サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【世界最高燃費?】トヨタ新型「ヤリス」の燃費・価格が判明! 最短納期は3月か

ここから本文です

【世界最高燃費?】トヨタ新型「ヤリス」の燃費・価格が判明! 最短納期は3月か

■燃費は世界トップレベルの36.0km/Lで価格は139万円から

 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジして新型「ヤリス」として2020年2月10日に発売されることになりました。また今回、発売日以外にも、燃費や価格などが明らかになったのですが、新型ヤリスはどのようなクルマなのでしょうか。

ガソリンなんて気にしない! 国産車燃費激悪ランキングワースト3!

 新型ヤリスは、小型車用に新開発されたTNGAプラットフォーム(GA-B)を初採用したモデルで、軽量で高剛性、低重心のボディを実現。走りが楽しいクルマに進化します。

 パワートレインは、新開発の1.5リッター直列3気筒ダイナミックフォースエンジンを採用した新世代ハイブリッドシステムを設定しました。

 力強くシームレスな走りとともに、WLTCモード燃費はクラス世界トップレベルの36.0km/L(市街地モード:37.5km/L・郊外モード:40.2km/L・高速道路モード:33.4km/L)を実現しています。

 また、ハイブリッド車は、トヨタのコンパクトカーとして初めてE-Four(電気式4WDシステム)を搭載しました。

 ガソリン車においては、新開発の1.5リッター直列3気筒ダイナミックフォースエンジンに、トランスミッションは、スムーズでダイレクトな加速を実現するDirect Shift-CVT(ダイレクトシフトCVT)または6速MTを組み合わせています。

 なお、ダイレクトシフトCVT搭載車の駆動方式は、2WD(FF)と4WDを設定。ガソリン車の4WDについては、2020年4月発売予定です。

 さらに、改良を加えた1リッター直列3気筒エンジンと小型軽量化したCVTとの組み合わせもラインナップ。1.5リッターハイブリッド、1.5リッターガソリン、1リッターガソリンと、ユーザーの選択肢の幅を広げました。

 新型ヤリスの価格(消費税込)は、1リッターガソリンが139万9500円から161万3000円、1.5リッターガソリンが154万3000円から212万4000円、1.5リッターハイブリッドが199万8000円から249万3000円です。

 新型ヤリスと従来型ヴィッツの量販グレードの価格を比較すると、ヤリス 1.5リッターガソリンの「X 2WD ダイレクトシフトCVT」が159万8000円、ヴィッツの1.3リッターガソリン「F 2WD Super CVT-i」が150万9200円で、その差は8万8800円です。

 主な装備の違いは、安全支援システムの「Toyota Safety Sense」やディスプレイオーディオ、カーテンシールドエアバッグなどが新型ヤリスに設定されるうえ、排気量や最高出力なども向上しています。

 新型ヤリスはプラットフォームやパワートレインを新開発して軽快で上質な乗り心地とスムーズとダイレクトな加速を実現するとともに、最新の安全・安全技術と装備を充実させたうえで戦略的な価格設定としました。

 新型ヤリスを販売する首都圏の販売店は、次のようにいいます。

「新型ヤリスは2019年12月6日から予約が開始されており、数十名以上のお客さまからオーダーが入っています。グレードにもよりますが、納期は現時点では3月から4月くらいを見込んでいます。

 ただ、これから本格的に商談が開始されると、オーダーが非常に多くなることが予想されますので、その場合の納期は後ろ倒しになるものと思われます。

 なお、ヴィッツについてはオーダーが終了しており、在庫車はごくわずかという状態です」

■なぜ「ヴィッツ」は「ヤリス」に名称変更されるのか?

 新型ヤリスの外観デザインは、「B-Dash!(ビーダッシュ)」をコンセプトとしました。

「BOLD(大胆)」「BRISK(活発)」「BOOST(加速)」「BREAUTY(美)」などのBに加え、「BULLET(弾丸)」のようにダッシュして「力」が凝縮され、いまにも走り出しそうな躍動感を表現したとトヨタは説明します。

 新型ヤリスのボディサイズは全長3940mm×全幅1695mm×全高1500mmで、ヴィッツより全長が5mm短くなっていますが、全幅と全高は同じです。

 新型ヤリスのヘッドランプはシャープな形状とし、スポーティな印象になりました。フロントバンパー下部の開口部を大型化することで、力強いフロントマスクを表現しています。

 さらに、ボンネットにキャラクターラインを設けて動きのあるデザインを実現しました。

 ヘッドランプの上面やグリル中央には、立方体(キューブパターン)のような柄が入っています。よく見ると「YARIS」の「Y」を意識したグラフィックで、遊び心を詰め込んだといいます。

 リアビューにおいて、上部はリアウインドウとリアコンビランプをひとつにまとめた特徴的なデザインで、バンパーはタイヤの張り出しを際立たせる造形でスタンスの良さをアピールしています。なお、新型ヤリスのアンテナはシャークフィンになります。

 内装は、「SPORTECH-COCOON(スポルテック・コクーン)」をキーワードに、ムダをそぎ落として広さと快適さを確保し、運転に集中できる空間としました。

 ハンドルはヴィッツよりも小さくなり、広くてスポーティな室内を実現。また、インパネ中央のディスプレイは、最近のトヨタ車に採用されている大型モニターが装着されます。
 
 若い女性をメインターゲットとする新型ヤリスではワンランク上の質感を目指し、シートの素材にファッションやインテリアに用いられるツイードのような華やかな素材を採用。厚みを感じさせるジャージ素材にラメプリントを施しています。

 また、ドアトリムに、ソファーなどに用いられているフェルト素材を初採用し、ファブリックのようなパターンをプリントして温かみのあるデザインとしました。

 安全装備については、トヨタ初となる高度駐車支援システム「Toyota Teammate[Advanced Park(パノラミックビューモニター機能付)]」や、交差点右折時の対向直進車や右左折後の横断歩行者も検知対象として「Toyota Safety Sense」を、エントリーグレード以外の全車に標準装備しています。

 機能面では、スマートフォンと連携する「ディスプレイオーディオ」を全車標準装備するとともに、楽に乗り降りできる「ターンチルトシート」をオプション設定しました。

 そのほか、1500Wのアクセサリーコンセントをハイブリッド車にオプション設定。家庭用と同じコンセントを通じて電化製品が使用できるほか、停電時などの非常時には発電機として使用することができます。

 ヤリスという名称は、ヴィッツの海外名として使われていましたが、今後は国内外ともにヤリスとして統一されることになります。

 トヨタの豊田章男社長は、2019年10月16日に新型ヤリスを世界初公開したときに、次のようにコメントをしています。

「ヴィッツを始めとするひと昔前までのコンパクトカーは、主にセカンドカーとして使われていました。しかし、今回の新型ヤリスはコンパクトカーの概念を打ち破るために、ファーストカーとしても乗れるクルマにしたいという想いで車名を『ヤリス』に変えました」

※ ※ ※

 各社からさまざまなコンパクトカーがラインナップされており、日産「ノート」やホンダ「フィット」、マツダ「デミオ」、トヨタでも新型ヤリスのほかに「アクア」などがあります。

 とくにフィットは、新型ヤリスの発売と同じく2020年2月にフルモデルチェンジする予定です。

本来であればフィットは2019年10月にフルモデルチェンジすることになっていましたが、電動パーキングブレーキに不具合が生じたこともあり、新型モデルの登場が遅れています。

 新型フィットも新型ヤリスと同じように、新開発のハイブリッドシステムを搭載し、これまで以上に低燃費になるといわれています。

 新型ヤリスと新型フィットが2020年2月に登場することで、強力なライバルがひしめくコンパクトカー市場は激戦区となることが予想されます。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します