現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > MTでEVは面白くなる? トヨタが本気で開発するギミック・マニュアル 半クラやエンストも再現

ここから本文です

MTでEVは面白くなる? トヨタが本気で開発するギミック・マニュアル 半クラやエンストも再現

掲載 90
MTでEVは面白くなる? トヨタが本気で開発するギミック・マニュアル 半クラやエンストも再現

電気自動車を単なる工業的な商品にしない

トヨタは、バッテリーEVが単なる移動手段とならずに、内燃エンジンを積んだモデルと同じく、運転を楽しめるクルマにしたいと考えている。そこで開発が進められているのが、ギミックのマニュアル・トランスミッション(MT)だ。

【画像】MTでEVは面白くなる? 開発中のプロトタイプ レクサスとトヨタの現行EV LFAとGR86も 全105枚

このシステムの開発には、既に3年間も費やされている。新しいモジュラーアーキテクチャをベースとする、2026年以降に発売されるバッテリーEVへ、オプション設定されるという。

基本的には、ソフトウエア上で電動ドライブトレインを変速したように制御するもの。ハードウエア的には、クラッチペダルとシフトレバー、タコメーターなどが追加される。電気的なものだから、シフトパドルでの変速も可能だという。

トヨタの技術者は、バッテリーEVの運転を楽しくするための一環として、豊田章男会長の意向を受けてシステムの開発を進めていると話す。電気自動車を、単なる工業的な商品にしないために。

バッテリーEVで動くMTは、どんな運転体験をもたらしてくれるのだろう。本来は、これまで多くのクルマへ一般的に搭載されてきたメカニズムではあるが、擬似的にバッテリーEVへ搭載されるという点では、前例がないシステムといえる。

今回、英国編集部はレクサスUX 300e上で実際に体験する機会を得た。車内へ追加されたシフトレバーやペダル類は、トヨタGR86のアイテムが流用されていた。

半クラッチやエンストも再現 驚くほどの真実味

かくして、バッテリーEVではないと感じさせることに成功している。MTのクロスオーバーを運転しているようだった。

システムをオンにし、シフトセレクターでDを選択するところまでは、通常のUX 300eと変わらない。それに続いてエンジン・スタートボタンを押すと、人工的なエンジン音が車内で再生される。

やや重めのクラッチペダルを踏みながらシフトレバーを倒し、1速へ入れる。レバーのストロークは短く、動きは正確。半クラッチを利かせることもできる。回転数を合わせないと、エンストを真似た状態にもなる。

速度上昇は鋭い。ベースのUX 300eを運転している時より、遥かに「加速させる」というプロセスへ関わっている感じがする。本来は、非常に淡白な印象のモデルだということを忘れるほど。

それ以外の反応も、MT車を細かく再現している。シフトダウンしてエンジンブレーキを効かせられるし、ニュートラルで惰性走行もできる。

低い回転数のままトップギアに入れると、トルクが足りず息苦しそうになる仕草も再現される。スピーカーから、ガタガタと振動する音が聞こえてくる。間違いなくギミックではあるが、驚くほど真実味があった。

特定のモデルを疑似体験させるソフトも

調整が必要な部分は残っている。シフトアップ後のトルクの変化は、自然には感じられなかった。それでも、既存の電動ハッチバックやクーペで試したいと思えるほど、魅力的なシステムだと思えた。

ドライバーとの一体感をどう高めるかは、現在のバッテリーEVの大きな課題の1つといえる。ヒョンデも同様のシステムを開発中ではあるが、多くのクルマ好きへ希望を与えるような、意欲的な取り組みといえるだろう。

さらにトヨタは、特定のモデルを疑似体験できる、バッテリーEV専用のオンデマンド・ソフトウエアも開発している。体験したベース車両は、レクサスRZ。これに、トヨタ・パッソとタンドラ、レクサスLFAを模した試作ソフトウエアが実装されていた。

この技術は、上記のマニュアル・システムより遥かに開発初期の段階にある。同社の技術者が助手席へ座り、ノートパソコン上から疑似体験したいモデルのソフトウエアを呼び出す必要があった。

まずは、レクサスRZでスタート。といっても、ベース車両だから普段通り。

パッソの特性へ切り替えてもらうと、突然パワーが弱くなる。RZの軽快感と比べると、ハンドブレーキをリリースし忘れた時のように、加速が鈍い。車内には、小さなエンジンが頑張っているノイズが響く。なかなか面白い。

目標は1000車種の疑似体験

次に、V6ターボガソリンのハイブリッド・ピックアップトラック、タンドラへ切り替えてもらう。加速時にはエンジンの唸りが響くが、速度が安定するとハイブリッド車らしく静かに落ち着く。

最後はLFA。大げさな演出が待っているのかと想像したが、期待ほどではなかった。人工的な味付けは、そこまで強くはない。テレビゲームのエンジン音のような、甲高いサウンドがスピーカーから再生される。聴覚的には、かなり速い。

とはいえ、RZをLFAのように感じさせることは簡単ではない。5ドアの電動SUVと、2シーターのスーパーカーはまったく違う。

トヨタは、Arene(アリーン)と呼ばれる独自のソフトウエア・プラットフォームをベースに、次期のバッテリーEVで1000車種を疑似体験できるようにするという。残るタスクはかなり多そうだ。

マニュアル・システムの完成度を踏まえると、トヨタの技術者が目指す水準は間違いなく高いだろう。彼らは、そこへ到達させる方法を理解しているのかもしれない。

こんな記事も読まれています

電動化はクラシックカーを救う? フィアット・ヌォーヴァ500 EV ロンドンの中心で体験(1)
電動化はクラシックカーを救う? フィアット・ヌォーヴァ500 EV ロンドンの中心で体験(1)
AUTOCAR JAPAN
巨大バッテリーを丸ごと交換 技術は高度でも特徴は薄い ニオEL6 ロングレンジへ試乗
巨大バッテリーを丸ごと交換 技術は高度でも特徴は薄い ニオEL6 ロングレンジへ試乗
AUTOCAR JAPAN
Nパフォーマンスとは? ヒョンデ・アイオニック5 N スポーツEVのベンチマークへ
Nパフォーマンスとは? ヒョンデ・アイオニック5 N スポーツEVのベンチマークへ
AUTOCAR JAPAN
第三世代となるポルシェ・パナメーラ発表 新型モデルからターボグレードは更なる差別化へ
第三世代となるポルシェ・パナメーラ発表 新型モデルからターボグレードは更なる差別化へ
AUTOCAR JAPAN
プラグインHVよりオススメ プジョー408 ピュアテック130 GTへ試乗 ファストバックxSUV
プラグインHVよりオススメ プジョー408 ピュアテック130 GTへ試乗 ファストバックxSUV
AUTOCAR JAPAN
2台分のガレージが欲しくなる フィアット・ヌォーヴァ500 EV ロンドンの中心で体験(2)
2台分のガレージが欲しくなる フィアット・ヌォーヴァ500 EV ロンドンの中心で体験(2)
AUTOCAR JAPAN
トヨタ「楽しいEV」推進で、セリカ復活へ… 最新技術と昔ながらのレシピを融合
トヨタ「楽しいEV」推進で、セリカ復活へ… 最新技術と昔ながらのレシピを融合
AUTOCAR JAPAN
まるで「地球外マシン」の才腕 マクラーレン750Sへ試乗 後継のハードルを上げる完成度
まるで「地球外マシン」の才腕 マクラーレン750Sへ試乗 後継のハードルを上げる完成度
AUTOCAR JAPAN
アルピーヌA110 詳細データテスト 完成度の高いシャシー モアパワーがほしい もう少し安ければ
アルピーヌA110 詳細データテスト 完成度の高いシャシー モアパワーがほしい もう少し安ければ
AUTOCAR JAPAN
期待を込めた辛口評価 ホンダe:Ny1へ英国試乗 eより長い航続412km  目指すべき水準は上にある
期待を込めた辛口評価 ホンダe:Ny1へ英国試乗 eより長い航続412km  目指すべき水準は上にある
AUTOCAR JAPAN
中型SUVでスタイリッシュに「攻める」 航続距離700kmのプジョーe-3008、英国価格は約860万円
中型SUVでスタイリッシュに「攻める」 航続距離700kmのプジョーe-3008、英国価格は約860万円
AUTOCAR JAPAN
BYDシール、実際どうなのか? 侮れないEVセダンを珠海サーキットで試す
BYDシール、実際どうなのか? 侮れないEVセダンを珠海サーキットで試す
AUTOCAR JAPAN
欧州専用小型SUVの新型「トヨタ C-HR」に初試乗!日本導入は?
欧州専用小型SUVの新型「トヨタ C-HR」に初試乗!日本導入は?
AutoBild Japan
筑波1分3秒ってマジか!! ヒョンデの「N」はコーナーもいい!! 発売間近のアイオニック5「N」徹底試乗でわかったEVのアジ
筑波1分3秒ってマジか!! ヒョンデの「N」はコーナーもいい!! 発売間近のアイオニック5「N」徹底試乗でわかったEVのアジ
ベストカーWeb
素性の良い走りが好印象! ヒョンデ、新型EV「コナ」 試乗インプレッション
素性の良い走りが好印象! ヒョンデ、新型EV「コナ」 試乗インプレッション
月刊自家用車WEB
穏やかな走りばかりだとクルマの調子を悪くする! エンジンを回さなすぎると起こる不具合とは?
穏やかな走りばかりだとクルマの調子を悪くする! エンジンを回さなすぎると起こる不具合とは?
WEB CARTOP
これは現代のランチア デルタ インテグラーレだ!──新型ヒョンデ アイオニック5 N試乗記
これは現代のランチア デルタ インテグラーレだ!──新型ヒョンデ アイオニック5 N試乗記
GQ JAPAN
ミニ・クーパー 待望の5ドア導入へ 生まれ変わった次世代モデル、2024年発表か
ミニ・クーパー 待望の5ドア導入へ 生まれ変わった次世代モデル、2024年発表か
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

90件
  • 再現までしてもなあ
  • ギミックじゃなくリアルにマニュアル変速じゃあかんの?

    単純にエンジンの代わりにモーターなだけにして。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

880.0940.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

850.01050.0万円

中古車を検索
RZの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

880.0940.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

850.01050.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村