現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高齢者でもギャルでも昭和オヤジが乗ってもサマになる! 老若男女問わず乗り手まで「オシャレ」に見える輸入車5台

ここから本文です

高齢者でもギャルでも昭和オヤジが乗ってもサマになる! 老若男女問わず乗り手まで「オシャレ」に見える輸入車5台

掲載 16
高齢者でもギャルでも昭和オヤジが乗ってもサマになる! 老若男女問わず乗り手まで「オシャレ」に見える輸入車5台

 この記事をまとめると

■時代や性別を超えて愛される欧州車の名車をいくつか紹介

不便を愛せてこそガイシャ乗り! 初めて乗ると「驚く」輸入車事情3つ

■ヨーロッパの街並みのように普遍的なデザインを纏ったクルマが挙がった

■そして長年の歴史を積み重ねたことで万人に愛される魅力を兼ね備えるようになった

 流行に左右されない普遍的なデザインがそこにある!

 築200年以上の建物がそこらじゅうにあったり、1882年に着工して未だ建設中のサグラダ・ファミリアがあるなど、時間のスケールが日本とは違いすぎるヨーロッパ。デザインに関しても、使い捨てや一過性の流行を追い求めるのではなく、長く愛されるものを目指していることが多いと感じます。

 そんなヨーロッパで生まれたクルマもまた、時代やジェンダーを超えて愛される名車がたくさんあります。今回は、流行に左右されず老若男女どなたが乗ってもイケてる、カッコかわいいクルマたちをご紹介します。

 まずは、小さくてもパリの美意識が詰まったデザインが素敵な、ルノー・トゥインゴ。初代は1992年にデビューし、まるいヘッドライトがちょこんとくっついたキュートなフロントマスクと、コロンとしたモノフォルムが魅力的でした。

 2代目は一変してスポーティな2ボックススタイルとなり、走りもドイツ車かと思うほどガッシリとし、3代目となる現行モデルは、その両方の魅力を取り入れたような独自のフォルムがカッコかわいいデザインとなっています。2023年限りで日本向けモデルの生産終了がアナウンスされてしまいましたが、カブリオレもあるトゥインゴは男女問わず、乗る人をオシャレに見せてくれる希少なコンパクトモデルとして、これからも愛され続けることでしょう。

 2台目は、日本ではルパンの愛車として知られているフィアット500。これも普遍的なデザインを手に入れ、世界中で年代・性別を問わず愛されているコンパクトカーです。初代は1936年に誕生し、当時は世界最小の量産車であり国民のアシとして大活躍していました。その初代500の通称は、イタリア語で小さなネズミを意味するトッポリーノ。それは、イタリアでのミッキーマウスの呼び名でもあるということで、ディズニー100周年となった2023年に、ミッキーマウスが描かれた特別なトッポリーノ5台が発表されています。

 現行モデルは2008年から日本で販売され続けており、限定カラーや仕様で自分らしい個性が表現できるところや、元気いっぱいで頼もしい走りがツウな人にも支持されているモデルです。

 3台目は、あのフェルディナント・ポルシェ博士が設計したドイツの国民車が元になって1938年に誕生したフォルクスワーゲン TYPE1ことビートル。そのTYPE1は2003年までの長きにわたって世界中で販売され、その後ニュービートルとして現代に合わせたメカニズムに生まれ変わりました。駆動方式がRRからFFになり、空冷エンジンから水冷エンジンへ。室内空間も広がり、より多くの人に使いやすく、快適なクルマへと進化したのです。

 残念ながら、2019年でその歴史に幕を閉じることとなりましたが、今も唯一無二のデザインにはファンも多く、後世に受け継がれる名車となっています。

 歴代モデルのどれを選んでも間違いなし

 4台目は、タイヤとホイール以外はすべて直線で構成されているといってもいい、初代フィアット・パンダ。かの有名なデザイナー、ジウジアーロの手によるもので、日本には1982年に上陸しています。インパネにはがっぽりと穴が空いた収納スペースがあったり、後席も大人が十分にリラックスできる空間があったりと、見た目よりも使い勝手の良いクルマであるとともに、初代パンダの4WDシステムはメルセデス・ベンツ ゲレンデヴァーゲンを手がけたオーストリアの軍用車メーカー、シュタイヤープフ社が手がけたもので、小さいパンダでもその4WDは優秀な走破性を持っていたことも、一目置かれる存在となっていた理由です。

 その後、20年以上経ってから2003年に2代目パンダが登場。デザインは少し曲線が多くなったものの、なんと2007年にはパリダカに参戦するほどの実力の持ち主。2代目となっても、かわいいだけじゃないデキるクルマとして、「わかってる人」が選ぶクルマの1つとなっています。

 5台目は、少しずつ名前が変わってもブランドに流れる血統が受け継がれている、プジョー208。日本では1983年登場の205から、一気にクルマファンの心をつかんだと言われていますが、とくにコンパクトカーなのに大排気量車をカモれる速さが注目され、「ホットハッチ」という言葉が流行するきっかけともなった、高性能バージョンの205GTIが記憶に残る人も多いことでしょう。

 その後、206も大ヒットし、207、現在の208と、プジョーらしい走りと猛獣をイメージしたデザインで、ブレない世界観を表現しているところがプジョーの魅力。208に乗っていると、誰でもスポーティで若々しく見えるのも素敵なところです。

 というわけで、ヨーロッパ車にはかわいいだけでもかっこいいだけでもなく、ストーリーや歴史が詰まったクルマが多いことから、若い世代だけでなく熟年世代にも似合うコンパクトカーがたくさんあるのではないでしょうか。

こんな記事も読まれています

「ランクル250販売前線」悲喜こもごも?? 意外に多い「辞退客」とは? ディーラーごとに対応は千差万別だった
「ランクル250販売前線」悲喜こもごも?? 意外に多い「辞退客」とは? ディーラーごとに対応は千差万別だった
ベストカーWeb
テスラ「モデル3」 最高速262キロ!専用デザインの新グレード「パフォーマンス」追加
テスラ「モデル3」 最高速262キロ!専用デザインの新グレード「パフォーマンス」追加
グーネット
ヒョンデ、高性能EV「IONIC 5 N」の国内仕様車の概要を発表 4月25日から期間限定モデル「First Edition」の購入予約受付を開始
ヒョンデ、高性能EV「IONIC 5 N」の国内仕様車の概要を発表 4月25日から期間限定モデル「First Edition」の購入予約受付を開始
月刊自家用車WEB
「サーキット以外の場所でやることにも意味があったと思う」盛り上がりを見せた岩佐歩夢発案のSFキャラバンが成功裏に終了
「サーキット以外の場所でやることにも意味があったと思う」盛り上がりを見せた岩佐歩夢発案のSFキャラバンが成功裏に終了
AUTOSPORT web
新型スイフトスポーツも新型ワゴンRも24年夏に登場予定か!? スズキは計5台の新型を投入で戦力アップなるか
新型スイフトスポーツも新型ワゴンRも24年夏に登場予定か!? スズキは計5台の新型を投入で戦力アップなるか
ベストカーWeb
「SLS AMG」の偉大さをメカニズムから検証。速さだけでないメルセデスの安全思想も注ぎ込まれた最高傑作の1台でした
「SLS AMG」の偉大さをメカニズムから検証。速さだけでないメルセデスの安全思想も注ぎ込まれた最高傑作の1台でした
Auto Messe Web
スーパーカーオーナーさん、いらっしゃい──新型ヒョンデ アイオニック5 N試乗記
スーパーカーオーナーさん、いらっしゃい──新型ヒョンデ アイオニック5 N試乗記
GQ JAPAN
愛犬家は要チェック!?ルノー「カングー」最長1年間貸与!モニターキャンペーン実施
愛犬家は要チェック!?ルノー「カングー」最長1年間貸与!モニターキャンペーン実施
グーネット
軽からミニバンまで!車中泊にぴったりの厚さ8cmマット、新デザイン登場 ベアーズロック
軽からミニバンまで!車中泊にぴったりの厚さ8cmマット、新デザイン登場 ベアーズロック
グーネット
BMW 燃料電池車「iX5 ハイドロジェン」 日本での実証実験を2024年も継続
BMW 燃料電池車「iX5 ハイドロジェン」 日本での実証実験を2024年も継続
グーネット
【24’ 4/22最新】レギュラーガソリン平均価格、再び175.0円に値上がり
【24’ 4/22最新】レギュラーガソリン平均価格、再び175.0円に値上がり
グーネット
代役スピネッリ、SBK初陣でギャンブル大成功「これがレース!信じられないような勝利で嬉しい」/第3戦オランダ
代役スピネッリ、SBK初陣でギャンブル大成功「これがレース!信じられないような勝利で嬉しい」/第3戦オランダ
AUTOSPORT web
「盗まれた」県が怒りの声明 県道の工事現場から“かなり重い資材”が複数 被害総額300万円超
「盗まれた」県が怒りの声明 県道の工事現場から“かなり重い資材”が複数 被害総額300万円超
乗りものニュース
さよなら「ゾエ」! ルノーのEV先駆者を振り返る 後継は「5」 楽しい走りで電費は優秀
さよなら「ゾエ」! ルノーのEV先駆者を振り返る 後継は「5」 楽しい走りで電費は優秀
AUTOCAR JAPAN
「911ターボ」登場から50年! 「911ダカール」と「タイカンGTS」と並んでポルシェの過去・現在・未来を表現したブースがおしゃれ
「911ターボ」登場から50年! 「911ダカール」と「タイカンGTS」と並んでポルシェの過去・現在・未来を表現したブースがおしゃれ
Auto Messe Web
王者ミケリスが貫禄のポール・トゥ・ウイン。新たな僚友ジロラミも初勝利/TCRワールドツアー開幕戦
王者ミケリスが貫禄のポール・トゥ・ウイン。新たな僚友ジロラミも初勝利/TCRワールドツアー開幕戦
AUTOSPORT web
羽付き9X8のデビュー戦9位は「最大限の結果」とプジョー技術ボス。1周目の事故で損傷の94号車も完走
羽付き9X8のデビュー戦9位は「最大限の結果」とプジョー技術ボス。1周目の事故で損傷の94号車も完走
AUTOSPORT web
もはやガソリン車より便利に…? 高速道の「EV充電器」怒涛の増設! 魔の空白区間?―“出ていいよ”
もはやガソリン車より便利に…? 高速道の「EV充電器」怒涛の増設! 魔の空白区間?―“出ていいよ”
乗りものニュース

みんなのコメント

16件
  • mac********
    輸入車がオシャレなのは当たり前。しかも挙げてる5台がド定番すぎる。
    何のヒネリも無いつまらん記事だな。
  • tom********
    50過ぎですが、オレンジ色と水色の輸入車に乗っています
    クルマはスペックもいいが、形と色は輸入車の方が一枚上手だと思います
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村