現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いま見ると「超小さい」! 昔登場した「初代ミゼット」は「マイクロカー?」「軽自動車?」

ここから本文です

いま見ると「超小さい」! 昔登場した「初代ミゼット」は「マイクロカー?」「軽自動車?」

掲載 9
いま見ると「超小さい」! 昔登場した「初代ミゼット」は「マイクロカー?」「軽自動車?」

 この記事をまとめると

■昭和中期に流行ったオート三輪の立ち位置を振り返る

デザインの「マツダ」は昔から! 初の自動車「3輪トラック」がいま見てもイケてた

■現在でも公道を走ることが可能で維持も比較的容易だ

■普通運転免許を持っていれば運転できるので特殊な免許は不要となる

 オート三輪ってどんな扱いの車両だったの?

 電動キックボードも含めて、最近は公道走行可能な車両が増えてきた。それに従って、三輪バイクの水色ナンバーなど、どんな免許で乗れるかよくわからない例が増えてきた。電動キックボードは現時点では試験段階とはいえ、ナンバーが付いているのに免許は不要というから、わけがわからない状況だ。

 さかのぼってみて、同様によくわからないのが、ダイハツのミゼットなどのオート三輪だ。ミゼットといっても、ミゼットIIではなく、小さな三輪トラックの初代のことで、実車を改めて見てみると、超が付くほど小さくて、どんな免許で乗れるのかよくわからなかったりする。そもそも今でも公道を走れるのかも気になる。

 結論から言うと、車検を取得してナンバーが付いていれば、現在でも公道を問題なく走ることができる。免許については、ポイントになるのが車両総重量で、400kgを超えればバイク(バイクベースの三輪車もあった)ではなく、自動車扱い。排気量については360cc以下であれば1968年まであった軽免許もしくは三輪自動車免許で運転はできた。もちろんその上位免許となる普通免許でも可能だった。

 軽免許は廃止されたあと、限定解除すれば普通免許への書き換えができたので、現在は普通免許で運転できることになる。つまり、普通車というか、軽自動車扱いというわけだ。ちなみに丸ハンドルになってからのミゼットの排気量は305cc。各部の操作も足もとが非常に狭かったりする意外は、それほど違いはなく、ちょっと器用な人ならすぐに運転できるレベル。

 360cc以下の当時の軽自動車扱いとなるので、ナンバーは白くて小さなもので、これは頼めば今でも新規発行が可能となっている。ぜひ運転したり所有したりしてみてほしいが、ここのところの旧車高騰はミゼットにも波及していて、200万円以上が当たり前で300万円台もあるほどでおいそれとは手が出せない。パーツについてはミゼットと言われて思い浮かぶ、最後期のMP5であれば、アフターも含めて想像以上に入手が可能だ。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

カッコよさと乗り心地を限界まで追求、タナベのダウン量重視スプリングに『ランクル250』用追加
カッコよさと乗り心地を限界まで追求、タナベのダウン量重視スプリングに『ランクル250』用追加
レスポンス
アウトドアギアと三菱車がレンタルできる夢のサービスが開始!三菱自動車と博報堂がアウトドアに特化した新会社「株式会社 NOYAMA」を設立
アウトドアギアと三菱車がレンタルできる夢のサービスが開始!三菱自動車と博報堂がアウトドアに特化した新会社「株式会社 NOYAMA」を設立
月刊自家用車WEB
優遇措置適用でもヤマハ&ホンダ大苦戦は変わらず……それでも陣営内部には変化の兆し?
優遇措置適用でもヤマハ&ホンダ大苦戦は変わらず……それでも陣営内部には変化の兆し?
motorsport.com 日本版
ポルシェ マカンがBEV専用モデルにフルモデルチェンジ
ポルシェ マカンがBEV専用モデルにフルモデルチェンジ
OPENERS
メルセデスAMG GT、612馬力の「63 PRO 4MATIC+」発表
メルセデスAMG GT、612馬力の「63 PRO 4MATIC+」発表
レスポンス
できることを想像するだけで楽しくなるコンセプトモデル!【スズキ SUZU-RIDE/SUZU-CARGO(コンセプトモデル)】竹岡 圭のビリーヴカー インプレッション
できることを想像するだけで楽しくなるコンセプトモデル!【スズキ SUZU-RIDE/SUZU-CARGO(コンセプトモデル)】竹岡 圭のビリーヴカー インプレッション
Believe Japan
真夏の”超低速”ハンガロリンク決戦。勝つのはレッドブルか? マクラーレンか? あるいは?|F1ハンガリーGP DAZN配信スケジュール
真夏の”超低速”ハンガロリンク決戦。勝つのはレッドブルか? マクラーレンか? あるいは?|F1ハンガリーGP DAZN配信スケジュール
motorsport.com 日本版
ニューウェイ、レッドブル最後の作品”RB17”に集中。それでも「チームの戦略にも少し関わっている」
ニューウェイ、レッドブル最後の作品”RB17”に集中。それでも「チームの戦略にも少し関わっている」
motorsport.com 日本版
最高出力530PS、最大トルクは650Nm!BMWがスポーティーでエレガントな新型「M4クーペ/M4カブリオレ」を発表
最高出力530PS、最大トルクは650Nm!BMWがスポーティーでエレガントな新型「M4クーペ/M4カブリオレ」を発表
@DIME
トヨタ「クラウン“オープン”」実車展示! ピッカピカに輝くド派手ボディがスゴい!斬新すぎる「彫刻仕様」どんなモデル?
トヨタ「クラウン“オープン”」実車展示! ピッカピカに輝くド派手ボディがスゴい!斬新すぎる「彫刻仕様」どんなモデル?
くるまのニュース
限定5台の神秘?! 『レンジローバー』の特別仕様「セレスティアル・コレクション」発売…価格は3246万円
限定5台の神秘?! 『レンジローバー』の特別仕様「セレスティアル・コレクション」発売…価格は3246万円
レスポンス
道路上に落ちている不思議なモノ…落下物はパンクやスリップの原因になるので踏まないで! 路肩も避けて正解です
道路上に落ちている不思議なモノ…落下物はパンクやスリップの原因になるので踏まないで! 路肩も避けて正解です
Auto Messe Web
新型「MINIクーパーSE」 スペインで試乗!新しさの中に光る、原点へのリスペクト
新型「MINIクーパーSE」 スペインで試乗!新しさの中に光る、原点へのリスペクト
グーネット
フィアット グランデパンダが世界初公開、新世代のグローバルシティカー
フィアット グランデパンダが世界初公開、新世代のグローバルシティカー
Webモーターマガジン
【MotoGP】「プラマックのヤマハ入りはホンダにとって良い刺激になる」LCRのザルコ、陣営の改善を願う
【MotoGP】「プラマックのヤマハ入りはホンダにとって良い刺激になる」LCRのザルコ、陣営の改善を願う
motorsport.com 日本版
マツダの3ローターターボをマクラーレンに搭載!? 「マッドマイク」驚愕の新ドリフトマシンは1000馬力
マツダの3ローターターボをマクラーレンに搭載!? 「マッドマイク」驚愕の新ドリフトマシンは1000馬力
レスポンス
トヨタとスバルの「兄弟スポーツカー」同じ車体&エンジンなのに何が違う? 新型「GR86/BRZ」速攻乗り比べ! “走りの差”はいかに?
トヨタとスバルの「兄弟スポーツカー」同じ車体&エンジンなのに何が違う? 新型「GR86/BRZ」速攻乗り比べ! “走りの差”はいかに?
くるまのニュース
かつて所有していた旧車スポーツの中古価格はけっして調べてはいけない! もはや気絶レベルで後悔するほど高騰しているクルマもあった
かつて所有していた旧車スポーツの中古価格はけっして調べてはいけない! もはや気絶レベルで後悔するほど高騰しているクルマもあった
WEB CARTOP

みんなのコメント

9件
  • 昔はそこまで小さいとは思わなかった。今の車がでかすぎるんだよ。
  • 写真のミゼットは2代目です。初代ミゼットはバイクのようなハンドルで、荷台のある屋根付きバイクのような乗り物でした。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

46.959.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.9145.0万円

中古車を検索
ミゼットIIの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

46.959.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.9145.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村