サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クルマ離れはウソ? 若者を中心に日本人が新車を買わなくなったワケ

ここから本文です

 クルマに興味がなくなったのではなく購入しなくなっただけ

 国内の新車販売台数は、登録車と軽自動車合わせてほぼ横ばいといった状況が続いている。国内市場は、もっとも多かった1990年代前半で700万台規模とされていたが、バブル経済崩壊後に600万台に落ち、現在は500万台で推移する。

新型ホンダ・フリード登場で軽自動車離れが加速する可能性

 市場が縮小した状態のままとなっている理由は何か。ことに若い世代を中心にクルマの使い方が変わっているといえる。

 カーシェアリングは、20年ほど前に日産自動車やオリックスレンタカーが試行錯誤を始めている。しかし当時は、なかなか反響を得られず苦戦した。

おすすめのニュース

サイトトップへ