現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ブリヂストン “パンクしない”次世代タイヤ「エアフリー」公道実証実験を開始

ここから本文です
ブリヂストン “パンクしない”次世代タイヤ「エアフリー」公道実証実験を開始
写真を全て見る(2枚)

車のニュース [2024.03.01 UP]


ブリヂストン “パンクしない”次世代タイヤ「エアフリー」公道実証実験を開始
 ブリヂストンは2月29日、空気充填が要らない次世代タイヤ「エアフリー」の実用化に向けた実証実験を、3月より東京都小平市近郊の公道で開始すると発表した。

マツダ MAZDA3など5モデルが最高評価!米IIHSの安全性評価で


あらゆる明るさにおいて高い視認性を確保できる青色スポーク
 ブリヂストンは、「エアフリーコンセプト」として2008年から空気充填の要らない次世代タイヤを開発。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

グッドイヤーのプレミアムオールシーズンタイヤ 「VECTOR 4SEASONS GEN-3」がウェットグリップ性能a、転がり抵抗性能Aを獲得
グッドイヤーのプレミアムオールシーズンタイヤ 「VECTOR 4SEASONS GEN-3」がウェットグリップ性能a、転がり抵抗性能Aを獲得
@DIME
住友ゴム スマホアプリ対応のタイヤ摩耗検知システムを村田製作所と共同開発
住友ゴム スマホアプリ対応のタイヤ摩耗検知システムを村田製作所と共同開発
Auto Prove
タイヤ交換のサインを判断する方法5選。タイヤの寿命を延ばすコツは?
タイヤ交換のサインを判断する方法5選。タイヤの寿命を延ばすコツは?
グーネット
タイヤ交換時期はスリップサインで判断 確認方法を画像付きで解説
タイヤ交換時期はスリップサインで判断 確認方法を画像付きで解説
グーネット
スマホアプリでスキャンするだけ、住友ゴムと村田製作所がタイヤ摩耗検知システムを共同開発
スマホアプリでスキャンするだけ、住友ゴムと村田製作所がタイヤ摩耗検知システムを共同開発
レスポンス
スポーツ走行と快適性の「夢」の両立 6年かけて開発、ポルシェ最新サスペンションの仕組みとは
スポーツ走行と快適性の「夢」の両立 6年かけて開発、ポルシェ最新サスペンションの仕組みとは
AUTOCAR JAPAN
トヨタ専用ニュルブルクリンクコース【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
トヨタ専用ニュルブルクリンクコース【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
グーネット
メルセデス・ベンツ 新型「EQA」発表 一充電走行距離を591kmに伸長
メルセデス・ベンツ 新型「EQA」発表 一充電走行距離を591kmに伸長
グーネット
スバル「BRZ」 ワンメイクレース参戦用モデル「カップカー ベーシック」発表
スバル「BRZ」 ワンメイクレース参戦用モデル「カップカー ベーシック」発表
グーネット
アウトドア派注目!フィアット「ドブロ」1日たっぷり試乗できるモニターキャンペーン実施
アウトドア派注目!フィアット「ドブロ」1日たっぷり試乗できるモニターキャンペーン実施
グーネット
「レーシング」の意味? タイヤサイズの215/50までは分かるけどその後の「R」ってなによアールって?
「レーシング」の意味? タイヤサイズの215/50までは分かるけどその後の「R」ってなによアールって?
ベストカーWeb
アバルト初のEV「500e」をたっぷり体験!1DAYモニターキャンペーン始動!
アバルト初のEV「500e」をたっぷり体験!1DAYモニターキャンペーン始動!
グーネット
魅力は“燃費”だけじゃない!最新ハイブリッドカーの基本の「キ」!
魅力は“燃費”だけじゃない!最新ハイブリッドカーの基本の「キ」!
グーネット
雨の日の安全を担う! タイヤ残溝チェックでドライビングを安心に~Weeklyメンテナンス~
雨の日の安全を担う! タイヤ残溝チェックでドライビングを安心に~Weeklyメンテナンス~
レスポンス
レンジローバースポーツ 2025年モデル受注スタート ダークな“ステルスパック”新導入
レンジローバースポーツ 2025年モデル受注スタート ダークな“ステルスパック”新導入
グーネット
自分でエンジンオイルを交換する方法 必要な道具や手順をわかりやすく解説
自分でエンジンオイルを交換する方法 必要な道具や手順をわかりやすく解説
グーネット
グーマガ 今週のダイジェスト【4/6~4/12】トヨタ専用テストコースの“本気度”
グーマガ 今週のダイジェスト【4/6~4/12】トヨタ専用テストコースの“本気度”
グーネット
スバル「フォレスターSTIスポーツ」黒一色で内装コーディネートした特別仕様車をラインナップ
スバル「フォレスターSTIスポーツ」黒一色で内装コーディネートした特別仕様車をラインナップ
グーネット

みんなのコメント

5件
  • nao********
    スポークの間に小石が入って自車や他車に飛石事故が多発しそうだし、長期の停車での変形も可能性ありかな
    でも、リサイクルも可能で軽量だろうし、空気圧の心配も無くなるのは燃費にも良い影響があるだろうから、早期の市販希望です
    結局市販品はサイドフルカバーになるかな?
  • yo*****
    靴でこういうのあるけど、めちゃめちゃ重い。発砲ゴムとかのが軽い。
    タイヤが重いと、燃費の低下・ブレーキ性能の低下・乗り心地や安定性の低下が起こりうるかな。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村