サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > もはや芸術品と言っていい!? 美しすぎるクーペ3選

ここから本文です

もはや芸術品と言っていい!? 美しすぎるクーペ3選

■うっとりするほど美しいクーペとは

 近年、日本の自動車市場において2ドアクーペのラインナップは激減してしまいました。メーカーは実用性が高いSUVやミニバンなど売れ筋モデルに注力せざるを得ないため、クーペの減少は仕方ないのかもしれません。

トヨタ史上最強の「マークX GRMN」登場 楽しすぎる乗り味に思わず「こりゃ最高ですね~!」

 それでも、現在は高額なモデルを中心に販売が続けられており、スタイリッシュなフォルムのクーペは健在です。

 そこで、とくに美しいデザインのクーペを3車種ピックアップして紹介します。

●アストンマーティン「ヴァンテージ」

 創業から100年以上の歴史があるイギリスのスポーツカーメーカー、アストンマーティンは、プレミアムな2ドアクーペを3車種ラインナップしています。

 そのなかでもエントリーモデルが「ヴァンテージ」です。エントリーモデルといっても強力なスペックで、エンジンは510馬力を発揮する4リッターV型8気筒ツインターボを搭載し、最高速度は314km/h、0-100km/h加速は3.6秒を誇ります。

 外観は「肉食獣」をコンセプトにデザインされた伝統的な「ロングノーズ・ショートデッキ」のフォルムで、彫刻的かつ筋肉質なディテールの前後フェンダーの張り出しが、美しさのなかに迫力と安定感を演出。

 全長4465mm×全幅1942mm×全高1273mmのロー&ワイドなボディは、押し出し接合アルミニウム製にスチールパネルが組み合わされ、1530kgと比較的軽量な車重に収められています。

 内装では、低く位置する運転席がドライバーとクルマと進路を一体化し、コクピットは機能性と走りへの集中感が感じ取れるデザインです。

 ヴァンテージの価格(消費税込、以下同様)は、2056万8981円からとなっています。

●BMW「8シリーズクーペ」

 BMWのクーペといえば、かつて世界一美しいと評された「E24型 6シリーズ」がありましたが、現在もクーペをラインナップし続けています。

 最新モデルでは「2シリーズ」「4シリーズ」、そしてフラッグシップの「8シリーズ」が全クーペラインナップです。

 なかでも美しいと評されているのが、8シリーズで、現行モデルは2018年に発売。日本では「M850i xDrive」が最初に販売され、後に「840d」やカブリオレが加わりました。

 外観は「流麗」という言葉しか出ないほど美しいラインを描き、全長4855mm×全幅1900mm×全高1345mmのビッグサイズを巧みに使って、伸びやかなフォルムを実現。

 M850i xDriveに搭載されるエンジンは4.4リッターV型8気筒ツインターボで530馬力を発揮し、走りも外観にふさわしいエレガントさと、圧倒的な速さを両立しています。

 M850i xDriveの価格は1746万円です。

■国産クーペもエレガントさでは負けていない!

●レクサス「LC500」

 レクサスが誇るフラッグシップクーペ「LC500」は、現在も国産クーペの頂点に君臨するモデルです。

 LC500はサーキットだけが似合うクルマではなく、ドライバーのライフスタイルを感じさせる佇まいのクーペを目指したといわれています。

 ボディサイズは全長4770mm×全幅1920mm×全高1345mmとかなりの大柄ですが、数値以上にダイナミックな印象となっていて、低いボンネットフードからルーフラインへとつながるプロポーションは「美しさと、走りの魅力の一致」を表現。

 搭載されるエンジンは5リッターV型8気筒自然吸気で、最高出力は477馬力を発揮。トランスミッションは発進時を除くほぼ全域でロックアップする「Direct Shift-10AT(電子制御10速AT)」を搭載し、アクセル操作に即応するダイレクト感とスムーズな発進、DCTに勝る変速速度を実現しています。

 また、マフラー内部に装着されているバルブの開閉により、排気音色と音圧をコントロールし、走りとシンクロした高揚感あふれるエキゾーストノートを演出します。

 鋭い切れ味と優雅な振る舞いを併せ持つLC500の価格は1326万3148円からです。

※ ※ ※

 かつて日本では、比較的安価なクーペが数多く販売されていました。これは海外も同様で、現在は高額なモデルばかりになっています。

 トヨタ「カローラレビン/スプリンタートレノ」、日産「シルビア」、ホンダ「プレリュード」などが販売されていたころは若い人でも手に入れられましたが、いまでは難しいでしょう。

 このままだとクーペは絶滅危惧種になってしまうかもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します