サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 35周年スープラに35台限定モデル登場 ほか新型車・特別仕様車最新情報

ここから本文です

35周年スープラに35台限定モデル登場 ほか新型車・特別仕様車最新情報

 初代70型から35年の時を重ねたスープラに35台限定の「アニバーサリー・エディション」が登場。レクサスUXからは2つの特別仕様車が、またこちらも60周年の節目を迎えたスズキ キャリイからも、一部仕様変更とともに記念車が登場している。

 輸入車からはルノートゥインゴ(一部改良)、ランドローバー ディスカバリー(一部改良)、アウディ Q5スポーツバック(追加モデル)などが登場している。

マツダ2 スイフト フリード シエンタ…メジャーネーム続々! 2022年以降のコンパクトカー戦線を占う

 全9モデルをご紹介。

※本稿は2021年8月のものです
文/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年9月26日号

【画像ギャラリー】ライトニングイエローもヤバカッコいい!!! スープラを中心に秋の新型車たちをギャラリーでチェック!

■国産車編

■トヨタ GRスープラ 35th アニバーサリー・エディション(限定モデル・8月6日発表)

 トヨタは8月6日、初代70型スープラ発売から35周年を祝う限定記念モデル、GRスープラ35thアニバーサリー・エディションの販売を発表した。

35thアニバーサリー・エディション(写真のグレードはRZ)。ホイールも全車にマットブラック塗装19インチが奢られる

助手席インパネには記念オーナメントが貼られる

 ベース車にはRZ、SZ-Rの2グレードとされ、それぞれ35台限定で用意される。

 RZではかつて販売された人気の限定色「マットストームメタリック」を再設定。内装には本革シートが用意され、スマホをおくだけで充電してくれる「おくだけ充電」を特別に装備している。

 一方のSZ-Rでは、RZで標準装備とされているアイテムが特別に与えられ、レッド塗装ブレーキキャリパー、内装にはアルカンターラと本革を使用したシートなど、標準グレードにはない特別なパッケージングとしている。

 価格はSZ-Rで653万5000円、RZで783万5000円となる。商談申込は8月31日まで受け付け、9月7日に抽選発表。12月頃の発売を予定している。

●価格:653万5000円

■レクサスUX(特別仕様車・8月19日発売)

 レクサスは8月19日、UXの一部改良を実施したと同時に2種類の異なるコンセプトを持つ特別仕様車の販売を開始した。

写真はエレガント・スタイル。スピンドルグリルも専用の漆黒メッキ仕上げ

 一部改良では全車種に装備されていたナノイーをナノイーXへとアップデート。またUX300eではUSB充電端子をタイプCに変更している。

 今回ラインナップされた特別仕様車は「Fスポーツ・スタイル・ブルー」と「エレガント・スタイル」の2車種。それぞれ専用のシートおよび内外装を装備したより個性が際立つデザインとなっている。

●価格:466万2000円~

■スズキ キャリイ/スーパーキャリイ(一部改良・8月18日発売)

 スズキは8月18日、軽トラックのキャリイおよびスーパーキャリイに一部仕様の変更を施し、発売を開始した。

写真は60周年記念車。4ATのほかにHIDヘッドランプと強化スプリングを装備する。114万7300円から

 今回の一部改良では、一部グレードにメッキフロントガーニッシュを加飾したほか、ブレーキLSDコントロール「ぬかるみ脱出アシスト」の採用、強化スプリング、外観の質感向上、走行性能の向上が図られている。

 また、60周年記念車としてキャリイ初の4AT搭載車も新設定された。

 価格は75万2400円から。

●価格:75万2400円~

■輸入車編

■ルノー トゥインゴ(一部改良・5月13日発売)

 ルノーは5月13日、ボディ同色サイドモール、16インチアルミホイール、燃費向上、内装に新色の追加など多数の改良を施したトゥインゴを発売した。

ルノー トゥインゴ

 トゥインゴSでは5速MTもラインナップされる。

●価格:189万円~

■ランドローバー ディスカバリー(一部改良・7月8日受注開始)

 ランドローバーは7月8日、新型となるディスカバリー2022年モデルの受注を開始した。

ランドローバー ディスカバリー。2022年モデルでは最新インフォテイメントも実装された

 現行モデルになった2017年以来初のマイチェンとなる2022年モデルは、エンジンに360psを発生させる3L直6ガソリンと、300ps発生させる3L直6ディーゼルの2種類を用意し、それぞれに48Vのマイルドハイブリッドを組み合わせている。

 外観はヘッドライト、フロントグリルやバンパーを変更し力強いデザインとした。価格はガソリン仕様で780万~978万円。ディーゼル仕様は840万~1031万円となる。

●価格:780万円~

■アウディ Q5スポーツバック(追加モデル・8月17日発売開始)

 アウディは7月14日、ミドルサイズSUVとして販売中の「Q5」にスポーツバックを追加し販売することを発表した。8月17日より発売開始。

よりスポーティな外観ながら、荷室の広さも「Q5」と変わらない

 アウディが展開するSUVとして、スポーツバックを採用した3番目のモデルに当たる。デザインはQ5から大きく崩すことなくルーフをなだらかに落とし、Q5標準のルーフレールが省かれることによってスポーティな印象を持たせている。それ以外にもシングルフレームグリルを採用し、前後バンパーを専用デザインのものに置き換えている。

 エンジンは204psを生み出す2L直4ディーゼルターボを搭載、駆動形式は四輪駆動のクワトロのみとなる。高性能バージョンである「SQ5」にはよりパワフルな3L V6ターボとクワトロを積み、354psを発生させる。

 価格は729万円から。SQ5は967万円とされる。

●価格:729万円

■ポルシェ マカン(一部改良・7月20日予約受注開始)

 ポルシェは7月20日より、一部改良を実施した新型マカンの予約受付を開始した。

写真はマカンGTS。GTSでは440psを発生させる2.9L V6ツインターボを搭載、0-100km/hはわずか4.3秒を記録

 今回発売されたマカンには、パワートレーンをはじめ各部の性能向上が図られ、エンジンは全グレードでパワーアップされている。

 また室内デザインも一新され、10.9インチディスプレイを備え各種サービスを使用できるなど、改良点は多岐にわたる。価格は754万円から、Sは977万円。GTSは1188万円となる。

●価格:754万円~

■アルファロメオ ステルヴィオヴェローチェ(追加グレード・7月10日発売)

 アルファロメオは7月10日、スポーツSUVのステルヴィオに新グレード「ヴェローチェ」を追加し発売を開始した。

アルファロメオ ステルヴィオヴェローチェ

 ヴェローチェでは2.2L直4ディーゼルターボと2Lガソリンの2グレードから選べる。価格は687万円から。

●価格:687万円~

■ベントレー フライングスパーオデッシアン・エディション(限定モデル・8月3日発表)

 ベントレーは8月3日、フライングスパーに限定モデルとなる「オデッシアン・エディション」を発表した。

オデッシアン・エディションでは専用サイドシルのほか、LEDウェルカムランプも標準装備

 オデッシアン・エディションは、フライングスパー・ハイブリッドの発売を記念したモデルである。

 2.9L V6+モーターの組み合わせにより544psを生み出すパワートレーンを搭載し、内装はよりサスティナブルを意識した素材などが採用されている。

 受注は3日より開始され、台数制限は決まっていない。

【画像ギャラリー】ライトニングイエローもヤバカッコいい!!! スープラを中心に秋の新型車たちをギャラリーでチェック!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します