現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > センチュリーが欧州車に負けない乗り心地と思うワケは? 次点に来た意外なトヨタ車を大公開!!

ここから本文です
センチュリーが欧州車に負けない乗り心地と思うワケは? 次点に来た意外なトヨタ車を大公開!!
写真を全て見る(4枚)

 大いに気になる乗り心地が頭抜けている日本のクルマ。価格相応と言われればそれまでだが、センチュリーは外せない1台だろう。それでいて欧州車にも負けない部分もあるのだ!

※本稿は2023年9月のものです
文/渡辺陽一郎、写真/TOYOTA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2023年10月10日号

センチュリーが欧州車に負けない乗り心地と思うワケは? 次点に来た意外なトヨタ車を大公開!!

■乗り心地ならやはりショーファーカー!

普通の高級セダンとはレベルの違う滑らかな乗り心地。日本を代表するVIPカーの快適性はさすがに頭抜けている

 現行日本車のなかで、乗り心地が最も優れた車種はセンチュリーだ。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

アストンマーティンF1、中国GP予選でクラッシュし赤旗の原因になるも”復活”したサインツJr.について抗議を提出
アストンマーティンF1、中国GP予選でクラッシュし赤旗の原因になるも”復活”したサインツJr.について抗議を提出
motorsport.com 日本版
日産とパナソニック、家電連携で新サービス開始
日産とパナソニック、家電連携で新サービス開始
レスポンス
強さは昨年以上!?ディフェンディングチャンピオンの36号車au TOM'S GR Supraが今年も強い!【2024年スーパーGT Rd.1 レポート】
強さは昨年以上!?ディフェンディングチャンピオンの36号車au TOM'S GR Supraが今年も強い!【2024年スーパーGT Rd.1 レポート】
Webモーターマガジン
トヨタが「新型ランドクルーザー250」を発売! なぜ「プラド」ではなくなった? 30年以上使い続けた“名称”を変えた理由とは
トヨタが「新型ランドクルーザー250」を発売! なぜ「プラド」ではなくなった? 30年以上使い続けた“名称”を変えた理由とは
くるまのニュース
これって関西風、ってコト? 夜の東名高速「港北PA」で薄口のそばとそぼろ飯を
これって関西風、ってコト? 夜の東名高速「港北PA」で薄口のそばとそぼろ飯を
バイクのニュース
中古スポーツカーを買う際のチェックポイントとは? 購入後に泣かないための必須項目3つを解説します
中古スポーツカーを買う際のチェックポイントとは? 購入後に泣かないための必須項目3つを解説します
Auto Messe Web
1987年、新世代のマシンが登場。よりハイレベルに【グループAレースクロニクル1985-1993 JTC9年間の軌跡(4)】
1987年、新世代のマシンが登場。よりハイレベルに【グループAレースクロニクル1985-1993 JTC9年間の軌跡(4)】
Webモーターマガジン
ホンダ、CB125Rを仕様変更 5インチのフルカラー液晶メーター採用
ホンダ、CB125Rを仕様変更 5インチのフルカラー液晶メーター採用
日刊自動車新聞
F1、フォーミュラE、ヒストリック。2024年モナコ3大モーターレースのメインビジュアルが揃う
F1、フォーミュラE、ヒストリック。2024年モナコ3大モーターレースのメインビジュアルが揃う
AUTOSPORT web
ヤマハ伝統の“白×赤”カラーがついに登場!ネオレトロバイク『XSR900』2024年モデル
ヤマハ伝統の“白×赤”カラーがついに登場!ネオレトロバイク『XSR900』2024年モデル
レスポンス
幻のタイムになっていたかも? アロンソ、予選3番手の大金星も計測ラップ序盤のミスで「中断するかどうか話をした」
幻のタイムになっていたかも? アロンソ、予選3番手の大金星も計測ラップ序盤のミスで「中断するかどうか話をした」
motorsport.com 日本版
ヤマハ、スポーツヘリテージ『XSR900』2024年モデルを5月20日に発売。新色のホワイトとブラックを用意
ヤマハ、スポーツヘリテージ『XSR900』2024年モデルを5月20日に発売。新色のホワイトとブラックを用意
AUTOSPORT web
使い古しのTシャツ……とかじゃダメ? 洗車時に使う「クロス」は「モノ」と「部位ごとの使いわけ」がめちゃくちゃ重要だった
使い古しのTシャツ……とかじゃダメ? 洗車時に使う「クロス」は「モノ」と「部位ごとの使いわけ」がめちゃくちゃ重要だった
WEB CARTOP
【スタッフ通信】日産キャラバン MYROOMで遊びに行ったよ
【スタッフ通信】日産キャラバン MYROOMで遊びに行ったよ
Auto Prove
圧巻フェルスタッペン。F1中国GPでスプリントに続き予選も制圧「マシンはとってもドライブしやすかったよ!」
圧巻フェルスタッペン。F1中国GPでスプリントに続き予選も制圧「マシンはとってもドライブしやすかったよ!」
motorsport.com 日本版
「さすがに勘弁してよ!」顔は笑ってても心は激怒! ディーラーマンが嘆く「イヤ~な客」の言動7つ
「さすがに勘弁してよ!」顔は笑ってても心は激怒! ディーラーマンが嘆く「イヤ~な客」の言動7つ
WEB CARTOP
“タワーがない側”の長津田駅前 ロータリー整備の進捗は バス/タクシー/歩行者を分離へ
“タワーがない側”の長津田駅前 ロータリー整備の進捗は バス/タクシー/歩行者を分離へ
乗りものニュース
日産の新型「コンパクトな“高級SUV”」実車公開! 「みんなが納得」の全面刷新! ゴツ進化の新型「キックス」NYに登場で称賛の声集まる
日産の新型「コンパクトな“高級SUV”」実車公開! 「みんなが納得」の全面刷新! ゴツ進化の新型「キックス」NYに登場で称賛の声集まる
くるまのニュース

みんなのコメント

10件
  • 葛葉恭次
    欧州車狂信者がセンチュリーに嫉妬しては日がなセンズリー…
  • *******
    おそらくCクラスや3シリーズにも負けてるんじゃない?
    国産車のなかではセンチュリーが最上級かもしれないけど、欧州車は乗り心地と走行安定性を高い次元で両立してるのが普通だからねw
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2008.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

58.02250.0万円

中古車を検索
センチュリー(セダン)の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2008.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

58.02250.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村