現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 無敵マシンのような信頼感 アウディeトロンGTで欧州大陸を巡る 電動グランドツアラーの可能性(1)

ここから本文です

無敵マシンのような信頼感 アウディeトロンGTで欧州大陸を巡る 電動グランドツアラーの可能性(1)

掲載
無敵マシンのような信頼感 アウディeトロンGTで欧州大陸を巡る 電動グランドツアラーの可能性(1)

欧州大陸のドライブで得られる幸福感

欧州大陸を自ら運転した経験をお持ちなら、他では得難い幸福感を味わえることをご存知かもしれない。朝の光は美しいし、闇が広がる夜も魅惑的。高速道路が延々と続き、四季折々の変化を楽しめる。

【画像】無敵マシンのような信頼感 アウディeトロンGT 基礎を共有するタイカン 最新Q8 eトロンとフィスカーも 全132枚

そんな体験の必須アイテムが、頼もしいクルマだ。長時間の高速走行を快適にこなせる、相棒のようなモデルが必要になる。

ディーゼルエンジンの、フォルクスワーゲン・パサートも悪くない。だが理想をいえば、長距離ランナーのようなアスリート、能力に長けたグランドツアラーを選びたい。

英国を象徴する、アストン マーティンは望ましい。BMW M5なら、200km/h以上で延々と走っても平然としていられるだろう。フラット6の唸りを響かせるポルシェ911も、理想的な1台になる。いずれもが素晴らしい。

完成度の高いモデルに対し、カーマニアは畏敬の念を抱く時がある。秀でた能力や、見惚れてしまう容姿もそうだが、漠然とした魂のようなものに心が動かされる。

今回は、1台のバッテリーEVの真価を確認するべく、ロンドンからイタリア・ヴェローナを目指した。英仏海峡トンネルをくぐる車載列車の振動に合わせて、ボディが細かく揺れる。ホイールベースは長く、筋肉質なラインはテールへ向けて絞られている。

薄暗い列車の中で見るアウディe-トロンGTは、闇に身を潜める肉食動物のよう。欧州大陸を股にかける、グランドツアラーらしい雰囲気を漂わせる。

電動パワートレインは心を震わせるか

前後に搭載された、2基の駆動用モーターの最高出力は530ps。2004年の、アストン マーティン・ヴァンキッシュ Sへ匹敵する数字だ。あのクルマは、筆者がステアリングホイールを握った中でも、特に理想的なグランドツアラーの1台だった。

駆動用バッテリーの容量は、93.4kWhと小さくない。だが、航続距離は426kmに制限される。

果たして電動パワートレインは、多気筒ガソリンエンジンのように、ドライバーの心を震わせるだろうか。幸福感を損なわず、遠くを目指せるだろうか。ロンドンからヴェローナまでの片道1465kmは、過剰な要求になるだろうか。

英国価格11万2000ポンド(約2027万円)の、GTを名乗るモデルなら、許容できてしかるべき。内燃エンジンを積まないクルマが魂を持つのか、という先入観は忘れよう。主観と客観を織り交ぜながら、ロングドライブへ挑むことにした。

バッテリーEVの普及が、各市場で始まっている。ピニンファリーナ・バティスタなど、電動スーパーカーもリリースされている。フィアット500eといった魅力的なコンパクトカーや、BMW i7など高水準のリムジンも選べるようになった。

とはいえ、速さと操縦性、信頼感、航続距離などが求められるグランドツアラーは、まだ電動パワートレインと親和性が高いとはいえない。クルマとしての色気も、重要な要素になる。eトロンGTは、これらを叶えたモデルを目指しデザインされている。

無敵のマシンに乗っているような信頼感

ほぼ無音で走る体験が、脳裏に刻まれるのか。数時間ごとに急速充電器へ立ち寄る必要性は、ストレスにならないか。そんなことを考えつつ、車載列車を降りフランス・カレーへ上陸。

スタートはスムーズだ。車高を低くし、空気抵抗を抑えるエコ・モードを選ぶ。サスペンションのストロークが短くなるため、舗装の管理状態が良くないグレートブリテン島では、賢明なモードではない。だが、フランスの平滑な高速道路には丁度良い。

メルセデス・ベンツSクラスのように、至って平然と進んでいく。ノイズも同等に静か。eトロンGTには、無敵のマシンに乗っているような、信頼感を抱ける。航続距離を忘れれば。ポルシェ・パナメーラのイメージが重なる。

洗練されたメカニズムが生む、摩擦や慣性の小ささも伝わってくる。車重は2347kgもあるが、その重厚感と空力特性、惰性走行を許すドライブトレインにより、滑走するような勢いに浸れる。

フランス東部を130kmほど走り、アイオニティ社の充電ステーションへ。さらにしばらく走り、カレーから約470km離れた別の充電ステーションにも停まる。どちらも設備は真新しい。70kWhの電気を蓄えるのに必要な時間は、25分だ。

東へ進みドイツへ入国。高速道路をクルージングするペースを保ち、70kWhの電気で走れた距離は約340km。30分弱の休憩は妥当といえ、航続距離の短さに気をもむことはなかった。

自由な移動の魅力へ影響する充電への気遣い

足かせが、なかったわけではない。アウディRS7のように、際限なく爆発的な速さを堪能できるわけではない。自由に移動できるグランドツアラーとしての魅力を、充電への気遣いが多少損なっていることは確かだといえる。

とはいえ、バッテリーEVへのシフトを否定するつもりはない。技術は進化し、恐らく状況は改善されていくだろう。2022年に、メルセデス・ベンツはEQXXというプロトタイプを発表した。空気抵抗を示すCd値が0.17と小さい、244psで4ドアのサルーンだ。

ロングテールのボディを持つEQXXは、1126km以上という航続距離を実現していた。防音材を追加し、450ps程度までパワーを増せば、航続距離は800km程度まで縮まるかもしれない。それでも、グランドツアラーとして不足ない能力といえる。

ロンドンからヴェローナまでの移動も、途中に1度の充電でこなせる計算になる。高速道路を穏やかに走ればだが、かなりの訴求力がある。

フランス東部のメッスからドイツの国境までは、3車線の高速道路で我慢した。しかし、せっかくの欧州大陸。もっとチャレンジングな道も選びたい。黒い森、シュヴァルツヴァルトに広がる一般道や、美しい市街地という誘惑には逆らえない。

これぞグランドツアラーの醍醐味。数100kmを安楽に移動し、カーブの続く雄大な道を堪能し、静かな目的地でピルスナー・ビールへ舌鼓を打つ。クルマ旅でしかできない、楽しみ方だろう。

この続きは、アウディeトロンGTで欧州大陸を巡る 電動グランドツアラーの可能性(2)にて。

こんな記事も読まれています

【途中経過】2024年WEC第4戦/第92回ル・マン24時間 決勝6時間後
【途中経過】2024年WEC第4戦/第92回ル・マン24時間 決勝6時間後
AUTOSPORT web
2度の雨で荒れ模様。フェラーリ、トヨタ、ポルシェが上位を形成/2024WEC第4戦ル・マン決勝6時間後
2度の雨で荒れ模様。フェラーリ、トヨタ、ポルシェが上位を形成/2024WEC第4戦ル・マン決勝6時間後
AUTOSPORT web
ホンダ『シビック』、米国初設定のハイブリッドは200馬力…2025年型を発売
ホンダ『シビック』、米国初設定のハイブリッドは200馬力…2025年型を発売
レスポンス
「グニャグニャやん…」 なぜ“タイヤが変なカタチ”に? 気温差大きいイマこそ要注意! 空気圧の重要性を聞いてみた
「グニャグニャやん…」 なぜ“タイヤが変なカタチ”に? 気温差大きいイマこそ要注意! 空気圧の重要性を聞いてみた
くるまのニュース
何かすべきことはある? バイクの納車を待つ期間
何かすべきことはある? バイクの納車を待つ期間
バイクのニュース
進撃のBYD! 最近CMでおなじみも、創業者はどのような人物なのか? 逆境を超えた“電池王”に迫る
進撃のBYD! 最近CMでおなじみも、創業者はどのような人物なのか? 逆境を超えた“電池王”に迫る
Merkmal
【MotoGP】ロレンソ「マルケスはドゥカティ昇格で言い訳の余地が消える」
【MotoGP】ロレンソ「マルケスはドゥカティ昇格で言い訳の余地が消える」
motorsport.com 日本版
トヨタ「ルーミー」の対抗馬! 全長約3.8m&背高スライドドアのスズキ「小型ハイトワゴン」何がいい?「ソリオ」の魅力とは?
トヨタ「ルーミー」の対抗馬! 全長約3.8m&背高スライドドアのスズキ「小型ハイトワゴン」何がいい?「ソリオ」の魅力とは?
くるまのニュース
死亡事故ゼロに貢献!! 日立Astemoが開発を進める二輪用進運転支援システムとは?
死亡事故ゼロに貢献!! 日立Astemoが開発を進める二輪用進運転支援システムとは?
バイクのニュース
マツダ『ロードスター』用サスペンション3種類一挙に登場! テインがスポーツ走行向け車高調・プレミアム車高調・全長調整式車高調に適合を追加
マツダ『ロードスター』用サスペンション3種類一挙に登場! テインがスポーツ走行向け車高調・プレミアム車高調・全長調整式車高調に適合を追加
レスポンス
世界的なガソリン価格の高騰はBEV派の陰謀? BEVはエンジン車より女性にモテる!? クルマ業界のEVにまつわる「都市伝説」
世界的なガソリン価格の高騰はBEV派の陰謀? BEVはエンジン車より女性にモテる!? クルマ業界のEVにまつわる「都市伝説」
WEB CARTOP
新世代ミニの第4弾となる「ミニ・クーパー5ドア」が日本デビュー
新世代ミニの第4弾となる「ミニ・クーパー5ドア」が日本デビュー
カー・アンド・ドライバー
2023年の世界車名別販売ランキング、最多はテスラ「モデルY」 2位はRAV4 英国JATO調べ
2023年の世界車名別販売ランキング、最多はテスラ「モデルY」 2位はRAV4 英国JATO調べ
日刊自動車新聞
ドライビングプレジャーといえば間違いなくマッスルカーだ ダッジ チャレンジャーとプリマス クーダとポンティアックGTOの比較テスト
ドライビングプレジャーといえば間違いなくマッスルカーだ ダッジ チャレンジャーとプリマス クーダとポンティアックGTOの比較テスト
AutoBild Japan
買い物しすぎで「クレカ止まっちゃった!」 限度額“超えたクレカ”でも「ETC」使える? 料金所は“フツーに通過"できるのか
買い物しすぎで「クレカ止まっちゃった!」 限度額“超えたクレカ”でも「ETC」使える? 料金所は“フツーに通過"できるのか
くるまのニュース
[15秒でわかる]エンジンマウント交換で車のフィーリング劇的変化
[15秒でわかる]エンジンマウント交換で車のフィーリング劇的変化
レスポンス
メルセデス・ベンツのコンパクトミニバン「Tクラス」ってどんなクルマ? 日本上陸の可能性はある!?
メルセデス・ベンツのコンパクトミニバン「Tクラス」ってどんなクルマ? 日本上陸の可能性はある!?
VAGUE
狙うは全戦優勝争い。マクラーレン、次戦F1スペインGPからのアップデート投入を予告「状況に左右されず勝利を狙えるように」
狙うは全戦優勝争い。マクラーレン、次戦F1スペインGPからのアップデート投入を予告「状況に左右されず勝利を狙えるように」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2695.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1640.03258.0万円

中古車を検索
GTの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2695.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1640.03258.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村