現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > うおおカッコええ! 当然エクストレイルもこの顔に! 北米で兄弟車ローグが劇的マイナーチェンジ!

ここから本文です

うおおカッコええ! 当然エクストレイルもこの顔に! 北米で兄弟車ローグが劇的マイナーチェンジ!

掲載 17
うおおカッコええ! 当然エクストレイルもこの顔に! 北米で兄弟車ローグが劇的マイナーチェンジ!

 顔付きがカッコよくなった! なんのことかといえば、マイナーチェンジした日産ローグの話だ。そしてローグはエクストレイルの兄弟車。ならばエクストレイルもこのイカした顔になることは確実! さっそく詳細をお伝えしよう!

文/ベストカーWeb編集部、写真/NISSAN USA

うおおカッコええ! 当然エクストレイルもこの顔に! 北米で兄弟車ローグが劇的マイナーチェンジ!

■新しいVモーショングリルがいい仕事してまっせ!

エクストレイルの兄弟車である日産ローグの2024年モデル

 まずはエクステリアから。なんといってもニュースはフロントマスクだろう。日産のシンボルでもあるVモーショングリルが一新され、顔つきがぐっと精悍になったのだ。

 従来のローグのフロントグリルは、横への広がりをVモーションが「せき止める」感じがして、ワイド感に欠けるきらいがあった。新型は横方向に何本もルーバーが走り、ぐっと車幅感が増した印象。ヘッドランプの内部構造やバンパーの形状もリニューアルされて、引き締まった顔になった。

 リアではバンパーデザインが変わった。無塗装だった黒い部分がボディと同色となり、がぜん高級感が増した印象だ。グレード別では量販グレード「SV」のホイールが新デザインの18インチに、ハイエンドグレード「プラチナム」が19インチにそれぞれアップグレードされている。

 インテリアも雰囲気が一変した。もともとローグ/エクストレイルの内装は評判がよかったが、ドアパネル、シート、センターコンソールなどの色と質感が見直された。

 また上位グレードの「SL」ではダッシュボード中央のディスプレイが12.3インチに拡大され、ワイヤレス充電パッドも装備された。

 USBについてはもともと前席に2つの「タイプC」が装備されていたが、新たにSV以上のグレードに後席用充電ポートが増設されている。

[articlelink]

■当然エクストレイルにもこのマイナーチェンジが「来る!」

シートやセンターコンソール、ドアトリム表皮の色と質感が変更された

 しかしキャビン最大のトピックは、Googleとの連携だろう。これは日産車初の快挙だ。

 新型ローグでは、Google Playを通じてGoogleアシスタントやGoogleマップを直接ダウンロードし、音声認識などを使ってダイレクトに使うことができるようになった。。いっぽうApple CarPlayやAndroid Autoユーザーは、望めばそちらを優先して利用することもできるようだ。

 運転支援やパワートレインに関しては大きなアナウンスはないから、新型ローグのおもな変更点は以上のようになる。しかしここで改めて思い出してほしいのが、ローグは日産エクストレイルの兄弟車だということ。つまりこのマイナーチェンジは、遠からずエクストレイルにも実施されるのだ。

 発売年次でみると、現行の3代目ローグが北米デビューしたのは2020年6月15日。いっぽう日本のエクストレイルが発表されたのが2022年7月20日だから、両車にはまるまる2年の差がある。

 とはいえエクストレイルのマイチェンも2年後かというとそんなことはない。来年夏、エクストレイルが発売2年を迎えるタイミングで、ローグ同様のマイナーチェンジが行われると予想する。

 SUVマーケットの過酷な戦いは当分続きそう。魅力が増したエクストレイルの戦いに期待しよう!

こんな記事も読まれています

RBのリカルドと角田が新代表メキースを称賛。前任者トストと似た部分もありつつ新鮮な視点をもたらす
RBのリカルドと角田が新代表メキースを称賛。前任者トストと似た部分もありつつ新鮮な視点をもたらす
AUTOSPORT web
21インチホイールも抜かりなくブラック ボルボXC60最高峰モデルにブラックエディション登場
21インチホイールも抜かりなくブラック ボルボXC60最高峰モデルにブラックエディション登場
AUTOCAR JAPAN
市販化するの!? 丸目4灯の70's風「新型レトロスポーツカー」熱望の声に応える! 光岡
市販化するの!? 丸目4灯の70's風「新型レトロスポーツカー」熱望の声に応える! 光岡
乗りものニュース
日産、商用バンの「AD」に踏み間違い衝突防止アシストを全車標準装備とする仕様変更を実施
日産、商用バンの「AD」に踏み間違い衝突防止アシストを全車標準装備とする仕様変更を実施
月刊自家用車WEB
レクサスが高級SUV「新型NX」を初公開! ド迫力の爆ゴツ「アウトドア仕様」も発表! “超タフ”でカッコいい新仕様「オーバートレイル」とは
レクサスが高級SUV「新型NX」を初公開! ド迫力の爆ゴツ「アウトドア仕様」も発表! “超タフ”でカッコいい新仕様「オーバートレイル」とは
くるまのニュース
2024年スーパーフォーミュラ放送体制が発表。ABEMAで『サーキットで会いましょうシーズン2』開始、レース中継テーマソングにはMAN WITH A MISSION!
2024年スーパーフォーミュラ放送体制が発表。ABEMAで『サーキットで会いましょうシーズン2』開始、レース中継テーマソングにはMAN WITH A MISSION!
motorsport.com 日本版
フォーミュラE東京大会のチケット追加販売が決定。3月1日18時より3券種を先着順で販売
フォーミュラE東京大会のチケット追加販売が決定。3月1日18時より3券種を先着順で販売
AUTOSPORT web
「バス通るの…?」日本最長と「秘境酷道」の路線を乗り継ぎ! 撮影会付きストイックバスツアー開催
「バス通るの…?」日本最長と「秘境酷道」の路線を乗り継ぎ! 撮影会付きストイックバスツアー開催
乗りものニュース
とにかくカッコいい! トヨタ「ワイルドSUV」が一躍人気車に! 一度は姿を消した「RAV4」が再注目されるワケ
とにかくカッコいい! トヨタ「ワイルドSUV」が一躍人気車に! 一度は姿を消した「RAV4」が再注目されるワケ
くるまのニュース
スマホ連携・ドラレコ・タイヤ空気圧監視などマルチな機能が1つになった「バイク専用マルチスマートモニター」がクラファンに登場!
スマホ連携・ドラレコ・タイヤ空気圧監視などマルチな機能が1つになった「バイク専用マルチスマートモニター」がクラファンに登場!
バイクブロス
バイク王が「新生活応援キャンペーン」をスタート!
バイク王が「新生活応援キャンペーン」をスタート!
バイクブロス
まさに枠にハマるな!? ホンダのポエムが具現化した尖りすぎたエコカー!! 初代インサイトを解説
まさに枠にハマるな!? ホンダのポエムが具現化した尖りすぎたエコカー!! 初代インサイトを解説
ベストカーWeb
日産「レパード F31」後期型を乗り続ける! 『あぶない刑事』や『ナイトライダー』の劇中車をオマージュした内容とは
日産「レパード F31」後期型を乗り続ける! 『あぶない刑事』や『ナイトライダー』の劇中車をオマージュした内容とは
Auto Messe Web
パーツが出来上がるのが遅過ぎる! ウイリアムズ新加入のパット・フライCTO嘆く「こんなのは見たことないし、二度と経験したくない」
パーツが出来上がるのが遅過ぎる! ウイリアムズ新加入のパット・フライCTO嘆く「こんなのは見たことないし、二度と経験したくない」
motorsport.com 日本版
もうひとつのHONDAパワー「大型船外機BF350」最後発だからこそ、最高のものができた。
もうひとつのHONDAパワー「大型船外機BF350」最後発だからこそ、最高のものができた。
Webモーターマガジン
外環道・大泉IC付近の地上道路、事業着手へ! 目白通りから富士街道まで縦の移動が実現に近付く。
外環道・大泉IC付近の地上道路、事業着手へ! 目白通りから富士街道まで縦の移動が実現に近付く。
くるくら
めちゃすごい…!? 日産「スカイラインGT-R」実車展示! 3億円の「トミーカイラR-Z」反響は?
めちゃすごい…!? 日産「スカイラインGT-R」実車展示! 3億円の「トミーカイラR-Z」反響は?
くるまのニュース
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権のコントロールタイヤが2024年からクムホに決定
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権のコントロールタイヤが2024年からクムホに決定
AUTOSPORT web

みんなのコメント

17件
  • てっさん
    今の顔の方が良いですね
  • all
    海外の車の話はいらないって人いるけど、こういうの見ておけば日本仕様の今後も見えてくると思うし国内販売がない車種でも知らないでいるよりは知っておいた方がいいと思うのだけど

    それにしても相変わらずネガティブなコメントが多いなぁ
    どれだけ日本人が楽しい人生送れてないかという証拠だから仕方ないけど
    韓国と同じ道行ってるよ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

351.0533.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.8578.0万円

中古車を検索
エクストレイルの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

351.0533.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.8578.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村