現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 今や国内メーカーの超優等生 でも……スズキが遺したちょっとざんねんだったクルマたち4選

ここから本文です

今や国内メーカーの超優等生 でも……スズキが遺したちょっとざんねんだったクルマたち4選

掲載 60
今や国内メーカーの超優等生 でも……スズキが遺したちょっとざんねんだったクルマたち4選

「なんでこうなった!?」 開発した人を小一時間ほど問いただしてみたい、でも憎めない「ざんねん」なクルマたち、エピソードを集めた『ざんねんなクルマ事典』『ますます! ざんねんなクルマ事典』(小社刊)。

 日本のクラシックカーや絶版車、珍車についての知識にも定評あるモータージャーナリスト、片岡英明氏監修による本書から、今や国産メーカーの超優等生。そんな現在の布石にもなった!? スズキのちょっとざんねんなクルマたち4台のストーリーをご紹介。

今や国内メーカーの超優等生 でも……スズキが遺したちょっとざんねんだったクルマたち4選

監修/片岡英明、写真/スズキ

[amazonjs asin="4065129079" locale="JP" tmpl="Small" title="ざんねんなクルマ事典"]

[amazonjs asin="B0B8Z2HSRK" locale="JP" tmpl="Small" title="ますます! ざんねんなクルマ事典"]

■「2人乗りSUV」というあまりにも謎な、しかし前人未到の「挑戦車」 スズキ X-90(1995~1997年)

スズキ X-90(1995~1997年)。SUVなのに2シーターという特異なコンセプト。後部はトランクです

●前評判はよかった! 本気にしなけりゃよかった!?

 スズキX-90はもともと、1993年の東京モーターショーなどに参考出品されたコンセプトカーでしたが、それが海外のプレス関係者などから妙にウケてしまいました。

「ならば!」ということでスズキは1995年10月、コンセプトカーほぼそのままのカタチでそれを市販。大ウケするだろうと期待したのですが、結果はさんざんで、約2年の間に1348台しか売れませんでした。

 ちなみに同じスズキのスペーシアは1カ月間で1万台以上売れます。「2シーターのSUV」という謎のコンセプトが災いしたのでしょうが、X-90は少なくとも“伝説”にはなりました。

 マニアの間では今なお人気なんですよ。

・発売年月:1995年10月
・エンジン種類:直4 SOHC
・総排気量:1590cc
・最高出力/最大トルク:100ps/14.0kgm
・全長/全幅/全高:3710×1695×1550mm
・車両重量:1100kg
・諸元記載グレード:ベースグレード

●ざんねん度:★★★★★

■あまりにもディーラー泣かせだった「魔の電子制御4速AT」 スズキ ワゴンRワイド(1997~1999年)

●トラブル頻発。クレーム殺到。

 スズキ ワゴンRワイドは、1997年から1999年にかけて販売された、当時のワゴンRをベースに作られた小型トールワゴン。現在のスズキ ソリオのご先祖さまにあたります。

 軽自動車であるワゴンRのボディをワイド化し、そして4気筒の1Lエンジンを積んだのはいいのですが、とにかくATのトラブルが多発しました。

「スズキ初の電子制御4速AT!」と売り出しましたが、雨あられのようにクレームが押し寄せ、ディーラーは大変だったようです。

・発売年月:1997年2月
・エンジン種類:直4 DOHC
・総排気量:996cc
・最高出力/最大トルク:70ps/9.0kgm
・全長/全幅/全高:3400×1575×1670mm
・車両重量:860kg
・諸元記載グレード:XM

●ざんねん度:★★★☆☆

■コンセプトカーには魔法がかかっていることを教えてくれた大事な一台 スズキ キザシ(2009~2015年)

スズキ キザシ(2009~2015年)。「世界の市場に向け、新しいクルマ作りに挑戦する“兆し”を見せる」という意味合いで名前が付けられました

●真っ先に覆面パトカーだと思われてしまうレア車に

 スズキ キザシは2009年に発売されたミドルクラスのセダンです。このクルマは発売される前、世界各地のモーターショーに「コンセプト・キザシ」という名で、3度出展されました。

 ワゴン、SUV、セダンと、出展されるたびにボディの形状が違いましたが、共通していたのは「あのスズキにこんなデザインができるのか」と驚かされるほど、伸びやかなスタイルです。

 誰もがその市販型に期待し、登場を待ち望みましたが、満を持して登場した市販型は、コンセプトカーとは違いました。どこかズングリとして、正直、野暮ったくもありました。

 現在は主に警察車両として活躍しています。

・発売年月:2009年10月
・エンジン種類:直4 DOHC
・総排気量:2393cc
・最高出力/最大トルク:188ps/23.5kgm
・全長/全幅/全高:4650×1820×1480mm
・車両重量:1490kg
・諸元記載グレード:ベースグレード(FF)

●ざんねん度:★★★★★

■「余裕を感じさせる軽」という試みは常に失敗に終わるのか? スズキ 4代目セルボ(セルボモード・1990~1998年)

●上質な軽自動車を狙ったものの……

 セルボモードは、スズキの軽自動車である「セルボ」の4代目として1990年に登場したモデルです。

 エクステリアとインテリアは、軽自動車にありがちな「効率重視」ではなく「余裕と遊び」を感じさせるデザインと素材を採用し、エンジンの主役に新設計の4気筒DOHC 16バルブ インタークーラーターボを据えました。

 つまり「上質な軽自動車」を狙ったのです。

 しかしその狙いと魅力はユーザーに伝わらなかったようで、ざんねんながらヒットには至りませんでした。

 そしてその後の1993年に登場したトールタイプの効率的な軽自動車「ワゴンR」に、主役の座は完全に奪われました。

・発売年月:1990年7月
・エンジン種類:直4 DOHC+ターボ
・総排気量:658cc
・最高出力/最大トルク:64ps/8.4kgm
・全長/全幅/全高:3295×1395×1370mm
・車両重量:670kg
・諸元記載グレード:SR-FOUR

●ざんねん度:★★★☆☆

*   *   *

 なんでそうなったの!!? ざんねんだけど、でも愛おしい。そんなクルマたちの数々を集めた『ざんねんなクルマ事典』『ますます! ざんねんなクルマ事典』は講談社ビーシーより絶賛発売中! アマゾンのレビューも好評価です!

[amazonjs asin="4065129079" locale="JP" tmpl="Small" title="ざんねんなクルマ事典"]

[amazonjs asin="B0B8Z2HSRK" locale="JP" tmpl="Small" title="ますます! ざんねんなクルマ事典"]

こんな記事も読まれています

メリットだらけの「シートヒーター」 あるのとないのじゃ雲泥の差だった しかもリセールバリューがいいってよいことずくめじゃん!
メリットだらけの「シートヒーター」 あるのとないのじゃ雲泥の差だった しかもリセールバリューがいいってよいことずくめじゃん!
ベストカーWeb
マフラーに雪が詰まるのを防ぐ! フジツボからまるで竹槍のような「スノーケル」登場!
マフラーに雪が詰まるのを防ぐ! フジツボからまるで竹槍のような「スノーケル」登場!
ベストカーWeb
『これ無理やん!』実質3台のレースを終わらせた悪夢のオープニングラップ。当事者たちが語るマルチクラッシュの状況
『これ無理やん!』実質3台のレースを終わらせた悪夢のオープニングラップ。当事者たちが語るマルチクラッシュの状況
AUTOSPORT web
レクサスに乗ってアウトドア体験!家族や仲間と楽しむオーナー限定イベント第2弾開催
レクサスに乗ってアウトドア体験!家族や仲間と楽しむオーナー限定イベント第2弾開催
グーネット
エンジンオイルの交換を忘れていたら?車が受ける影響と忘れないための対策
エンジンオイルの交換を忘れていたら?車が受ける影響と忘れないための対策
グーネット
スーパーGTのレースアンバサダーに早くも男性登場。韓国人モデルのジュンさんが第1戦から活躍
スーパーGTのレースアンバサダーに早くも男性登場。韓国人モデルのジュンさんが第1戦から活躍
AUTOSPORT web
DENSO中山雄一とSTANLEY山本尚貴、拮抗した2位バトルで見えたスープラとシビックの特性/第1戦GT500決勝
DENSO中山雄一とSTANLEY山本尚貴、拮抗した2位バトルで見えたスープラとシビックの特性/第1戦GT500決勝
AUTOSPORT web
スーパーGT初戦で表彰台獲得のStudie BMWクルッテンが喜び「素晴らしいデビューだった!」パートナー荒も絶賛
スーパーGT初戦で表彰台獲得のStudie BMWクルッテンが喜び「素晴らしいデビューだった!」パートナー荒も絶賛
AUTOSPORT web
モデル末期なのに毎月6000台以上売れるってマジか!! 現行フリードは登場から7年……熟成度合いはいかに!?
モデル末期なのに毎月6000台以上売れるってマジか!! 現行フリードは登場から7年……熟成度合いはいかに!?
ベストカーWeb
ホンダ:スプリントは3台が転倒。完走は17位のマリーニ「マシンにチャタリングが発生。修正して決勝に臨む」/第3戦アメリカズGP
ホンダ:スプリントは3台が転倒。完走は17位のマリーニ「マシンにチャタリングが発生。修正して決勝に臨む」/第3戦アメリカズGP
AUTOSPORT web
【リアシート設定で更に911の対抗馬へ?】 新型メルセデスAMG GTクーペ 4LのV8ツインターボで武装
【リアシート設定で更に911の対抗馬へ?】 新型メルセデスAMG GTクーペ 4LのV8ツインターボで武装
AUTOCAR JAPAN
パジェロスポーツを日本に入れてくれ! 2024年モデルは一段とカッコいい! おあずけ状態はもうイヤだ! 
パジェロスポーツを日本に入れてくれ! 2024年モデルは一段とカッコいい! おあずけ状態はもうイヤだ! 
ベストカーWeb
沖縄の美しい海と道をたどる「ジーロ・デッリゾラ沖縄」とは? 戦前車からスーパーカーまで31台が駆け抜けました!
沖縄の美しい海と道をたどる「ジーロ・デッリゾラ沖縄」とは? 戦前車からスーパーカーまで31台が駆け抜けました!
Auto Messe Web
平良響「とてもうれしい初優勝」。堤優威「少しの隙も許されない展開」【第1戦GT300決勝会見】
平良響「とてもうれしい初優勝」。堤優威「少しの隙も許されない展開」【第1戦GT300決勝会見】
AUTOSPORT web
坪井翔「ハイライトはSC後のリスタート」。山下健太「目指すは2連勝!」【第1戦GT500決勝会見】
坪井翔「ハイライトはSC後のリスタート」。山下健太「目指すは2連勝!」【第1戦GT500決勝会見】
AUTOSPORT web
國井勇輝、ポール・トゥ・ウインでクラス初優勝を飾る/2024全日本ロード第2戦もてぎ ST1000 決勝
國井勇輝、ポール・トゥ・ウインでクラス初優勝を飾る/2024全日本ロード第2戦もてぎ ST1000 決勝
AUTOSPORT web
トップ交代! ポルシェ・タイカン・ターボGTへ試乗 怒涛の1108馬力 真っ当な「GTシリーズ」か
トップ交代! ポルシェ・タイカン・ターボGTへ試乗 怒涛の1108馬力 真っ当な「GTシリーズ」か
AUTOCAR JAPAN
後続車は大迷惑! 目潰し攻撃にもなりかねない「バックフォグ」の役割と正しい使い方をレクチャーします
後続車は大迷惑! 目潰し攻撃にもなりかねない「バックフォグ」の役割と正しい使い方をレクチャーします
Auto Messe Web

みんなのコメント

60件
  • bnh********
    スズキはバイクも車も、出た当初はなんじゃこりゃ的な車両でも、廃番になってから評価されるものが結構あったりしますね。
    他社と違って、社員の方に多数のマニアが潜んでいるのか、未だミッションの車両をラインナップとかジムニーやスイフトもそうですが、マニア心を掴むのに長けているというか。
    今や優等生的な車両しか狙わない他社と比較して、少し昔の自動車メーカー的な遊び心を持たれているのは魅力です。
  • きっと
    セルボモード乗ってました!
    色、デザイン共、当時の一般的な軽自動車よりお洒落れで、若い人には人気だったと思う。
    ワゴンRより、ラパンが後継車に近いと思う。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村