サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【ヤリスとガチンコ】新型フィット ここちよさ、突き詰めると? ホンダの提言

ここから本文です

【ヤリスとガチンコ】新型フィット ここちよさ、突き詰めると? ホンダの提言

“感性の部分”を追求

text&photo:Kazuhide Ueno(上野和秀)

【画像】新型ホンダ・フィット 隅々まで撮影【実車】 全85枚

クルマの大きさや性能は“数値”として比較でき、パワーフィーリングや操縦安定性もある程度までデータで表すことができる。一方で、キャビンの視界や解放感については、数値化できない“感覚的な”領域といえた。

長年にわたって新型車を開発しているホンダは、ヒトの視点に立って居住性を重視してきた。新型フィットの発売にあわせ、その成果が披露されている。

数字だけでは表せない人間が持つ感性を追求してゆくと、「ここちよさ」というキーワードにたどりついたホンダ。

解析するとヒトの五感(視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚)に突き当たった。

新型フィットでは「これからのコンパクトカーに4つの心地よさを」という言葉をテーマに開発したという。その4つとは以下のとおりである。

・心地よい視界であること
・座り心地がよいこと
・乗り心地がよいこと
・使い心地がよいこと

開発に際しては、暮らしの質が上がったような満足が考えられる1台を目指したのだ。

新型フィット どんな内装?

シートの座り心地やフランス車を思わせる包み込まれる感触。ドアトリムの感触も、コンパクトカーとは思えぬ上質さが感じられる。

車内を見てゆくと、ダッシュ両端に設けられたドリンクホルダーやバッグが置けるセンターコンソール、豊富な収納スペースなど使い勝手を突き詰めていることが分かる。

前席のバックレスト上部にはスマホを入れておくのにちょうど良いポケットが備わることからも、細部まで徹底的に作り込まれていることが見て取れる。

フラットにできる

また後席のシートバックは6:4の可倒式。座面が床部に収まりフラットな荷室になるダブルフォールディング式であることは見逃せない。

今ではコスト優先で採用されづらくなった機構だが、コンパクトカーながら採用するところにホンダの本気さが感じられる。

こうした「ここちよさ」を五感で探る体感イベント「ここちよさ展」(ホンダウエルカムプラザ青山で開催中)では、新型フィットに採り入れられた「ここちよさ」をもとに、様々な写真、音、香り、素材を実際に体験できる。

“触り心地”にも拘る

自分だけにとっての心地よいものを選んでいけば、その結果をもとに“潜在的に感じている気分”を具体化し、心地よい暮らしのヒントを提案してくれるイベントなのだ。

報道向けに開かれた取材会では、本田技術研究所 オートモービルセンター 新型フィット・カラー・マテリアル・フィニッシャー・デザイナーの落合愛弓さんと、本田技研工業ブランド・コミュニケーション本部 広報部の坂 実沙子さんが登壇。企画展とフィット開発のコンセプトに加えて、裏話を紹介した。

「今回のフィットのコンセプトは心地よさなのです。普段クルマに関心のない方にこそ興味を持ってもらおうと考えました。開発責任者から『今度のフィットはヒト研究の成果を活かしたのと、触り心地に拘った』という話を聞き、そこがヒントになってこの企画展を考えました」と坂さん。

機能から感性価値に

「このアイディアを聞いて、来場される1人ひとりが主役になっていただく、構成を考えました。新型フィットは機能価値から感性価値にシフトさせることは、プロジェクトの皆と話し合って決めましたが、最初はおおきな力が必要でした」

「潜在ニーズといって、お客様が言葉にできない部分をいかに掘り起こすかという作業を進め、『ここちよさ』にたどり着きました」

「感性というと難しく感じますが、純粋に楽しいとか、気持ちいいとか普段の生活のなかで感じていることを作ってゆく作業です。そのプロセスを今回の展示で体感していただければと思います」と落合さんが続けた。

「視界」「着座感」「乗りごこち」「使いごこち」という、数値だけでは表せない心地よさを提案するフィット新型。勢いづく日本のコンパクトカーが、無意識のうちに感じている感覚を、五感から探り出すことを教えてくれた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します