サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【なぜ燃費でプリウスがランク外!?】燃費トップ5にアクア、ノートも無し! 国産車の最新燃費ランキング

ここから本文です

【なぜ燃費でプリウスがランク外!?】燃費トップ5にアクア、ノートも無し! 国産車の最新燃費ランキング

■カタログ燃費の表記は「WLTCモード」に変わった

 クルマのカタログなどには、決められた測定方法で計測された燃費値が記載されています。1991年から使われるようになった「10・15モード」、2011年からは「JC08モード」という表記でしたが、2017年の夏以降から順次「WLTCモードが」使われるようになりました。

ガソリンなんて気にしない! 国産車燃費激悪ランキングワースト3!

 国土交通省は、定期的に新車として販売されるクルマのWLTCモード(一部JC08モード)を公表しており、最新版が2019年12月2日に発表されています。今回は、普通車・小型車のWLTCモードにおいて数値の良かった順に紹介します。

●トヨタ「カローラスポーツ」

 今回、発表されたなかでももっともWLTCモードの数値が良かったのは、トヨタのコンパクトカー「カローラスポーツ」です。

  ハッチバックのカローラスポーツは、2018年6月に発売された新型モデルです(カローラシリーズでは通算12代目)。パワートレインは、1.2リッターガソリン車(2WD/4WD)と1.8リッターハイブリッド車(2WD)が設定されています。

 そのなかでも、1.8リッターガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド仕様の「HYBRID G」、「X」グレードが30.0km/Lを記録しています。

 カローラスポーツの価格(消費税込、以下同様)は、216万9200円から282万4800円です。

 また、2019年9月17日には、セダンの「カローラ」とワゴンの「カローラツーリング」が新たに発売されたのと同時に、カローラスポーツが一部改良され、ボディカラーの追加やサスペンションの最適化などをおこない、走行性能が向上しました。

●トヨタ「カローラ」

 続いて2位になったのが、前述したセダンモデルのカローラです。なお、先代モデルの「カローラアクシオ」と「カローラフィールダー」はおもにビジネスモデルとして併売されています。

 カローラに設定されるパワートレインは、1.2リッターと1.8リッターのガソリン車(2WD)と1.8リッターハイブリッド車(2WD/電気式4WD「E-Four」)が設定されています。

 WLTCモードがもっとも良かったグレードは、1.8リッターガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車の「S」、「G-X」(ともに2WD)が29.0km/Lを記録。

 カローラの価格は、193万6000円から275万円です。

■燃費上位にSUVもランクイン?

●ホンダ「インサイト」

 ホンダ「インサイト」は、2018年12月14日に発売されました。国内市場には、約4年振りに復活して話題となりました。

 インサイトを復活させる理由について、商品企画を担当する間俊輔氏は、「いまの時代はハイブリッドが当たり前になっています。提供するクルマの本質的な価値をもう一度見直して、時代に合った価値を「インサイト」という名前の意味も含めて提案するのが意図でした」と語っています。

 インサイトの展開グレードは、「LX/EX/EX BLACK STYLE」の3種類。パワートレインは、1.5リッターガソリンエンジン+2モーター(2WD)となり、WLTCモードもっとも良いグレードは、LXの28.4km/Lです。

 車両価格は、332万2000円から369万6000円です。

●トヨタ「C-HR」

 トヨタの売れ筋コンパクトSUV「C-HR」もWLTCモードで良い数値を出しています。C-HRは、2016年12月14日に発売されました。

 SUVとしては珍しく、走行性能や乗り味などの「走り」を意識したモデルです。パワートレインは、1.2リッターのガソリン車(2WD/4WD)と1.8リッターハイブリッド車(2WD)が設定されています。

 そのなかで、25.8km/Lという良い燃費数値なのが「S」、「G」のふたつのグレードです。

 直近では、2019年10月18日にマイナーチェンジをおこない、1.2リッターガソリンターボ車に6速MT仕様や走りに特化したGR SPORTグレードなどが追加されました。

 C-HRの価格は、GR SPORTも含めて236万7000円から309万5000円となっています。

●ホンダ「シャトル」とマツダ「マツダ2」

 最後に紹介するのは、ホンダのワゴン「シャトル」とマツダのコンパクトカー「マツダ2」です。この2台は今回のWLTCモードにおいて同じ数値となる25.2km/Lを記録しています。

 ホンダのシャトルは、同社「フィットシャトル」の後継モデルとして、2015年5月15日に発売されました。

 シャトルの展開グレードは、「G・Honda SENSING/HYBRID・Honda SENSING/HYBRID X・Honda SENSING/HYBRID Z Honda SENSING」の4種類。パワートレインは、1.5リッターガソリンエンジン(2WD/4WD)と1.5リッターガソリンエンジン+モーター(2WD/4WD)となり、WLTCモードもっとも良いグレードは、HYBRID・Honda SENSINGです。

 また、ガソリン車のトランスミッションはCVT、ハイブリッド車が7速DCT。シャトルの価格は、180万8400円から277万2000円となっています。

 対するマツダ2は、2019年7月18日のマイナーチェンジを機に、車名をデミオからマツダ2に変更しました。パワートレインは、1.5リッターのガソリンエンジン(2WD/4WD)と1.5リッターディーゼルエンジン(2WD/4WD)を設定。特徴的なのは、全車に6速MT仕様が用意されていることです。

 そのなかで、一番燃費の数値が良かったのは、1.5リッターディーゼルエンジンと6速MTを組み合わせた2WD車となります。ほかのモデルがモーターを組み合わせたハイブリッド車なのに対して、「ディーゼル+MT」というのはマツダらしさを感じます。

※ ※ ※

 今回のWLTCモードには、燃費が良いクルマとして定番のトヨタ「プリウス」、「アクア」や、日産「ノート」が入っていません。

 これは、WLTCモードに変わる前に発売されたクルマということもあり、JC08モードでは測定していても、WLTCモードで測定しないため、表記されていないのです。

 しかし、2020年2月に発売を予定しているトヨタ「ヤリス」とホンダ「フィット」は、ともに現在のWLTCモードの数字を超えるクラストップの燃費性能を実現していると説明していました。

 2台の燃費数値はまだ公開されていませんが、今回のカローラスポーツより良いのは確実視されています。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します