現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 試乗 アルピナ現行ディーゼルモデルで探る「らしさ」 アルピナD5 S編

ここから本文です

試乗 アルピナ現行ディーゼルモデルで探る「らしさ」 アルピナD5 S編

掲載 更新
試乗 アルピナ現行ディーゼルモデルで探る「らしさ」 アルピナD5 S編

もくじ

ー 広がるディーゼルラインナップ
ー アルピナD5 S、どんなクルマ?
ー 日本でアルピナを選べるということ

【画像】試乗したアルピナD5 S 全18枚

広がるディーゼルラインナップ

サーキットスピードで改めて気づかされるアルピナとディーゼルの親和性の高さ。それは走りのキャラ立てにおいていたずらにアジリティを追求することなく、全負荷領域まできっちりドライバーの安心感を意識した走り味を追求するという彼らの姿勢に由来しているのではないだろうか。

とはいえ一方で、ディーゼルをこれほど楽しく気持ちよく走らせる銘柄も多くはない。

99年といえばまだディーゼルエンジンがいかにも実用一本槍な農耕馬的存在として認識されていた頃合いだろうか。

ちなみに東京都でディーゼル車NO作戦と題した規制強化が施され、当時の石原慎太郎都知事がペットボトルに入った粉塵を振り回した記者会見が行われたのも99年のことだ。その年に、アルピナは自社初のディーゼル銘柄となるD10を欧州で上市している。

そんな時世ゆえ、E39型5シリーズをベースとしたD10は日本に正規輸入されることはなかったが、その後E90系3シリーズをベースとしたD3の正規輸入に踏み切ったのは10年後の09年。そこでの実績はBMWジャパンの商品展開戦略にも少なからず影響を与えたはずだ。

その後、F10系5シリーズをベースとしたD5、F25系X3をベースとしたXD3と、アルピナはディーゼルモデルのバリエーションを広げ、現状日本市場においては販売のほぼ半分、もしくはそれ以上がディーゼルで占められるという。

アルピナD5 S、どんなクルマ?

現状、日本でのディーゼルラインナップにおいて最新のリムジンとなるのは、G30系5シリーズをベースとしたD5 Sだ。

シャシーは530Xdすなわち四駆をベースとしており、そこに540Xdに搭載されるB57系直6をベースとして独自のチューニングを施したパワーユニットを搭載している。

パワーは540Xdに対して6ps高い326ps、トルクは2.0kg-m高い71.4kg-mを発揮。数値的にD3より低いのは世代交代に伴う環境規制の強化を受けてのものだ。

ちなみにD5 Sの0-100km/h加速は4.9秒、最高巡航速度は275km/hと、G30系でいえば540iにも比肩する速さといえるだろう。

サーキット走行まで堪能したD3に比べると、様々な補機類の搭載もあってかD5 Sのエンジンのフィーリングは確かにマイルドだ。が、受け止めようによっては洗練されたと言えなくもない。それほどに回転感は一段と滑らかになっている。

トルクに谷などあろうはずもなく、発進直後からグイグイとレスポンスする一方で、トップエンドの回転数はやや低く留まるもパワーの伸び感はしっかり保たれ頭打ちも感じられない。

D3と違ってタイヤも新しかったこともあり、D5 Sのライドフィールはもう文句のつけようもないものだった。果たしてレッドカーペットを歩むとはこういう気持ちよさを言うのだろうか。

その丸さやしなやかさを知るにつけ、一体この脚はどうなっているのだろうと選んで凹凸を踏みにいってしまうほどやみつきになる。SUVのXD3も速度域が上がれば見事なアルピナライドをみせるが、低速域ではどうしても高重心の車体を支えるサスセットのアラが乗り心地に現れる。リムジンこそがアルピナの真骨頂だと思う理由はそこにある。

日本でアルピナを選べるということ

にわかに信じ難いが、このD5 Sのみならず、近年のアルピナの多くのモデルのダンパーはベースモデルと同じものを使っているそうだ。

聞けばタイヤの銘柄やスペックを開発時点から一本化し、それに合わせこんでスプリングやマウント類のファインチューニングを施すことでこの乗り味が実現しているという。

年間販売台数は2000台程度と聞けば、BMWにとっては誤差のような数字かもしれない。が、それでもアルピナはBMWと特別な関係を築き続けている。そこにはもはやビジネスの利害的な問題を超えたなにかがあるということだ。

古くはノイエクラッセのパワー不足を補うツインキャブキットの供給から始まったという両者の歴史にはわれわれには窺い知れないものがあるのかもしれないし、BMWの大株主であるクアント家と現在も独立資本のファミリービジネスであるアルピナのボーフェンジーペン家の間には欧州的なエスタブリッシュメントの関係があるのだろうかと邪推も働いてしまう。

ともあれわれわれにアルピナという選択肢があるのは間違いなくハッピーなことだ。初上陸から40年にわたり、輸入業務を一手に担ってきたニコルオートモビルズの地道な努力もあって、アルピナの各モデルは全てのBMWディーラーで取り扱われている。

もちろん車両が全国の店舗に常備されているわけではないが、展示や試乗の機会があれば、ぜひその作り込みや味付けの妙を体験してみていただきたい。

関連タグ

こんな記事も読まれています

トヨタ新型「ランドクルーザー“300”」発表! タフ感高めた本格SUV! 黒感高め外装がカッコイイ「“勝利”仕様」UAEで約1350万円
トヨタ新型「ランドクルーザー“300”」発表! タフ感高めた本格SUV! 黒感高め外装がカッコイイ「“勝利”仕様」UAEで約1350万円
くるまのニュース
トヨタは『クラウンセダン』のHEVとFCEVのカットモデルを展示…人とくるまのテクノロジー展2024
トヨタは『クラウンセダン』のHEVとFCEVのカットモデルを展示…人とくるまのテクノロジー展2024
レスポンス
MotoGPカタルニアFP1|ポイントリーダーのマルティンがトップタイム。引退表明エスパルガロは5番手
MotoGPカタルニアFP1|ポイントリーダーのマルティンがトップタイム。引退表明エスパルガロは5番手
motorsport.com 日本版
なぜパガーニ「ウアイラ R」がブリティッシュグリーンに?「フォウリ・コンコルソ2024」への出展が決定しました
なぜパガーニ「ウアイラ R」がブリティッシュグリーンに?「フォウリ・コンコルソ2024」への出展が決定しました
Auto Messe Web
トーヨータイヤがサーキット走行イベント「プロクセス・ドライビング・プレジャー」を5月25日に開催
トーヨータイヤがサーキット走行イベント「プロクセス・ドライビング・プレジャー」を5月25日に開催
レスポンス
スズキの個性派軽SUV「ハスラー」に、タフなデザインに仕上げた「ハスラー タフワイルド」を新設定。快適装備充実の仕様変更が嬉しい!
スズキの個性派軽SUV「ハスラー」に、タフなデザインに仕上げた「ハスラー タフワイルド」を新設定。快適装備充実の仕様変更が嬉しい!
Webモーターマガジン
毎年開催決定! 「ジャパンモビリティショー2024」は幕張開催! 新たに実施される「3つの企画」とは?
毎年開催決定! 「ジャパンモビリティショー2024」は幕張開催! 新たに実施される「3つの企画」とは?
くるまのニュース
有明でフォーミュラEができるなら「オラが町」でも! 公道レース向きの「都市」を妄想してみた
有明でフォーミュラEができるなら「オラが町」でも! 公道レース向きの「都市」を妄想してみた
WEB CARTOP
下請代金の適正取引方針を自工会が発表…原材料費やエネルギー費の上昇分を全額転嫁
下請代金の適正取引方針を自工会が発表…原材料費やエネルギー費の上昇分を全額転嫁
レスポンス
ランボルギーニの次世代HPEVスーパースポーツはV8ツインターボエンジン+モーターのプラグインハイブリッドシステムを搭載
ランボルギーニの次世代HPEVスーパースポーツはV8ツインターボエンジン+モーターのプラグインハイブリッドシステムを搭載
カー・アンド・ドライバー
姉妹車……とはいえ双子状態でほぼ違いなし! 西部警察で一躍スターダムにのし上がったのにシルビアに統合されちゃった日産ガゼール
姉妹車……とはいえ双子状態でほぼ違いなし! 西部警察で一躍スターダムにのし上がったのにシルビアに統合されちゃった日産ガゼール
WEB CARTOP
しっかり悩んでみる価値はあり! 超個性派モデル、ベストバイはこれ!【トヨタ・ハイエース】
しっかり悩んでみる価値はあり! 超個性派モデル、ベストバイはこれ!【トヨタ・ハイエース】
月刊自家用車WEB
ホンダ、原付二種レジャーバイク『ダックス125』に新色“ブラック”を追加。8月22日から発売
ホンダ、原付二種レジャーバイク『ダックス125』に新色“ブラック”を追加。8月22日から発売
AUTOSPORT web
シューマッハー家、”AIフェイク”インタビューに対する法的措置で出版社と和解へ
シューマッハー家、”AIフェイク”インタビューに対する法的措置で出版社と和解へ
motorsport.com 日本版
スズキ新型「軽ワゴン」高級車並みの「豪華リアシート」装着! 広々後席で快適に過ごせる“斬新アイテム”とは?
スズキ新型「軽ワゴン」高級車並みの「豪華リアシート」装着! 広々後席で快適に過ごせる“斬新アイテム”とは?
くるまのニュース
仕事と趣味の心強いミカタ! 日産キャラバンが一部改良を実施して新色を追加
仕事と趣味の心強いミカタ! 日産キャラバンが一部改良を実施して新色を追加
WEB CARTOP
天国から帰ってきた母との再会を描く心温まるファンタジー『母とわたしの3日間』
天国から帰ってきた母との再会を描く心温まるファンタジー『母とわたしの3日間』
バイクのニュース
レッドブル、今から本気モード。フェルスタッペン「持てる全てを出さなきゃ」ここ数戦ではライバルの接近許す
レッドブル、今から本気モード。フェルスタッペン「持てる全てを出さなきゃ」ここ数戦ではライバルの接近許す
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1358.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

245.01368.0万円

中古車を検索
D5の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1358.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

245.01368.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村