サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フェラーリエンジンを搭載したマセラティがついに終了! グラントゥーリズモが12年もの長命だった理由とは?

ここから本文です

■旧き良きフェラーリサウンドを奏でる唯一無二の新車で買えるモデルだった

 2007年のジュネーブ・モーターショーで発表された「グラントゥーリズモ」は、間違いなくマセラティ史に残る1台です。

フェラーリ「812GTS」発表 800馬力のV12をフロント搭載したスパイダーモデル

 デザインはピニンファリーナの手によるもので、美しい4人乗り2ドア・スポーツクーペのお手本のようなスタイリングです。1947年に登場したマセラティ「A6 1500」の現代的解釈のスタイリングをしていました。
 
 2009年のフランクフルト・モーターショーではオープンカーである「グランカブリオ」が登場します。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン