サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 在庫逼迫!! 新車アルファードが買えなくなってきた今こそ考える、新車のいいところ中古のいいところ

ここから本文です

 2023年にフルモデルチェンジを行うという噂が出ているトヨタアルファード。現行モデルは2015年の登場から7年が経過しているが、2021年の年間新車販売台数で9万5049台も販売し、第4位にランクインしている。

 現在、アルファードの新車の納期は半導体不足によりナビゲーションやディスプレイオーディオの生産が追いつかず、ガソリン車、ハイブリッド車ともに6~9カ月となっている。

在庫逼迫!! 新車アルファードが買えなくなってきた今こそ考える、新車のいいところ中古のいいところ

 ここでは、大人気ミニバンのアルファードを購入するとしたら、新車と中古車どちらがいいのか、それぞれのメリットとデメリットについて考えてみる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン