現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型登場で価格大変動!! アルファード中古車市場に動きアリ!! このグレードを狙え!!

ここから本文です

新型登場で価格大変動!! アルファード中古車市場に動きアリ!! このグレードを狙え!!

掲載 29
新型登場で価格大変動!! アルファード中古車市場に動きアリ!! このグレードを狙え!!

 新型が登場したことで、型落ちとなった先代アルファードの中古車を狙っている人は多いのではないだろうか。先代アルファードの中古車の賢い買い方と売り方のコツについては、先般取り上げたが、実は同じ先代アルファードでも、ガソリン車とハイブリッド車では少し事情が異なる。中古車買い取り業者がこっそり教えてくれた、先代アルファードハイブリッドを購入する際のポイントと、売り方のコツについてご紹介しよう。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA

新型登場で価格大変動!! アルファード中古車市場に動きアリ!! このグレードを狙え!!

めちゃくちゃリーズナブルだった先代アルファード、型落ちとなってさらに狙い目に

 先代アルファードハイブリッドは全車E-Fourだ。それでも、標準ボディが税込460万円~、エアロボディが572万円~と、いま思えば相当にリーズナブルだった。新型アルファードハイブリッドには2WDが設定されたが、車両本体価格は税込620万円となかなかの高額。最上級グレードのエグゼクティブラウンジも先代モデルでは税込775万円であったが、現行モデルでは税込850万円(Z-2WD)と、75万円も上がっている。

 型落ちになったとはいえ、2023年4月まで販売していた先代アルファードハイブリッドの実力は相当に高い。先代アルファードハイブリッドはまた、リセールの面でも超優秀な一台(詳しくは後述)。型落ちモデルとなった今こそ、狙い目であるといえる。

2018年にマイナーチェンジしたアルファードハイブリッド後期型のエアロボディ。エグゼクティブラウンジには、ほぼ水平までリクライニングできるシートやオットマンも搭載、シートベンチレーション機能もついていた

[usedcar-search brand_cd="1010" body_cd="3" car_cd="10102056" keyword="アルファードハイブリッド" limit=30]

新型登場をうけ、業者向けオークションの相場にも変化が

 先代アルファードハイブリッドのグレード構成は、ベースの「ハイブリッドX」、ミドル級の「ハイブリッドG」、エアロボディの「ハイブリッドSR」と「ハイブリッドSR-Cパッケージ」、特別仕様車の「ハイブリッドS タイプゴールド」、最上級仕様の「エクゼブティブラウンジ」とエアロボディの「エクゼブティブラウンジS」といった内容。このうち、最人気グレードは、エアロボディのお買い得仕様「ハイブリッドSR-Cパッケージ」(572万円)、次いで「エグゼクティブラウンジS」であった。中古車市場には、この2つのグレードが多く出回っているため、中古車の流通数も多く、良質の個体を探しやすい。リセールを考慮しても、このグレードがおすすめとなる。

 現時点(2023年7月下旬)の中古車相場は、2019年式は420~720万円、2020年式は480~800万円、2021年式は520~820万円、2022年式は530~830万円、2023年式は790万円~940万円といったところ(「アルファードハイブリッド、走行距離5万キロ未満」にて検索)。

 アルファードの中古車事情に詳しい買い取り専門店の担当者によると、業者向けのオートオークションでの先代アルファードハイブリッドの取引相場は、新型発表の直前の4月頃は下落基調であったが、5月から再び上昇を始めているという。一般ユーザー向けの中古車価格もそのうち連動するはずなので、先代アルファードハイブリッドを検討している人は、早めに行動したほうがよさそうだ。

■トヨタ「アルファードハイブリッド後期型」 2019年式、3万キロ未満」

■トヨタ「アルファードハイブリッド後期型」 2020年式、3万キロ未満」

■トヨタ「アルファードハイブリッド後期型」 2021年式、3万キロ未満」

■トヨタ「アルファードハイブリッド後期型」 2022年式、3万キロ未満」

■トヨタ「アルファードハイブリッド後期型」 2023年式、3万キロ未満」

オットマン付のファーストクラスのようなラグジュアリーな後席シートは、新型にも負けていない

高年式車がお得に買える先代アルファード、売り時はいつでもOK

 当年モノ(2023年式)の新古車の価格が高いのは、どのクルマもそうなのだが、アルファードハイブリッドは群を抜いて高額。前出の中古車買い取り専門店の担当者によると、その理由は海外需要が高いためだという。

 アルファードハイブリッドの1年落ちの新古車(極低走行車)は、主にシンガポールへと多く輸出されており、現地では日本の倍近い価格で取引されているそう。そのため業者向けオートオークションには、走行距離が100km未満のほぼ新車が、大量に出品されているという。

 ただし高額となるのは当年モノだけ。それを過ぎると相場がガクッと下がり、その後は、輸出規制のないロシアへと輸出されているという。高年式であっても、当年モノでなければ相場が下がっているので超お得。そのため、先代アルファードハイブリッドを購入するならば、2020年~2022年の高年式(製造年が新しい)モデルを狙いたいところだ。

 そして売り時はいつのタイミングでもOKだ。ロシアは過走行であっても輸出されるうえに、ハイブリッド車人気が高いため、アルファードハイブリッドはどのタイミングであっても高いリセールが期待できる。売りたくなったら、より高く買い取りをしてくれるところを見つけてほしい。

先代アルファードの後席シートから見た前方の風景。広くてゴージャスな雰囲気が漂っており、快適な移動が楽しめるはずだ

◆      ◆     ◆

 新型アルファードは高くて手が出なかった、という人にはぴったりの先代アルファード。ぜひ本稿を参考に、お得にアルファードを楽しんでほしい。

こんな記事も読まれています

トヨタ専用ニュルブルクリンクコース【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
トヨタ専用ニュルブルクリンクコース【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
グーネット
新型コンパクトカー『ミラノ』発表!…BEVでもアルファロメオという自負
新型コンパクトカー『ミラノ』発表!…BEVでもアルファロメオという自負
レスポンス
スバルが新「本格SUV」発表! タフブルー×黒顔の「X/XT-EDITION」がカッコいい! 特別な「フォレスター」337万円から
スバルが新「本格SUV」発表! タフブルー×黒顔の「X/XT-EDITION」がカッコいい! 特別な「フォレスター」337万円から
くるまのニュース
【2024年版】ダイハツ ロッキー VS スズキ クロスビーを徹底比較
【2024年版】ダイハツ ロッキー VS スズキ クロスビーを徹底比較
グーネット
新明和工業、EVダンプを発売 ベースは「eキャンター」
新明和工業、EVダンプを発売 ベースは「eキャンター」
日刊自動車新聞
GB350とは全てが違う! 高コストな燃料タンクまで新作したGB350Cの開発者に聞く
GB350とは全てが違う! 高コストな燃料タンクまで新作したGB350Cの開発者に聞く
WEBヤングマシン
ボンネットの“ベンツマーク”が帰ってきた!メルセデスベンツ『E300 エクスクルーシブ』登場[詳細画像]
ボンネットの“ベンツマーク”が帰ってきた!メルセデスベンツ『E300 エクスクルーシブ』登場[詳細画像]
レスポンス
金色のGRカローラがハッピーセットに登場! パトカーや消防車など2024年版のトミカを一挙紹介。
金色のGRカローラがハッピーセットに登場! パトカーや消防車など2024年版のトミカを一挙紹介。
くるくら
ホンダ『CB650R』『CBR650R』の外観を一新。『E-Clutch』搭載仕様も新設定し6月13日から発売
ホンダ『CB650R』『CBR650R』の外観を一新。『E-Clutch』搭載仕様も新設定し6月13日から発売
AUTOSPORT web
異例の手法「海だったところ」に道路通す!? 大規模崩落で通行止め続く国道で“ウルトラC”発動 能登半島地震
異例の手法「海だったところ」に道路通す!? 大規模崩落で通行止め続く国道で“ウルトラC”発動 能登半島地震
乗りものニュース
マクラーレン初のハイパフォーマンス ハイブリッド コンバーチブル「アルトゥーラ スパイダー」が日本上陸|
マクラーレン初のハイパフォーマンス ハイブリッド コンバーチブル「アルトゥーラ スパイダー」が日本上陸|
OPENERS
トヨタ「新型“3列”SUV」世界初公開! ゴツ顔&オシャ内装に進化の「ハイラックスサーフ!?」! 全面刷新で超進化した「4ランナー」米で発表
トヨタ「新型“3列”SUV」世界初公開! ゴツ顔&オシャ内装に進化の「ハイラックスサーフ!?」! 全面刷新で超進化した「4ランナー」米で発表
くるまのニュース
令和の時代では もはや死語!? 「慣らし運転」って今でも必要? 新車で買ったあとに行う“儀式”の具体的な方法とは
令和の時代では もはや死語!? 「慣らし運転」って今でも必要? 新車で買ったあとに行う“儀式”の具体的な方法とは
VAGUE
新型ホンダN-VAN e_が、今秋発売へ──GQ新着カー
新型ホンダN-VAN e_が、今秋発売へ──GQ新着カー
GQ JAPAN
スバル フォレスター X/XTエディションに新色「ガイザーブルー」登場
スバル フォレスター X/XTエディションに新色「ガイザーブルー」登場
レスポンス
ピット作業の課題に悩むキック・ザウバーF1。日本GPでのトラブル再発にボッタスも「がっかり」
ピット作業の課題に悩むキック・ザウバーF1。日本GPでのトラブル再発にボッタスも「がっかり」
AUTOSPORT web
旧車あるある「ウインドウが廃番だったらどうする?」製作や交換時の注意点をプロショップに聞きました
旧車あるある「ウインドウが廃番だったらどうする?」製作や交換時の注意点をプロショップに聞きました
Auto Messe Web
2024年最新!BMW 3シリーズを中古車で買うとしたら…オススメモデル3選
2024年最新!BMW 3シリーズを中古車で買うとしたら…オススメモデル3選
グーネット

みんなのコメント

29件
  • ヤニカスの残クレ上りみたく
    ヤニ臭やガキのヨダレや糞尿の臭いが染み込んでたり
    カーペットの裏が食べカスだらけの中古は嫌だなぁ
  • 嫌われ度合いがハンパない
    実際外走ってても分かるくらい
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

461.3775.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

23.02299.0万円

中古車を検索
アルファードハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

461.3775.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

23.02299.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村