サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > スバルがトヨタと共同開発中の電動SUVのデザインスタディを公開。そのディテールに迫る

ここから本文です
フェンダートリムの処理にも空力のこだわりを感じる。トヨタ版との違いは前後だけとか?!

スバルがSUBARU技術ミーティングを開催、2020年代~2030年代に向けた各種技術のロードマップを示しました。その内容としては『2030年までにスバル車が関わる死亡事故ゼロを目指す』、『ステレオカメラと人工知能を融合』、『2020年代前半でのストロングハイブリッドの追加』などなど充実したもの。さらに間もなくデビューする新型レヴォーグの1.8Lリーンターボエンジンでは最大熱効率が40%に達した上、将来的にはまだまだ上を目指すというボクサーエンジンへのこだわりも感じさせる発表もありました。

おすすめのニュース

サイトトップへ