現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 見た目はほぼ同じでも革命的に進化したマクラーレン「750S」! 第3世代に進化した「プロアクティブ シャシー コントール」の実力は?

ここから本文です

見た目はほぼ同じでも革命的に進化したマクラーレン「750S」! 第3世代に進化した「プロアクティブ シャシー コントール」の実力は?

掲載 3
見た目はほぼ同じでも革命的に進化したマクラーレン「750S」! 第3世代に進化した「プロアクティブ シャシー コントール」の実力は?

720Sから750Sへのモデルチェンジは革命に近い進化だった

マクラーレンのコア・モデルともいえる720Sが発表されたのは2017年のジュネーブ・ショーでのことだった。そのステアリングを初めて握った時の興奮と感動は今も忘れてはいない。それが6年も前の経験だったとは今でも信じられないほどに、720Sは当時のスーパースポーツの中でも特筆すべき一台だった。その720Sが750Sへとモデルチェンジされた。車名に掲げられる数字が720から750へと変化したことから、ミッドに搭載されるエンジンがさらに30psのエクストラを得たのだろうということは容易に想像できたが、リリースを読み進めると、720から750への進化はいわゆるマイナーチェンジのレベルではないことが徐々に理解できてきた。はたしてマクラーレンは750Sをどのようなニューモデルに仕立ててきたというのか。今回はポルトガルの一般公道と、かつてのGPサーキットであるエストリルでその走りを試すことができたので、さっそくその報告に入ろう。

マクラーレンとメルセデスのダブルネームの「SLR」なら8000万円オーバーの価値は十分にあり! 150台限定の「722エディション」なら安すぎる!?

最軽量モデルの乾燥重量は1277kg

750Sのエクステリアデザインは、基本的に720Sのシルエットをそのまま受け継いだものだ。ボディタイプがクーペとスパイダーの2タイプ用意されるのもこれまでと同様。だがフロントのスプリッターはより拡大され、アイソケットと呼ばれる特徴的なヘッドライト部のデザインはやや細く、さらにリアホイールアーチのベントもデザインが改められた。

カーボンファイバー製の可変式のリアウイングも、より大きなダウンフォースを発生させるほか、DRS=ドラッグ低減機能やエアブレーキとしての機能も果たす。ちなみにこのリアスポイラーは、クーペとスパイダーとでは展開する角度と速度が異なるという。

ボディサイドから見る750Sは、じつに有機的でダイナミックな造形だ。あたかも彫刻作品のように彫り込まれたドアのボトム部にはエアのラインがあり、ここで整えられたエアはラジエータの冷却効果を最大化する。

またドアにあるブレードは、フロントタイヤからの乱気流をコントロールし、全体の空気効率を高める重要な役割を担う。細いフロントピラーは、カーボン製のモノコックと、やはりカーボンを主材料とするボディによる剛性の高さを物語るひとつの証拠。結果コックピットからの視界も良好で、コーナリング時にもピラーでコーナーの出口が見えないという状況は最小限に抑えられる。

そしてこの750Sで何より大きなトピックといえるのは、軽量化がさらに進められたこと。モノコックは30kgも軽量な設計となり、車両全体では最もメカニズムや仕様の近い競合モデルより、重量では193kgのアドバンテージを得るにいたった。

最軽量モデルの乾燥重量は1277kgである。スパイダーでももちろんこの軽量性はかわらない。カーボン製のアッパー・ストラクチャーとコンポジット製リトラクタブル・ハード・トップ=RHTの採用で、クーペからの重量比はわずかに49kg。そのハンデは、0‐200km/h加速のデータで比較しても、クーペの7.2秒に対してスパイダーでは7.3秒と無きに等しい。

スパイダーは快適な乗り心地を感じさせるスーパーカー

まずは一般道で、このスパイダーから試乗を始めることにした。コックピットは相変わらずドライバーの機能性を重視した設計。ステアリングホイール上にひとつもスイッチがレイアウトされていないのは好感が持てる。ドライバーはステアリングに手を置いたまま、アクティブ・ダイナミクスの「コンフォート」、「スポーツ」、「トラック」の各設定を、パワートレイン、シャシーの各々で独立して変更することができるのだ。

この750Sから採用されたマクラーレン・コントロール・ローンチャー=MCLも便利な機能。これはエアロダイナミクス、ハンドリング、パワートレイン、トランスミッションの各設定から好みの組み合わせを作りそれを記憶。マクラーレンのエンブレムが描かれたスイッチを押すだけでその設定を瞬時に呼び出すことができるというもの。

通常の市街地走行ではコンフォートな設定で、そしてワインディングや高速道路に入ったら、MCLで即座に750Sのパフォーマンスをフルに味わいたいというカスタマーには特に便利な機能といえそうだ。

リアミッドに搭載されるエンジンは、4LのV型8気筒ツインターボ。フラットプレーン独特の官能的なサウンドは、このスパイダーではRHTをオープンにしなくとも、リアウインドウを開けることでよりダイレクトにキャビンへと響いてくる。

最高出力の750ps、最大トルクの800Nmは、アルティメット・シリーズのファーストモデル、P1に搭載されたエンジンをも超越する動力性能。トルクの立ち上がりは早く、そして高速域までスムーズな回転に終始する。トルクのピークは4000rpm付近で感じられる。参考までにレブリミットは8500rpmの設定だ。

M840T型と呼ばれるこのエンジンは、もちろん720Sに搭載されていたM840T型の、単なる排気量拡大版ではない。超低慣性のツインスクロール型ターボのブースト圧はさらに引き上げられ、シリンダーの内圧もアップ。2基目のハイフロー燃料ポンプや765LTと同じ軽量ピストンの採用、独自のエンジン・マネージメントと、その改良ポイントは多岐にわたる。

エンジン、シャシーともにコンフォート・モードを選択してドライブした一般路での750Sスパイダーは、実に快適な乗り心地を感じさせるスーパーカーだった。それはやはり基本構造体たるモノコックタブやボディー剛性、そして今回750Sのために、こちらも第3世代へと進化した油圧式のプロアクティブ・サスペンション=PPCIIIの滑らかな動きの相乗効果によるもの。

前方に大きなギャップを見つけて身構えても、750Sスパイダーはじつにスムーズにそれを乗り越え、高級サルーンのような乗り心地を維持したまま快適な走行を続けるのだ。ラゲッジスペースも十分な容量。これならば長距離の旅行でも余裕でこなせるだろう。720Sでは10秒を要したフロントのビークル・リフトも、750Sではわずか4秒でそれが実行される。

自信と信頼感を持ってコーナーへと飛び込んでいける

試乗のステージをエストリル・サーキットに変え、次はクーペのステアリングを握る。試乗車にはオプションのロールケージや、レーシング・バケットシート、それにピレリ製のPゼロ・トロフェオRタイヤが装着されており、まさにサーキット・スペシャルといった印象。

ここではフロントで3%ソフトに、リアでは4%ハードに変更されたスプリングレートとPPCIIIの動き、そしてフロントトレッドが6mmプラスされたというフットワークの実力を知らしめられることになった。

エストリルは大小さまざまなコーナーが連続するテクニカルなサーキットだが、750Sはその大きさを問わず、常に安定したコーナリングに終始してくれるのだ。ギアレシオがよりクイックになったステアリングも、より積極的にコーナリングを開始するという点ではファイン・チューニング。ドライバーは常に自信と信頼感を持って、コーナーへと飛び込んでいけるはずだ。

レース・モードでの750Sは、まさに獰猛な肉食動物といった印象の走り。その運動性能をフルに試したければ、可変ドリフトコントロール=VDCによって、エレクトリック・スタビリティ・コントロール=ESCのセッティングとは別に、トラクション・コントロールの介入レベルを調整することも可能だ。

そしてサーキット走行では、スポーツとトラックの両モードを選択した場合、ドライバーのシフトダウンによってエンジンがオーバーレブする時には、自動的に最適な速度に落ちるまで、次のギアへのシフトを待機するリミット・ダウンシフト機能の素晴らしさを何回も経験した。720Sから750Sへのモデルチェンジ。それはエボリューション(進化)ではなくレボリューション(革命)に近いレベルだったと評しても過言ではない。

こんな記事も読まれています

「50年前のバス」埼玉で乗れる!地域活性化のシンボルに 新緑が美しい飯能エリアで「乗車ツアー」開催
「50年前のバス」埼玉で乗れる!地域活性化のシンボルに 新緑が美しい飯能エリアで「乗車ツアー」開催
乗りものニュース
[Pro Shop インストール・レビュー]マツダ CX-8(岡本翔伍さん)by リクロス 後編
[Pro Shop インストール・レビュー]マツダ CX-8(岡本翔伍さん)by リクロス 後編
レスポンス
乗用車ベースで電制サスに6速ミッション?? GRモデルもビックリ仰天の動力性能よ!! 元祖乗用SUVのカリブを振り返る
乗用車ベースで電制サスに6速ミッション?? GRモデルもビックリ仰天の動力性能よ!! 元祖乗用SUVのカリブを振り返る
ベストカーWeb
クルマで「トコジラミ」”繁殖”の可能性アリ? 脅威の「害虫」どう対処すべき? ”打ち倒す“方法とは
クルマで「トコジラミ」”繁殖”の可能性アリ? 脅威の「害虫」どう対処すべき? ”打ち倒す“方法とは
くるまのニュース
ホンダの電動二輪など4製品がレッドドット・デザイン賞を受賞
ホンダの電動二輪など4製品がレッドドット・デザイン賞を受賞
レスポンス
硬派に行くならジムニー一択!! コスパで選ぶならヤリスクロス!? 若者にオススメしたコンパクトSUV6選
硬派に行くならジムニー一択!! コスパで選ぶならヤリスクロス!? 若者にオススメしたコンパクトSUV6選
ベストカーWeb
生産済みの車両は安全性が確認されているの新たには出荷停止……ってどういうこと? ダイハツ事件にみる「認証試験」の問題点とは
生産済みの車両は安全性が確認されているの新たには出荷停止……ってどういうこと? ダイハツ事件にみる「認証試験」の問題点とは
WEB CARTOP
消滅は「人類の進歩」といえるのか? ベントレー・フライングスパー・スピードでザ・マッカランへ(2)
消滅は「人類の進歩」といえるのか? ベントレー・フライングスパー・スピードでザ・マッカランへ(2)
AUTOCAR JAPAN
ベントレー最後の「W12」を堪能 フライングスパー・スピードでザ・マッカランへ(1) 僅か120台限定
ベントレー最後の「W12」を堪能 フライングスパー・スピードでザ・マッカランへ(1) 僅か120台限定
AUTOCAR JAPAN
引退進む「金ホイール&デカッ羽」見るなら今! スーパーパトカー軍団、栃木の秘蔵っ子いつまで現役?
引退進む「金ホイール&デカッ羽」見るなら今! スーパーパトカー軍団、栃木の秘蔵っ子いつまで現役?
乗りものニュース
受注1万台突破! WR-Vの爆売れが止まらない! 人気色からグレードまで全部わかった!
受注1万台突破! WR-Vの爆売れが止まらない! 人気色からグレードまで全部わかった!
ベストカーWeb
やらないと、どんな問題が起こる? 忘れてしまいがちなバイクのオイル交換
やらないと、どんな問題が起こる? 忘れてしまいがちなバイクのオイル交換
バイクのニュース
トヨタ『4ランナー』新型に冒険仕様「トレイルハンター」を初めて設定
トヨタ『4ランナー』新型に冒険仕様「トレイルハンター」を初めて設定
レスポンス
運転がチョー楽チンになるアダプティブ・クルーズ・コントロール! そいつを世界初採用したのはまさかの三菱車だった!
運転がチョー楽チンになるアダプティブ・クルーズ・コントロール! そいつを世界初採用したのはまさかの三菱車だった!
ベストカーWeb
S耐王者の「GT-R」がSUPER GTに殴り込み! 老舗チームとのバトルは必見です【参戦26台を一挙紹介Vol.5】
S耐王者の「GT-R」がSUPER GTに殴り込み! 老舗チームとのバトルは必見です【参戦26台を一挙紹介Vol.5】
Auto Messe Web
F1中国GP、5年ぶりの開催に向けてサーキット路面のバンプを除去。新世代F1マシン迎える準備進む
F1中国GP、5年ぶりの開催に向けてサーキット路面のバンプを除去。新世代F1マシン迎える準備進む
motorsport.com 日本版
新車カタログをみると燃費が2種類あるけどナゼ? WLTCとJC08モード燃費の違いとは
新車カタログをみると燃費が2種類あるけどナゼ? WLTCとJC08モード燃費の違いとは
WEB CARTOP
【クルマら部】クルマ愛クイズ!「日産 スカイラインGT-R」全4問・解答編!
【クルマら部】クルマ愛クイズ!「日産 スカイラインGT-R」全4問・解答編!
レスポンス

みんなのコメント

3件
  • la******
    マクラーレンはずっっと顔が悪い。
    フロントだけ変えれば良い車なんだろうけどね。
    乗ったこと無いから知らんけど。
  • div********
    ニキビも治るサスペンション
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3530.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2380.03580.0万円

中古車を検索
720Sの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3530.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2380.03580.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村