現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 見た目変化なしも“フルアップデート”済み。ポルシェ、『963』に前倒しでジョーカー投入

ここから本文です

見た目変化なしも“フルアップデート”済み。ポルシェ、『963』に前倒しでジョーカー投入

掲載
見た目変化なしも“フルアップデート”済み。ポルシェ、『963』に前倒しでジョーカー投入

 ポルシェ・ペンスキー・モータースポーツ(PPM)のマネージングディレクターであるジョナサン・ディウグイドによると、今週デイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われたIMSA公認テストでは、2台の“ファクトリー”ポルシェ963が「フルアップデート」された状態で走行したという。

 ポルシェは、WEC世界耐久選手権やIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップの2024年シーズンに向けて、今年デビューしたプロトタイプカーにアップデートを実施する唯一のLMDhメーカーであると理解されている。

ポルシェ・ペンスキー、WECとIMSAのドライバーを一部入れ替え。王者キャメロンが北米復帰へ

 一方、ライバルメーカーであるアキュラ、BMW、キャデラックは、さまざまなコンポーネントの再ホモロゲーションをともなう“EVOジョーカー”を求めないことを選択した。

「私たちはそのプロセスにおいて、かなり進んでいると思う」とディウグイドはSportscar365に語った。

「今週はカスタマー(チームの963)がこの場所にいないが、PPMのクルマについてはIMSA、FIA国際自動車連盟、ACOフランス西部自動車クラブと議論し、彼らの要請で暫定的に承認されたアップデートをすべて前倒しして投入した」

「クルマはここで完全なアップデートを受けているんだ。我々はそれを進めている」

 同氏は、すべてのアップデートが認可団体によって条件付きで承認されたかどうかについては確認しなかったが、マシンは2024年シーズンに向けてレースを戦うことを意図した仕様になっていることを示した。

「条件付き(承認)なのか何なのか、それを説明する方法はわからないが、私たちは何が承認されず何が承認されたのかは分かっている」と彼は述べた。

「私たちは基本的に、前倒しのアップデートについて『2024年のレース(仕様)はこうなることを期待している』と言った」

 ポルシェのLMDhファクトリーディレクターであるウルス・クラトルは今週デイトナに姿を見せていないが、以前Sportscar365の取材に対し、メーカーはドライバビリティと信頼性の向上を中心にアップデートを進めていると語っていた。

 彼はまた、すべてのアップデートが変更されていないボディワークの下で行われるため、クルマの視覚的な変更を期待しないようにとも言った。

 ディウグイドは「全般的にそうだが、主な焦点は信頼性のアップデートだ」と語る。

「なぜなら、新しいシーズンに向けて私たちが片付けなくてはならない最大のポイントが信頼性だからだ」

「パフォーマンス関連のアップデートは一切行っていない」

 WECの車両規定であるLMH(ル・マン・ハイパーカー)マシンの場合と同様に、LMDhメーカーはホモロゲーション期間中、最大5つまでのジョーカーを使用することが認められ、現在は両プラットフォームともに2027年までこのルールが適用されることになっている。

 ディウグイドは、ポルシェがアップデートに使用したジョーカーの数については言及しなかった。

「それはポルシェとウルス(・クラトル)が答えるべき質問だろう」と彼は言った。

■2台で異なるアプローチをとるポルシェ・ペンスキー

 ポルシェ・ペンスキー・モータースポーツ(PPM)はデイトナテストでふたつのアプローチを取っている。WECからIMSAに戻る北米シリーズ3度の王者デイン・キャメロンをはじめ、フェリペ・ナッセ、マット・キャンベル、ジョセフ・ニューガーデンの4名がドライブする7号車ポルシェ963はロングランに焦点を当てているのだ。

「昨年の我々のアキレス腱は、アクシデントやマシンの故障など、耐久レースでの信頼性だった」とディウグイド。

「しかし今日は、とくに7号車に焦点を当てている。彼らのマイレージを稼ぐことだけに集中し毎セッション、ロングランをしているんだ」

「11月にもテストが予定されていたのだが、バックストレートの補修のためにキャンセルになった。だから、ここで走行距離を稼ぐことに集中しているんだ」

「セブリングで行った11月初旬のテストでも距離を稼ぎ、基本的にはマシンとパーツを7号車に持ち越した。それはCOTA(サーキット・オブ・ジ・アメリカズ)でも続く。我々は3つの(テスト)イベントで耐久走行のマイレージ目標を達成しようとしているんだ」

 マシュー・ジャミネ、ニック・タンディ、ローレンス・ファントール、ケビン・エストーレが乗り込むPPMの6号車は、“レース・パフォーマンス”に重点を置いているとディウグイドは説明した。

「デイトナで速いことはたしかに重要だ。しかし、私たちはそこでレース・パフォーマンスに焦点を当てている」と彼は付け加えた。

 ポルシェ・ペンスキーが来週COTAで行うテストは、ランボルギーニ・アイアン・リンクスが主催するもので、“WECトリム”で行われるが、現在デイトナでテストしているのと同じ7号車が使用される。

 ディウグイドによると、チームは9月のローン・スター・ル・マン(WEC第6戦COTA)の復活に向けた追加テストのため、真夏にオースティンに戻る予定だという。

こんな記事も読まれています

フェルスタッペンが自身通算37回目のPP獲得。角田裕毅は苦戦続き最後列に【予選レポート/F1第5戦】
フェルスタッペンが自身通算37回目のPP獲得。角田裕毅は苦戦続き最後列に【予選レポート/F1第5戦】
AUTOSPORT web
アストンマーティン、ストロールの玉突き事故は「不運」と擁護。急ブレーキの連鎖はサインツJr.から始まった?|F1中国GP
アストンマーティン、ストロールの玉突き事故は「不運」と擁護。急ブレーキの連鎖はサインツJr.から始まった?|F1中国GP
motorsport.com 日本版
スズキ新「キャリイ」「スーパーキャリイ」発売! 安全&快適が進化 新色を設定 シリーズを一部仕様変更
スズキ新「キャリイ」「スーパーキャリイ」発売! 安全&快適が進化 新色を設定 シリーズを一部仕様変更
乗りものニュース
アルパイン 高性能ステレオスピーカー搭載・天井取り付け型「クリアサウンド リアビジョン」を5月に発売
アルパイン 高性能ステレオスピーカー搭載・天井取り付け型「クリアサウンド リアビジョン」を5月に発売
くるまのニュース
リカルド激怒! 追突ストロールに対する怒り収まらず「何? 僕のせいだって? ふざけるな!」|F1中国GP
リカルド激怒! 追突ストロールに対する怒り収まらず「何? 僕のせいだって? ふざけるな!」|F1中国GP
motorsport.com 日本版
馬鹿げたアクシデントだ! ストロール、リカルド撃墜でペナルティも裁定に不服「集団の先頭で誰かがブレーキを踏んだ」
馬鹿げたアクシデントだ! ストロール、リカルド撃墜でペナルティも裁定に不服「集団の先頭で誰かがブレーキを踏んだ」
motorsport.com 日本版
ファンにはちょっと残念! 国産トラックメーカーの統合が進みこの先「実質2社」になる可能性
ファンにはちょっと残念! 国産トラックメーカーの統合が進みこの先「実質2社」になる可能性
WEB CARTOP
中国で苦境に陥った角田裕毅、問題解決できるのか? レース中に僚友リカルドのマシンを観察「トラクションの量がかなり違っていた」
中国で苦境に陥った角田裕毅、問題解決できるのか? レース中に僚友リカルドのマシンを観察「トラクションの量がかなり違っていた」
motorsport.com 日本版
取り付けは約10秒、カーメイトが「ワイドリアビューミラー」発売…ジムニー、ランクル、ヤリスなどの純正ミラーに装着
取り付けは約10秒、カーメイトが「ワイドリアビューミラー」発売…ジムニー、ランクル、ヤリスなどの純正ミラーに装着
レスポンス
女性WECチームにラヘル・フレイが復帰へ。F1アカデミーなど参戦のドリアーヌ・パンと交代
女性WECチームにラヘル・フレイが復帰へ。F1アカデミーなど参戦のドリアーヌ・パンと交代
AUTOSPORT web
スーパー耐久新法人『STMO』でモリゾウ理事長が目指すもの、そして守っていくものは
スーパー耐久新法人『STMO』でモリゾウ理事長が目指すもの、そして守っていくものは
AUTOSPORT web
「また赤信号だ!!」イライラするほど引っかかる? 実は心理ついたシステムにハマったのかも
「また赤信号だ!!」イライラするほど引っかかる? 実は心理ついたシステムにハマったのかも
乗りものニュース
「高速SA」に泊まれる!? 謎の「ハイウェイホテル」車中泊より快適ってホント? “どんな人”が利用しているのか
「高速SA」に泊まれる!? 謎の「ハイウェイホテル」車中泊より快適ってホント? “どんな人”が利用しているのか
くるまのニュース
角田裕毅、中国GPは散々な週末に。混乱の中順位上げるもマグヌッセンに撃墜され終戦「僕はかなりスペースを空けていたから腹立たしい」
角田裕毅、中国GPは散々な週末に。混乱の中順位上げるもマグヌッセンに撃墜され終戦「僕はかなりスペースを空けていたから腹立たしい」
motorsport.com 日本版
【正式結果】2024年F1第5戦中国GP スプリント
【正式結果】2024年F1第5戦中国GP スプリント
AUTOSPORT web
ヤマハ発動機、80年代のGPマシンをイメージした「XSR900 GP ABS」発売
ヤマハ発動機、80年代のGPマシンをイメージした「XSR900 GP ABS」発売
日刊自動車新聞
モーターマガジンMovie 週間視聴回数BEST5 プラス1(2024年4月14日~4月20日)
モーターマガジンMovie 週間視聴回数BEST5 プラス1(2024年4月14日~4月20日)
Webモーターマガジン
GWのロングドライブ時にも頼りになる、新作“ハローキティ”グッズ4選!【特選カーアクセサリー名鑑】
GWのロングドライブ時にも頼りになる、新作“ハローキティ”グッズ4選!【特選カーアクセサリー名鑑】
レスポンス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村