サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > じつは復活車名だがそれでいいのか? 成功とは言いがたい初代ダイハツ・ロッキーとは

ここから本文です

 なぜロッキーを復活!? と不思議に思う人も

 ダイハツからロッキーが復活して、一部のクルマ好きを「そう来たか!」と唸らせたが、その裏には歓迎しつつも、「ロッキーかぁ!?」というちょっとため息まじりのものもあったのは事実。車名の復活はいまや多く流行りといってもいいが、ロッキーまでも使うのかという微妙な気持ちはなぜ生じるのか?

なんちゃってヨンクだらけの今こそ乗りたい「悪路御用達」の男前国産SUV4選

 初代は中途半端というイメージも……

 初代ロッキーが登場したのは1990年で、スズキの初代エスクードが大ヒットになったことを受けてダイハツが作った小型のクロカン。エンジンもエスクードと同じ、1.6リッターを積んでいた。

おすすめのニュース

サイトトップへ