

ここから本文です

ホンダ新型「上級セダン」24年春発売! 斬新グリルが凄い…新型「アコード」の反響いかに

掲載 4
ホンダ新型「上級セダン」24年春発売! 斬新グリルが凄い…新型「アコード」の反響いかに

■新型アコードがカッコいい! 特徴は?

 ホンダは新型「アコード」を2023年9月21日に公式ホームページで先行公開しました。
 
 先代モデルの販売終了から約1年半ぶりに復活しました。販売店にはどのような反響が寄せられているのでしょうか。

アコードよりも売れそうだ! ホンダ中型セダン「クライダー」がチョイ悪でシブい!

 先代モデルがラインナップから消えたことで、一時的にホンダの日本市場におけるセダンが消滅していましたが新型アコードの発表によって復活しました。

 アコードは、これまで日本をはじめ北米や欧州などでも販売するなど主力モデルとして高い評価を受けており、スタイリッシュなデザインや高い走行性能が魅力。

 今回日本で発売される新型アコードは11代目となり、北米では2022年11月に世界初公開。その後、2023年1月からアメリカやメキシコ・中国では販売が開始されています。

 日本では先行予約が2023年12月から開始されて、2024年春からの発売が予定されています。

 また、発売に先駆けて新型アコードを見たいと考えているユーザーのために11月から2月まで全国各地で特別展示が行われる予定です。

 新型アコードのボディサイズについては明確に発表されていませんが、北米仕様車のボディサイズ全長4970mm×全幅1861mm×全高1450mmとなることから、同等と予想されています。

 デザインはフロントに、フルLED化を採用した薄型フロントヘッドライトを採用。

 堂々とした佇まいと流麗なシルエットがデザインされているため、従来のロー&ワイドなプロポーションを継承しています。

 インテリアは統一された水平基調で広い視界を確保しているのに加えて、手に触れやすい車内部分はソフト素材を採用して上質で高級感のある雰囲気に仕上げられています。

 運転している最中でもリラックスできるように細かい部分まで工夫されているため、開発コンセプトとしても心地よくてくつろげる空間が目的です。

 パワートレインは、システム総合出力204馬力を発揮する2リッターガソリンエンジンに2モーターを組み合わせるハイブリッド「e:HEV」を組み合わせています。

 さらに最新の安全技術「ホンダセンシング 360」や先進装備も搭載。

 日本での具体的な販売価格などは明言されていませんが、先代モデルが約470万円程度だったたことに加えて、最新の安全技術や先進装備を搭載した点を考慮して500万円強程度だと予想されています。

■ホンダ新型アコードの発表で販売店に反響はある?

 そんな新型アコードについて、販売店にはどのような反響が寄せられているのでしょうか。関東圏のホンダ販売店担当者は、次のように話します。

「新型アコードに対して、ありがたいことに多くの反響をいただいております。

 現時点では先行展示を順次行っている段階ですが『早く実車が見たい』と仰っていただく機会がありました。

 特に、先代のアコードに乗られているお客様からのお問い合わせが多い印象で『アコードを継続してくれて嬉しい』と言ったお声をいただいております。

 なかには『ワゴンは復活しないの?』と言ったお客様のお声もありました」

 また、関西圏のホンダ販売店担当者は、次のように話します。

「新型アコードは、正式な発表がされていない段階ではありますが、ありがたいことにすでにお客様からお問い合わせをいただいております。

 エクステリアのデザインについて高く評価していただいている印象で『スポーティでいいね』と言ったお声をいただいております。

 また『ラインナップにセダンが復活して嬉しい』とのお声もいただきました」

※ ※ ※

 セダンの需要は全体的に下がりつつありますが、セダンには長く乗り続けている根強いユーザーも少なくありません。

 実際に新型アコードが発表された後には販売店にも問い合わせが寄せられていたり、SNSでも好意的な意見が寄せられていたりと注目を集めています。

こんな記事も読まれています

2.0Lエンジン搭載! マツダ新型「2ドアオープン」登場! 幌仕様に待望のパフォーマンスモデル設定!? 6MTで楽しさ追求で反響いかに
2.0Lエンジン搭載! マツダ新型「2ドアオープン」登場! 幌仕様に待望のパフォーマンスモデル設定!? 6MTで楽しさ追求で反響いかに
くるまのニュース
キャンツーでも美味しいコーヒーを淹れたいライダーに!「スタッキングカフェドリッパー&カップセット」がデイトナから登場
キャンツーでも美味しいコーヒーを淹れたいライダーに!「スタッキングカフェドリッパー&カップセット」がデイトナから登場
バイクブロス
特定原付「ENNE T350 Pro」兵庫県の取扱店のお知らせ
特定原付「ENNE T350 Pro」兵庫県の取扱店のお知らせ
バイクブロス
ダイハツ、認証不正で稼働停止のロッキー/ライズ ガソリン車を3月18日から生産再開
ダイハツ、認証不正で稼働停止のロッキー/ライズ ガソリン車を3月18日から生産再開
日刊自動車新聞
「給油口の位置」右・左どっちか迷ったら? クルマから降りずにわかる!? 知っておきたい簡単すぎる確認方法とは
「給油口の位置」右・左どっちか迷ったら? クルマから降りずにわかる!? 知っておきたい簡単すぎる確認方法とは
くるまのニュース
日野、ダイハツ、豊田自動織機…… トヨタの新たな統治の仕組みで続発する不正は根絶できるのか?
日野、ダイハツ、豊田自動織機…… トヨタの新たな統治の仕組みで続発する不正は根絶できるのか?
ベストカーWeb
車検が圧倒的にラクになる!? まもなく始まるOBD車検っていったい何?
車検が圧倒的にラクになる!? まもなく始まるOBD車検っていったい何?
WEB CARTOP
「第40回大阪モーターサイクルショー2024」の会期中イベントが発表!
「第40回大阪モーターサイクルショー2024」の会期中イベントが発表!
バイクブロス
スズキ、エブリイとエブリイワゴンを一部改良、同時に福祉車両も仕様変更
スズキ、エブリイとエブリイワゴンを一部改良、同時に福祉車両も仕様変更
Believe Japan
日本国内限定235台! 最高級クロスカントリービークル、メルセデスAMG「G63 グランドエディション」発表
日本国内限定235台! 最高級クロスカントリービークル、メルセデスAMG「G63 グランドエディション」発表
LE VOLANT CARSMEET WEB
進化した「GRヤリス」は何がスゴい? 速いDATで雪道を激走!? GRカローラも同時試乗!伝説セリカも展示、雪の楽しみ方とは
進化した「GRヤリス」は何がスゴい? 速いDATで雪道を激走!? GRカローラも同時試乗!伝説セリカも展示、雪の楽しみ方とは
くるまのニュース
何を示しているか覚えてる? 道路に描かれた「ダイヤマーク」の意味
何を示しているか覚えてる? 道路に描かれた「ダイヤマーク」の意味
バイクのニュース
マツダ新型「MAZDA 2」は大排気量に!「2リッターエンジン」初搭載で“ホットモデル”に超進化! スポーティな「専用ツインマフラー」標準装備した姿とは
マツダ新型「MAZDA 2」は大排気量に!「2リッターエンジン」初搭載で“ホットモデル”に超進化! スポーティな「専用ツインマフラー」標準装備した姿とは
くるまのニュース
「ランボルギーニ・ウルスS」と「ウラカン・ステラート」の一団が、フレンチアルプスをかき回す!
「ランボルギーニ・ウルスS」と「ウラカン・ステラート」の一団が、フレンチアルプスをかき回す!
LE VOLANT CARSMEET WEB
まさかの新型「GT-Rスーパーカー」!? 700馬力V6ד6速MT”採用!斬新ボディの2億円超え「ボヘマ」に反響続々!
まさかの新型「GT-Rスーパーカー」!? 700馬力V6ד6速MT”採用!斬新ボディの2億円超え「ボヘマ」に反響続々!
くるまのニュース
崖っぷちから掴んだ“未来”。スーパーフォーミュラ昇格の木村偉織が明かす「SFライツでチャンピオンを獲れなかったらここにはいなかったと思う」
崖っぷちから掴んだ“未来”。スーパーフォーミュラ昇格の木村偉織が明かす「SFライツでチャンピオンを獲れなかったらここにはいなかったと思う」
motorsport.com 日本版
「排気音を変える」だけが目的じゃない! 最近のスポーツモデルがマフラー出口部に「蓋」を付けるワケ
「排気音を変える」だけが目的じゃない! 最近のスポーツモデルがマフラー出口部に「蓋」を付けるワケ
WEB CARTOP
コレが一番速いはずなのに? ザウバー、プルロッド式のフロントサスペンション採用が少なく「驚いた」
コレが一番速いはずなのに? ザウバー、プルロッド式のフロントサスペンション採用が少なく「驚いた」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

4件
  • fd3********
    今回はサンルーフが無いんだね、残念
    どうせ高価格帯なんだから標準装備で良かったのに
  • ********
    ダセェ〜!フロントフェイスはモアイ像で、サイドビューはチョ〜間延びしてて、テールは何も新しさもない!!
    サイズがでかけりゃいいと思ってる?

    (実車を見たい)っておもしろ半分で言ってるだけで、誰も買わんわ!!笑
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

-万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.8425.9万円

中古車を検索
アコードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

-万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.8425.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村